Home > 腕時計 > Cartier カリブル ドゥ カルティエ W7100037

Cartier カリブル ドゥ カルティエ W7100037 Archive

カリブル ドゥ カルティエのベルト交換

カリブル ベルト交換

カリブルのベルトをグレーのクロコダイルに交換しました。

ベルトを折り返すタイプの純正バックルは仕様上どうしてもベルトが傷むので使うのを止め、24-22mmのベルトからチョイス。
さらに尾錠タイプのバックル→観音開きのプッシュ式フォールディングバックルに交換してあります。

カリブル ベルト交換

先日交換したホワイトもまあまあ気に入ってたんですけど。
純正ブラック同様ちょっと普通すぎて飽きる…

ところでカリブルのベルト交換。
どこかのショップの商品ページでラグ幅を見たら24mmと記載されていたので24mmだと思い込んでたんですが、23mmですねコレ。
気付かずに24mmのバネ棒を押し込もうとグリグリしてラグ内側に結構なすり傷を付けてしまいました。
横着してその商品ページの情報を鵜呑みにした自分が悪いんですけどね。
まあ目に見えない部分だし最悪ポリッシュに出せば綺麗になるから別にいいか。

しっかし【カリブル ベルト交換】なんかで検索しても全然画像が出てきませんねー。
誰かが考えたコーディネートを見るのが好きなのでちょっと残念。
自分ではまず選ばないようなオレンジとかパープルなんかを綺麗に合わせてるのを見ると参考になるんですが。
人柱的にはこのグレーに飽きたらエメラルドグリーンあたりに替えてみようと思ってます。

カリブル ドゥ カルティエ W7100037を買いました

カリブル ドゥ カルティエ W7100037
触るとダメですねー。買っちゃいました。
学生の頃買ったパシャC以来のカルティエ。あの頃は舶来時計も安かったなあ…
近くに某正規店(和歌山に本店があるところ)が出来てからちょくちょく覗いてまして、ブレスか革ベルトか、ステンの黒文字盤か白文字盤かでしばらく悩んでました。

まずブレス仕様は実物を触って即却下。
経験上あのタイプのバックルは摩耗して数年で馬鹿になります。
あと、水洗いできない3気圧防水の時計を夏場に着けることはないだろうし、ブレスは要らないかなという理由も。

黒は黒で格好良いけれど、ベルト変更の選択肢は白文字盤の方が楽しめそうなので白に決定。
純正の黒クロコは収まりが良すぎて面白くないためベージュかグレー、またはホワイトのクロコダイルへの付け替えを検討しています。
購入するまでは純正白クロコを取り寄せるつもりでしたが実物を触ってみると予想以上に純正ベルトがペラペラで安っぽかった。残念。

42mmと大きめの文字盤に対して上手くまとめてきたなーと思いますが、個人的にはスモセコのフォントには不満があります。
太すぎて安っぽく見えるので。デイトと同等の太さならなお良かったのに。

151118_2
リューズに付けられたサファイアのカボションがカルティエ!って感じですねえ。
カリブルは良くも悪くも宝飾ブランドのカルティエらしくないイメージですが、このカボションを見るとカルティエなんだなあと実感します。

151118_3
僕があまり好まない無駄なシースルーバック。
これを止めれば5気圧防水くらい確保出来たのでは?と考えてしまいますが、最大の売り文句の自社ムーブなので仕方ないか。

肝心のムーブですが、自社製と謳いつつも設計(製造も?)はグループ内のルクルトだろうという噂。
ルクルトがロジェに卸したもののカスタム品と言われていますが、これはほぼ間違いないでしょう。
ローターのペナペナ感と腕を振ったときの安っぽいシャラシャラ音はまさにロジェのそれです。

カルティエと言えばオーバーホールに出すと状態の如何を問わずムーブをポン載せで積み替えられるというのが有名ですが、自社ムーブのカリブルであろうが容赦なく”新品ムーブポン載せ対応”(金額は3針カリブルで5万円程度と良心的)されるそうです。心臓部をゴッソリ入れ替えるようなもので愛着が湧かないのは間違いありませんが、これはこれで理にかなった対応であるようにも思います。壊れて完全に止まるor明確な不具合が出るまで使い続けて、ダメだと思ったらOHに出せばいいわけで非常に分かりやすいですね。(一般的な機械式時計は高額な部品交換代が発生しにくいように、オイルが切れて部品が摩耗する前にOHします。)

因みに「無駄なシースルーバック」と言ったのはムーブの装飾性に欠けるのに敢えて見せやがる、という意味です。
恐らくこれはムーブポン載せOHの関係で過度な装飾を控えているからでしょう。
ネジの青焼きなんて皆無ですし、所有する安価なキズミで確認したレベルでもお世辞にも丁寧にトリートメントされたムーブには見えません。
ランゲなんかの変態的な装飾、磨きを見せるためのシースルーはアリだと思ってます。

色々とケチも付けましたが、購入したくらいなのでとても気に入っています。
カルティエの時計は宝飾ブランドとしては悪目立ちしないデザインのものが多く、個人的に琴線に触れるものが多いです。

– 追記 –

カリブル ベルト交換

ラグ幅24mmなので予想以上に替えベルトの選択肢が少ない…
パネライ用ならゴロゴロ転がってるんですけど。流石にカリブルには合わんでしょ。

因みにベルト交換ですが、ラグ横のマイナスネジは単なるダミーでした。
普通にバネ棒から交換するタイプです。
下手にマイナスネジを弄ると無駄に傷だけ入れることになりますのでご注意を。

ホーム > 腕時計 > Cartier カリブル ドゥ カルティエ W7100037

New Entry
CATEGORIES
Archives
  • 2017 (48)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
Comments
tag cloud

Return to page top