Home > 腕時計 > Bell&Ross BR123-92 スポーツヘリテージ

Bell&Ross BR123-92 スポーツヘリテージ Archive

Diary


Canon EOS 6D / Canon EF 17-40mm F4L USM

@雲ヶ畑
台風の後2週間ほど通行止めが続いていたが、本日通りかかると通行注意に変わっていた。


 


 


 


しばし散策。
志明院を目指したが洛雲荘の辺りから倒木の撤去作業中?のようだったので、邪魔をしないよう持越峠を越えて帰路へ。


50%OFFだったSONTAKUの柴犬スウェットを購入。
この手の何処のブランドか分からないようなワンポイントは好き。


BR123にシックリ来る革ベルトが未だ見つからず。
とりあえずレザーNATOで茶を濁す。

Bell&Ross ベル&ロス BR123-92 スポーツヘリテージ(中古)を購入

br123_01
衝動買い。
Bell&Rossは以前BR03-92を並行新品で購入したものの、結局1年足らずで手放しました。
デザインは本当に好みだったんですが着け心地がそれはもう最悪で…。

文字盤のデザインがBR03-92に近く着け心地が良さそうな丸形のBR123は、実はずっと購入候補の一角だったのです。
アンティークのプレキシガラスを意識して大きく膨らんだドーム型のサファイア風防も好み。

br123_02
今年の7月末に国内並行店で新品購入された個体。
1ヶ月半しか使われていないにもかかわらず、市場価格より遙かに安い金額だったのでつい手が伸びました。
元々BR123はいつか購入したいと思ってましたし、何より最悪しばらく着けてから手放しても余裕で黒字になるくらい安かったのです。

ただ、やっぱり安いにも理由があるわけで。

br123_03
Oh…ラグが傷だらけ。
たった1ヶ月半でどんな扱いをすればここまで傷だらけになってしまうのか…
きっと1日1万回のベルト交換を日課にしていたんでしょう。荒行の一種です。

軽く磨いただけで結構目立たなくなりましたが、手強そうな傷も散見するので修理屋に持って行こうと思ってます。
この程度の傷なら簡単に綺麗にしてもらえるはず。自分が付けた傷は全く気にならないけど他人が付けた傷は何かイヤ。

br123_04
Bell&Rossの時計は本当に雰囲気良いんですよ。
文字盤の配置バランスが神懸かってる。
BR03も雰囲気だけは抜群でした。

br123_06
もう少し涼しくなったらベルトをヴィンテージカーフに交換したい。


とりあえずレザー製NATOストラップに。
やっぱりBell&Rossの時計はブレスやラバーよりも圧倒的にレザーが映えると思う。

小ぶりな角型、BRSシリーズのゴールデンヘリテージかオフィサー ルテニウム辺りも欲しくなってきた…近々試着しに行こう。

ホーム > 腕時計 > Bell&Ross BR123-92 スポーツヘリテージ

New Entry
CATEGORIES
Archives
  • 2017 (90)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
Comments
tag cloud

Return to page top