Home > 腕時計 > SEIKO SBDC001

SEIKO SBDC001 Archive

セイコー プロスペックス ダイバースキューバ SBDC001

セイコー SBDC001
先月末までに手持ち案件を外注先に丸投げできたので片付ける目処が立つところまで進んだので、8月に入ってからはのんびり休暇中。
とはいえ昼間からだらだら酒を飲んだり家族サービスをしたりとなかなか釣りには行けず、もっぱら家族で海水浴や、その合間に素潜りをして過ごしております。

(どうでもいい話ですがラッシュガードって凄く良いですね。恥ずかしながら今年になって初めて着ましたが、毎年恒例の「背中が焼けすぎてヒリヒリ」の心配が完全に無用に。日に焼けるとシミになるオッサンには必須アイテムだと思いました。)

150805_3

チュードルのブラックベイを着けてザップンザップン潜ってました。
いや、海水浴はまあOKとして、素潜りして岩の間に手を突っ込んだり磯をよじ登ったりするのは流石にちょっと気が引けるわけです…

そこで、海水浴・素潜り専用にセイコー プロスペックス ダイバースキューバ SBDC001を購入。
先日購入したセイコー SARX019と同じ6R15ムーブ搭載の、自動巻きダイバーズウォッチ。

150805_4

アクアタイマー、ブラックベイ、サブ、SBDC001…何だか似たようなデザインの時計が増えてきましたが…

150805_2

ブレスの着用感が値段相応にイマイチ(パッと見3連ですが、実は3連ではなくコマが繋がってるタイプ)なので、軽快なNATO風ベルトに替えてみました。
トリコロールカラーですが、よくあるフランスカラーとは逆並びの所謂パトリオットトリコロール。アメリカ国旗イメージの方です。
定番のフランスじゃなくて敢えてアメリカを選んだ理由は、単純にAmazonで安かったから。
別に僕はUSA!USA!的マッチョな政治思想を持っているわけではありません。

うーむ、しかし何だか狙いすぎててコレジャナイ感があるので、近いうちに純正ウレタンバンドに替わっているかもしれません。

あ、ちなみにコレはNATO「正規品」ではなくてNATO「風」の方です。
両方買ったことのある方はご存じかと思いますが、NATO正規品は硬くて装着感が悪い上に造りが雑すぎるので、正規品というワードに何となく優越感を得られるという奇特な方以外は、安くて柔らかくてクオリティの安定しているタイプ品の購入をオススメします。

– 追記 –

150807

早速セイコーのウレタンバンド(型番 DB73BP)に付け替えました。
しかしこの時計、ラグ幅が22mmだったらもっと文字盤とのバランスが良かったんじゃなかろうか。
実際は20mmなのでベルトがやけに貧相に見えてしまう。

まだ新品購入直後なのでアレですが、日差は+3秒程度と非常に安定しています。
他所様のブログを見ていると-40秒なんて恐ろしい報告も見られたので戦々恐々でしたが、ハズレ個体ではなさそうなので一安心。

しかしセイコーの6R15シリーズを見ていると、つい色々買ってしまいそうになりますな。値段も手頃だし。
でも次に国産買うならシチズンかな。

ホーム > 腕時計 > SEIKO SBDC001

New Entry
CATEGORIES
Archives
  • 2017 (38)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
Comments
tag cloud

Return to page top