Home > 腕時計 > UNDONE URBAN Chronograph Killy

UNDONE URBAN Chronograph Killy Archive

UNDONE URBAN Chronograph Killyを購入


マニアックな海外の腕時計シリーズ。
UNDONEのTHE URBAN CHRONOGRAPHシリーズの中からKillyというデザインのものを購入しました。


UNDONEの特徴としては、文字盤とか針とかケースの素材とか諸々カスタムして注文できるんですよ。
で、本当は針をポルトギーゼ風ブルー×ゴールドにしたり文字盤に何か文字を入れたりして遊ぼうと思ってたんですが、どうもセンスが無さすぎるのかオリジナルを超えるデザインが生み出せないわけです 笑
いやー、普段からあのデザインはダメだの何だと他人様が作ったものをクソミソに扱き下ろしておきながら、実際自分がデザインしてみるとまさに己がクソミソでした。本当にすみません。反省してます。

というか、実際まずこのオリジナルの文字盤に惚れたんですよねえ。
265ドルの時計なので造りが良いとは決して言えないんですが、何とも言えない雰囲気があります。
この丸みを帯びたやさしいフォントが堪らんのですよ。


風防はドーム形状のK1強化ガラス(非サファイア)。
どうせサファイアを諦めるなら、いっそアクリル風防でも良かったんじゃないかなと。磨くの簡単だし。


ラグの形状が面白い。


残念ながらクォーツなんですが、この価格帯の時計に多くを望むべからず。
3万円程度の腕時計でこれだけ雰囲気があったら、もうどうでもいいじゃないですか。
国内メーカーにはこの雰囲気・空気感が作れないんですよねえ。国民性でしょうか。


純正レザーベルト。柔らかくて厚みもある良いベルト。
ただ、定環と遊環が異常にペラペラですぐに千切れそうなのが残念。

早速気に入ってるんですけど、届くタイミングが悪かった。
高温多湿な日本の夏に革ベルトの時計は着ける気にならない(汗をかく云々よりも、そもそも夏に革ベルトって不潔に見えませんか?夏でもきっちりジャケットを…というのもマナー以前に不潔だろと思ってしまうタイプです)ので、秋までお蔵入りかもしれません。

– 追記 –

NATOストラップ化して一応夏でも着けられるようになりました。
国内ではNATOストラップというとカーキやブラック単色だったりブラック×グレーだったりと無難なコーディネートばかりを目にしますが、海外のサイトを見ていると様々な色をセンス良く合わせていてとても参考になります。え、そこにその色持ってきちゃう?みたいな。ファブリックストラップは安いので色々冒険できて楽しいですね。

ホーム > 腕時計 > UNDONE URBAN Chronograph Killy

New Entry
CATEGORIES
Archives
  • 2017 (36)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
Comments
tag cloud

Return to page top