Home > 腕時計 > SEIKO SRP777K1

SEIKO SRP777K1 Archive

WatchGeckoのセイコー用ラバーベルト ウレタンとPVC

watchgecko
巷(何処?)で有名なWatchGeckoでセイコーダイバーズ用に設計されたラバーベルトを購入してみました。
ちなみにWatchGeckoは2010年に設立されたイギリスのショップです。

物色してみるとセイコー用ZULUDIVERにはウレタン製とPVC製が。
ウレタンはよく見る素材ですが、PVC製のラバーベルトってあまり聞いたことがない。
せっかくなので両方購入してみました。

160918_2
まずウレタンもPVCも同様ですが、ベルト本体の他に先端の径違いのバネ棒が3本ずつ付属しています。
セイコーダイバーズ純正のバネ棒は太すぎてZULUDIVERに使用することが出来ないため、このバネ棒を使用することになります。
紛失や破損を想定してのことなのか、わざわざ3本送ってくれるところがニクいですね。

質感は共にしっかりとした肉厚な素材でセイコー純正品と比較しても遜色無いように感じます。
むしろ同価格帯の純正品と比べると質感は確実に上でしょう。
非純正品というと粗悪なイメージが付きまといますが、1,000円前後で売られているノーブランドのラバーベルトとは全くの別物です。

WatchGeckoの公式サイトを見ても、真面目にものづくりしてる感が伝わってきますね。

160918_3
手前がウレタン、奥がPVC。
外見上の大きな違いとしてはマットなウレタンに対して、PVCはかなりテカテカと光沢があります。
個人的には見た目はウレタンの方が好きですね。PVCは何となく安っぽく見えます。

160918_4
ウレタンの尾錠は梨地仕上げ、PVCは光沢仕上げです。
ZULUDIVERを表すZDの文字がプリントされています。

肝心の着け心地ですが、PVCは何と言いますか、ガムっぽい 笑
言葉にするのが難しいんですけど湿度を帯びている感じ。それも心地良いしっとり感ではなく、何かペタペタするんですね。
着け心地もウレタンの方が好きかなあ。

結論を言うと個人的には今後PVCを買うことは無さそうです。
あ、WatchGecko自体は本当にオススメできます。

セイコー サードダイバー復刻モデル SRP775K1とSRP777K1

サード復刻
リアルタイムでサードダイバーに触れてきたわけではない僕は、購入当初ピンと来なかったんです。
しかしこれ良いですね。着ければ着けるほど自分の道具として馴染んでくる感じ。

手荒に扱っているわけではありませんが、使い込んで少しずつ傷付いていくのが楽しみな時計。

160828_2
SRP777K1はスタンダードな黒ベゼル黒文字盤、シリコンバンドのタイプ。
風防がわりと豪快に光を反射しますがマットな黒文字盤に対してインデックスと針のコントラストが充分なため、視認性はそこまで悪くありません。日常的に身に着けていて特にストレスは感じないです。

160828_3
SRP775K1は黒金カラー、ステンブレス。画像では分かりにくいですがインデックスの縁も金色です。
色味に関しては完全に好みの問題だと思いますが、このブレスレットは本当にイマイチですね。値段相応と言ってしまえばそれまでですが、本当にシャラシャラ感が酷い。そしてコマ調整がセイコー廉価ラインお得意のCリング方式なんですね…調整用工具をお持ちでない方はセルフ調整が困難だと思うので、時計店に持ち込みましょう。構造を理解すると難しいものでもないんですが、調整に不慣れな方が迂闊に弄るとCリングを紛失したりと碌な事になりません。

もしもカラバリ抜きにブレスとシリコンで悩むことがあれば、僕はシリコン一択だと思います。(ブレス単体で買うと確かに高く付きますが、このクオリティのブレスを買うくらいならタイコノート辺りのブレスを買った方が遙かに満足度が高いです。)

160828_5
まあ、思い立ったら…ということでSBBN017付属のウレタンバンドに替えました。
真夏の日焼けした腕には黒銀よりも黒金の方がシックリ来るような気がしますね。

最後に純正ブレスを擁護しておくと、クラスプに調整穴が4つも空いているのでフィット感は出しやすいです。
GSのクラスプなんて調整穴すら空いてませんからね。それと比べると遙かに実用的。

この手の復刻モノは30代半ばの僕にとって真新しい時計の1つでしかなく、なんとなく雰囲気を楽しむことしか出来ません。コスプレみたいなもんです。しかしリアルタイムで身に着けていた方にとっての価値は別物なんでしょうね。実は僕が最初に買った黒金SRP775は酒場でサード世代のおっちゃんに売ってくれ!と頼まれたので譲り、今手元にあるものはその後買い増したものです。

復刻サードを譲ったその方は数年前までサードを所有されていたそうですが故障が続くので手放してしまったとの事。少年のような目をして腕時計との思い出を語るその方を、本当に羨ましく感じました。

モノの価値は値段でなんて決まりませんね。
各々のセンチメンタルバリューに勝るものなんて無いです。きっと。

ホーム > 腕時計 > SEIKO SRP777K1

New Entry
CATEGORIES
Archives
  • 2017 (38)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
Comments
tag cloud

Return to page top