Home > 腕時計 > WatchGecko Geckota K1 L01

WatchGecko Geckota K1 L01 Archive

WatchGecko パイロットウォッチ Geckota K1 L01 を購入

Geckota K1 L01
随分前にプレオーダーで注文したのを忘れてました。
WatchGeckoの新作パイロットウォッチ。

Geckota K1 L01
本来であれば腕時計本体のみで約28,000円のところ、プレオーダー特典としてベルト3本約10,000円分が付属。
好みの問題ですが、レザーストラップは黒の方が嬉しかったかな。

Geckota K1 L01
以前44mmのパイロットウォッチを買ったとき「アジア人にはシンプル三針44mmはデカ過ぎるから38〜40mmくらいのラインナップも希望。」と伝えたところ、わりと前向きな返答を頂いたのでもしかしたら…と思ってましたが、本当に40mmを出してきました。ベゼルまでヘアライン仕上げだったら最高でしたが、よく目立つラグ上部とサイドがポリッシュでないので充分許容範囲です。

ムーブメントは手巻き・秒針ハック有りのセイコーNH35(外販用4R35)。
以前のパイロットシリーズはハック無しのミヨタ8215で20,000円くらいだったので、ムーブ分値上げしてきた感じでしょうか。


ガラスはボックスサファイア。
特に明記されていませんが光を反射するとき青っぽくゆらめくので、内面のみARコーティングされたものではないかと思います。
光を大袈裟に反射させても視認性は良好。この手の時計はそうでなくては困ってしまいますけどね。


ねじ込み式リューズにスクリューバック。10気圧防水。
やっぱり汎用ムーブはソリッドバックですよ。
ポン乗せのETAやMIYOTA見せられても仕方ないですもん。

   
マットな質感の文字盤。
所有するSinn 556のような光沢文字盤の方が好きなんですが、そこまで被るとそもそも要らないでしょ…という話なので、これで良し。
マットブラックはマットブラックで、光にかざすとグレーともブラウンとも言えない複雑な色味に見えたりして悪くないかもしれません。

geckotaK1V01_1   geckotaK1V01_2
このガワで3万円ならお買い得と言っても良いのではないでしょうか。
ここが凄く良い!という特筆すべきポイントは皆無なんですが、シンプルなデザインで飽きの来ない、良く出来た1本だと思います。
※この手のシンプルなパイロットウォッチを作っている海外メーカーを散見しますが、とにかくサイズがでかいんです。あとは余計なロゴやデイトが入っていて美観を損ねていたり。似たようなデザインの時計が溢れる中、購入に至るモノは実は結構少なかったりします。


日差は平置きで+13.5秒程度。就寝時リューズ上で保管していると、もう少し進んでいる印象(+20秒くらい?)です。
セイコーの安ムーブは姿勢差の幅が結構大きいので、外しているときの置き方を少し考えるだけで日差を詰められることが多いです。
この個体はトレイに平置き保管の方が良いかも。


以前はパシャ、レベルソ、タンク、クレドールノード、クロノマスター…と、どちらかと言えばドレス寄りの時計ばかり購入していましたが、好みは変わるものですね。
スーツを着なくなったことも一因ですが、何より子供が産まれて外でアクティブに動きまくるようになってからスポーツウォッチ系統ばかりに目が行くようになりました。
元々インドア派ではなくアウトドア派なので、収まるべきところに収まったのかもしれません。

あとは最近、海外マイナーブランドの時計が本当に楽しい。
ブランド側も極東からの注文には興味津々なので、購入前から購入後に渡って色々意見を言い合えるのが醍醐味です。
ただモノを買うよりも、作り手が見えるだけで何となくプラスアルファの愛着が湧きますね。

ホーム > 腕時計 > WatchGecko Geckota K1 L01

New Entry
CATEGORIES
Archives
  • 2017 (36)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
Comments
tag cloud

Return to page top