Home > 釣り

釣り Archive

2016/9/13 福井県西某所 30分たこんぐ

160913
ロッド: ワンナック×ツララ クラーケン76KS
リール: シマノ 13バイオマスターSW 5000PG
ライン: PE5号直結
釣果: マダコ×1

案件Aが完了したので午後から釣りへ。
で、タックルを準備していると客先から電話アリ。
出なきゃいいんすよ電話なんて…出なければよかった…
急ぎで案件Bを頼みたいということなので京都へ戻ることに。

あ、30分だけ釣りしました。
1投目で子ダコゲット。
確実リリースサイズですがわずか30分の楽しみのために往復4時間も運転しなければならないと考えると持って帰らずにいられませんでした。すまぬ。

せっかく今年初めてのアコウタックルまで持ってきたのに一体何なんだろう。

それにしても今期のタコはサイズがダメダメですわ。原因不明。

2016/9/9 福井県西某所 かます

160910_3
ロッド: 34 アドバンスメント FPR-55 F-tuned
リール: シマノ 12ヴァンキッシュ 2000S
ライン: エステル(ピンキー)0.6号+フロロ4lb
釣果: カマス×14、豆アジ×4

先日のリベンジで完全カマス狙い。
奴ら表層に湧いている豆アジを目当てに入ってきているので、たまーに豆アジが引っかかりますが。

アベレージ20cmくらいで先日より小ぶりでしたが、14匹釣れれば充分カマス料理を堪能できますな。とりあえず満足。

寄せる最中にバラしまくったので次回は柔らかめのめばロッドも持って行こう。

2016/9/5 福井県西某所 たこんぐ→かます

160906
【タコ】
ロッド: メジャークラフト スカイロード SKR-S72H/Taco
リール: シマノ 13バイオマスターSW 5000PG
ライン: PE5号直結
釣果: マダコ×1(リリース)

タコ釣りはお初なポイント。
地元の爺さまがよくタコ罠を仕掛けているので釣れるんじゃないかなと。

うーん、海底に藻が多すぎてズル引きできませんな。
かろうじて釣り上げるもイイダコサイズだったので流石にリリース。
障害物が少ないこともあり、エギでタコを狙うには不向きなポイントでした。

【カマス】
ロッド: オリムピック ヌーボコルト プロトタイプ GNCPS-542UL-HS
リール: シマノ 12ヴァンキッシュ 2000S
ライン: エステル(ピンキー)0.6号+フロロ4lb
釣果: カマス×3、ショゴ×4、アジ×1

小さなナブラが立ち始めたのでタックルチェンジ。
表層早引きで25〜30cmとなかなか良型のカマスをGET。
その後、徹底してカマスを狙うもどうやってもショゴがヒットする…
レンジを少し下げてみると20cm前後のアジ。
潮の流れが変わりアタリが遠のいたので再度タコ釣りに。

→夜まで粘ってみるも惨敗でした。

魚たちは全て持ち帰り。
ショゴとアジは刺身、カマスは塩焼きに。
カマスが美味すぎるので次回はカマス釣りに専念したい。

2016/8/30 福井県西某所 たこんぐ

たこ
ロッド: アブ・ガルシア タコスフィールド TKFS-762H
リール: シマノ 13バイオマスターSW 5000PG
ライン: PE5号直結
釣果: マダコ1ヒット1キャッチ、コウイカ1ヒット1バラシ

海水浴やBBQついでの素潜りには2桁回数行ったものの竿を出す機会が無く、本当に久々の釣行。
実は去年の夏に謎の虫に刺された足首が炎症を起こしまして、つい最近まで痒みに苦しめられていた(ほぼ1年すよ…)経験から夏の夜釣りが億劫になっていたという理由もあります。アコウ釣りたいんですけどねえ。

夕方まで時間が空いたので短時間釣行。14:30着。
前日までの大雨で濁り酷し。

全く反応無しで何しに来たんだろう俺…と思い始めた15:30にようやくヒット。
ちっさ。昨年までなら確実にリリースするところですが、今年はタコストックが保たんのです。申し訳無いけれどキープしました。

その後コウイカがヒットするも抜き上げ時にポチャン。
タコエギのカンナでイカを抜き上げるのは厳しいっす。

その後一切反応無し。
市場に直行→タコをGETして直帰がベストだったと思わせる渋い釣行でした。

2016/7/15 福井県西某所 たこ

タコ釣り
ロッド: アブ・ガルシア タコスフィールド TKFS-762H
リール: シマノ 13バイオマスターSW 5000PG
ライン: PE5号直結
釣果: マダコ4ヒット4キャッチ(2リリース)

老人化してきたのか夜明け前に目覚めたのでそのまま仕事を進めてしまい、午後からのんびり釣りへ。
曇りの予報だったはずが大雨→小雨→曇り→大雨…のループ。雨具も着替えも用意してないっす。
海辺をドライブして帰ろうか悩むも、まあ濡れても死ぬわけじゃないということで竿を出してみることに。

160716_2   160716_3
ちっさ…

オールリリースしたいところですがタコストックが尽きつつあるので2匹持ち帰り。
左の画像の奴と写真を撮る気にもならなかったイイダコサイズはリリース。

いつもの漁師のおっちゃんに「タコ釣りかー、釣れるか?」と聞かれ「釣れるけどちっさいすわ。」と答えたところ、タコの捕獲網を覗かせてくれました。おぉ…ナイスサイズ大量やんけ。新子しかいないわけではなさそうなのでしばらく粘ることに。

→全く反応が無くなって終了。

ここのポイントは昼間まず誰も居ない上に自宅から比較的通いやすい(まあ2時間かかりますが)という素晴らしい場所なんですが、釣れると分かってる場所で釣り続けると何かこう心の渇きが癒されませんな…そろそろまた新規開拓の時期かもしれません。

激流に揉まれ抜群に美味いと言われる明石のタコを釣ってみたい。

ホーム > 釣り

Archives
  • 2018 (284)
  • 2017 (115)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
CATEGORIES
tag cloud

Return to page top