Home > Life Log

Life Log Archive

京屋酒造 油津吟 YUZUGIN


Panasonic LUMIX GX7 Mark3 / Panasonic LEICA DG SUMMILUX 1.7/15 ASPH. / Photo Style “Standard”

いわゆるジャパニーズ・クラフトジン。JCG。(そんな略称聞いたことない)
基本的に家では日本酒ばかり飲んでますが、別に拘りもポリシーもへったくれも無いので適度に洋酒も嗜みます。はい。
で、これが美味いんですわ。凄く。ストレートでもいいし炭酸水で割ってもいい。ジントニックにしても美味い。
自分はアル中になるのが怖いので大体ソーダ割かジントニックにして飲みます。
1本5,000円って庶民からすると結構なお値段なんですが、まあジンはゴクゴク飲むものではありませんからね。相当長持ちします。
どうせなら京都産のクラフトジン「季の美」を飲めやという話なんですが、個人的には油津吟の方が好み。季の美も美味しいですけどね。
わりと最近までこの辺りではツチノコのような存在でしたが、最近はそこそこ出回ってきた様子。おすすめです。見かけたらぜひ。

Diary


Panasonic LUMIX GX7 Mark3 / Panasonic LEICA DG SUMMILUX 1.7/15 ASPH. / Photo Style “Standard”

近所にこんなレベルの高い蕎麦屋があったなんて知らなかった。


気分が良いので月山 おろち 生酛純米をひやで1杯だけ。ああ美味しい。次回はぬる燗でいただきたい。

Diary


Panasonic LUMIX GX7 Mark3 / Panasonic LEICA DG SUMMILUX 1.7/15 ASPH. / Photo Style “Standard”

弘法大師さんとタコさんへ。

奈良県十津川村 玉置神社へ


SONY α7RIII / SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G

奈良県十津川村。日本一広い村として名高いところで、その広さたるやなんと十津川村だけで東京都23区の総面積を凌ぐほど。かつては他所から完全に断絶された土地であったことから方言も関西弁ではなく東京弁に近いアクセントが用いられる等、何となく黄金の国ジパング!みたいな神秘的で謎に包まれた土地という印象でございます。さて、この十津川村のさらに山奥、秘境中の秘境(なんて失礼な)と言っても過言ではない玉置神社に、あの「石徹白の大杉」と双璧を為す老スギが存在するというではありませんか。これは行ってみるしかないだろうということで、またまた深夜出発したのでした。
全文を読む

Diary


SIGMA dp1 Quattro

もう10月だというのに夏のような陽気。昔はこの時期に着る薄手のジャケットが好きだったんですが一切買わなくなりました。だって最近は5月から半袖の時期が半年近く続いて気付けば冬、という感じで秋なんて無いんだもの。


ちょっと逆光で撮るだけでこうなっちゃうのがシグマクオリティ。
さて、明日は早朝から十津川のやばいところにある巨樹まで行ってみようと思ってるので、早めに就寝することにします。

ホーム > Life Log

Archives
  • 2018 (286)
  • 2017 (115)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
CATEGORIES
tag cloud

Return to page top