Home > 腕時計 > SEIKO SARX019

SEIKO SARX019 Archive

セイコー プレザージュ SARX019 再レビュー

img_0811
何故だか分かりませんがセイコー SARX019で検索をかけてくれる方がとても多いんですよね。
公式の画像がアレ過ぎるので、実物の画像を参考にしたいということなのかもしれません。
製造数が少なく未だに店頭で見かけることはほぼないため、ほとんどの方がWeb通販での購入を検討されているのではないでしょうか。

img_0803   img_0806
この時計の魅力は琺瑯文字盤。所有した感想としては本当にそれだけです。
ただ、その琺瑯文字盤が見せる表情が本当に魅力的なんですよね。

職人の手で1枚1枚作られた琺瑯製の文字盤。
デイト窓の付近がぽこっと凹んでいるのがお分かり頂けるかと思います。
この手作り感が堪らないんですよねえ…

正面から見ると本当に平凡でフツーな時計なんですが、手首を動かすと風防のカーブサファイアと平面ではない琺瑯文字盤が相まって、まるで氷のように冷たい氷結の世界を見せてくれます。この価格帯でこれだけ表情を楽しませてくれる時計は結構珍しいんじゃないでしょうか。

とにかくガラスが光を反射しまくるので視認性が良いとは決して言えませんが、この時計の場合その反射すらも計算してデザインされているように感じるのです。冬服の袖口にとても似合いますし、実際に冬が来るとこの時計に手が伸びることが自然と多くなります。

img_0860   img_0871
あとはもう本当に普通の時計ですわ 笑
3〜4万円で売られているセイコー6R機と何ら変わりはありません。
ベルトも一応本クロコですが、どうしても純正にこだわる方でなければ購入して即替えられるか痛んだタイミングで別のメーカーのものに付け替えられる運命でしょう。この金額で本クロコ!と驚嘆するほどの質感ではありません。

img_0820   img_0856
この時計を買うか否か…迷われている方はきっとこの厚さが不満なのではないかと思います。
私もこれが手巻き38mm、厚さ10mm未満、ノンデイトであれば文句なしでした。
何故この不細工なケースに入れた!と叫びたくなる気持ちはよく分かりますが、実際身に着けてみるとそこまで厚さは気にならないものです。
シャツの袖口にもギリギリ収まる厚みなので、着用していて鬱陶しく感じることは無いと思いますよ。

結構な数が出回っているはずなのに中古市場にあまり出て来ないことからも、購入された方の満足度はそれなりに高いものだと思われます。
万が一気に入らなかったとしてもセイコーとしては珍しくリセールにも期待出来るでしょう。
個人的には買って後悔のない時計だと思います。

セイコー プレサージュ SARX019をミラネーゼブレスに

SARX019
最近買い換えた3本の中で一番気に入ってるかもしれない…

どうしてもSARX019を真夏でも使える仕様にしたかったので、ミラネーゼブレスを装着しました。
バンビの安物ですが、ぱっと見の質感は意外と悪くない。

150703_5

IWCの旧ポートフィノ(Ref. 3513-040)をイメージしてたんですが…
文字盤が大きすぎてややアンバランスでした。まあ真夏も着用するという目的は達したのでOK。

セイコー プレサージュ SARX019

150626

先日チュードルを購入した際に見て、綺麗な時計だなーと気になってまして。
チュードルを現金一括で買ってもらったし安くしますよってことだったのでセイコー プレサージュ 琺瑯ダイヤル SARX019を購入。
その場には展示品しか在庫がなかったので、結局別の新品を取り寄せてもらいました。

以前持っていたクレドールノードの使用感が最悪だったこともあってセイコーの時計はもう買わないつもりだったんですが…
セイコーの時計らしからぬ色気にまんまとやられてしまいました。

この琺瑯(エナメル)ダイヤルは国内ではたった一人の職人さんしか焼き上げることが出来ないようで、その手のストーリーを持つモノに弱いのです、自分。
多分ですけど、ラッカー塗装やコールドエナメル(樹脂)でない本物の琺瑯文字盤の腕時計としては世界最安なんじゃないでしょうか。凄いぞセイコー。

150626_4

ムーブはセイコー6R15。
特別見応えあるムーブでもないのに耐磁性と着け心地を犠牲にしてまでシースルーバックにしてほしくないんですが、セイコー5と同じく某国製の粗悪なパチ時計対策なのかもしれません。
セイコー5が裏スケなのは魅せるためではなく、粗悪なムーブを積まれた偽物に対する「セイコームーブ搭載だぜ。俺が本物のセイコーだ。」という証明のためなんだそうです。

150626_2

綺麗な青針ですが、残念ながら青焼き針ではなく塗装針です。
価格を考えれば仕方ないことだと思います。

150626_3

画像では分かりにくいですがポルトギーゼの透き通ったような青焼き針と比較すると、光が鈍いというか淀んでいる感じは受けます。
ですが、立体的に光を反射する縁取りさせた塗装とぬらぬらテカリのある琺瑯文字盤が相まって、充分な色気を醸し出していると思います。
塗装針にありがちな軽薄でいかにもな青色ではなく、光にかざさないと黒に近い群青色なのはポイントが高いです。凄いぞセイコー。

150626_5

ケースはオールポリッシュ。
はっきり言って文字盤の質に見合っていません。
メリハリのないエッジ、のっぺりしたポリッシュに映る歪んだ反射像。せっかくの文字盤が活かされていないように思います。頑張れセイコー。

あともう一つケチを付けるなら、ローマンインデックスのフォントですね。
縦長に引き延ばしすぎていて非常に違和感を覚えます。

G1_34   chronoswissch11632

(↑の2枚は時計店の商品画像から拝借しました。)
同じようなデザインであるGOのセネタとクロノスイスのオレアなんかは凄くバランス良く感じるんですけどね。
もう少し余白を活かしたデザインでも良かったんじゃないかなと思います。

時計店で話を聞いていたところ、最近になってグランドセイコーが以前と比較してかなり売れているそうです。
恐らく30〜50万円の入門用スイス時計が度重なる値上げで50〜70万円ゾーンに突入してしまったからでしょう。
為替の変動、品質の向上(人の技術より機械の精度向上が大きいと思います)を鑑みても異常な値上がりですわな。

国内メーカーさん、今こそ頑張って下さい。
(GSは真面目に作られた良い時計ですが、文字盤のデザインを何とかした方がいいと思います。文字盤にSEIKO・GS・Grand Seikoのロゴ3つはしつこすぎ。「俺がGSだよ。どうだい良い時計だろ?どけよ。」とでも言いたいのでしょうか。)

ホーム > 腕時計 > SEIKO SARX019

New Entry
CATEGORIES
Archives
  • 2017 (36)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
Comments
tag cloud

Return to page top