Home > 釣り > タックル -ロッド

タックル -ロッド Archive

アブガルシア タコスフィールド TKFS-762Hを購入 スカイロードタコも復活

TKFS-762H
先日SKR-S722H/Tacoが逝ってしまったので代替にアブのタコスフィールド TKFS-762Hを購入しました。
実売約1万円。スカイロードよりちょっと安いですね。

あ、スカイロードですが復活しました。
釣具屋に雑談がてら寄ってみたら「#1取り寄せます?明日には届きますよ。」とのことだったのでお願いしてしまいました。
メジャクラ早すぎんよ…

160626_3
スカイロードとの価格差はここでしょう。
Kコンセプト・オールSiCガイドのスカイロードに対してタコスフィールド(面倒くさいので以下タコスで)はトップSiCのハードガイド。
PEしか使わない釣りなのでSiCの方が安心感がありますが、まあラインも太いしハードガイドでも削れたりしないと思います。

160626_4
上がスカイロード、下がタコス。
ティップがやや細めですが別に先調子ということもなく、どちらかと言えばタコスの方がスローテーパー気味な印象を受けます。
ルアー重量の上限は180gですが流石にこれは足下狙いのタコジグの上限であって、180gの物体をキャストしたら折れても文句言えないでしょう。

しかしタコロッドって実釣するまではただの棒にしか思えませんよね。

160626_2
免責は4000円です。

入門モデルのソルパラタコは保証書が付いていないので、初心者の方はこちらを選んだ方が安心して釣りを楽しめるかもしれません。

しばらく釣具屋も釣具屋サイトも全く見てなかったんですが、いつの間にやらタコ竿もタコエギも増えてますねー。
ダイワからもタコスと同じような価格帯、スペックのロッドが出ていたりしてちょっと気になりました。

タコエギは200円で買えるデフレエギの王者オクトパスタップを超える存在がなかなか現れません。
オススメは一番大きい4号サイズ。オモリが大きいため沈降スピードが速く(手返しが良い)、アピール力もある。そして小さいタコでも普通に釣れます。

今年こそはデビルエイトで1匹上げたい…
(あのタコベイトを取っ払ってバグアンツでも付けた方が釣れるんじゃないの?と常々思ってましたが、ワンナックから付け替え用のバグアンツ風ワームが出てますな 笑)

オリムピック ヌーボコルト プロトタイプ GNCPS-542UL-HS 試し釣り

150713

ロッド: オリムピック ヌーボコルト プロトタイプ GNCPS-542UL-HS
リール: シマノ 13ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン: エステル(アジングマスター)0.3号+フロロ3lb
釣果: アジ40〜50匹、子めば1匹

いつものポイントに到着するも…

150713_2

立ってられないレベルの強風。予報を見て強風だということは知ってたんですよ。でも今日しか釣りに行けそうになかったので仕方ない。
フロート…キャロ…イヤすぎる。おもんないし。
普段なら即帰路につくパターンですが、今回は新ロッドを振り回したいので移動することに。

150713_3

車で30分くらい。素晴らしい夕焼け。
せっかく福井まで来たのに風強いし釣りにならんし…と荒みつつあった心が洗われるようです。

フォールの釣りで15cmくらいのアジが5、6匹釣れるも反応薄し。
どうも表層に湧いているサヨリの稚魚を追い回しており、ワームはスルーされている模様。なるほど。。。

150713_4   150713_5

シーバスやってたころからベイトがサヨリの時の釣りは得意なんです。
18〜20cmのアジがほぼ1投1ヒット。40〜50匹は釣ったと思う。
こんなに持ち帰っても仕方ないので途中から適当にリリース。結局持ち帰ったのは20匹弱でした。

ヌーボコルト プロト GNCPS-542UL-HS…良いわ…
これより高いアジングロッドも色々持ってますが、これ触っちゃうとお前らぼったくり過ぎだわ、と感じてしまうくらい良く出来ています。

まず、とにかく軽い。宵姫EX 51とほぼ同等だと思う。
腕の延長とまでは言いませんが、もう枝ですよ枝。枝を振ってる感じ。
「軽けりゃ良いってわけじゃない。バランスです。」などとのたまうメーカーも散見しますが、同じ手元でバランスを取るとして、より軽量にバランスが取れた方が当然感度は上がりますからね。

ティップはやや硬め。所謂パッツン系のロッド。手元への反響から察知して積極的に掛けるロッドです。
5ft台のロッドを柔らかくしたところで所詮タメが効かないので、個人的には硬めの方が使いやすい。
柔らかいアジストTZ 58は正直まだ使いこなせてません…

今日は20cmくらいのアジが対象でしたが、1000番台のリールをセットして豆〜25cmくらいのアジを相手に楽しむのが一番適した使い方なのではないかと。このロッドで尺オーバーのアジや25cmクラスのメバルをぶっこ抜く勇気は、僕には無いです。

– 追記 –

bent01   bent02

ベントカーブのサンプル。
左側が50gのオモリ、右側が100gのオモリです。

200gも試しましたが…恐怖を感じたのでやめました。
尺アジが200g前後らしいので、やはり抜き上げは厳しいと思います。

オリムピック ヌーボコルト プロトタイプ GNCPS-542UL-HS

150711

7月に入ってから案件が捌ききれず、なかなか釣りに行く時間が取れません。
実はコレも予約したきり忘れてました。新しい釣具が手に入ると無性に釣りに行きたくなりますなあ。

150711_2

保証書の免責額は9,500円。
実売3万円強なのでわりと良心的というか、安心して振り回せる額と言えるのではないでしょうか。

部屋の中で触ってみた感じだと宵姫EX 51に近い?
まあ実際に魚を掛けてみないと何とも言えませんが。

「忙しい」という言葉が嫌いです。無能自慢してるみたいで。
趣味に時間も割けないような情けない日々を過ごしていますが、さっさと仕事を片付けてNewロッドを振り回そうと思います。

未使用のまま折れたテイルウォーク アジスト TZ 58/SLが帰還

150529

新品購入後未使用のままへし折れて入院した悲運のロッドが帰還しました。

折れた原因ですが、ポイント到着後タックル準備のためロッド袋に入れたロッドを車から出した際、ロッドが少し風に煽られた瞬間に「パキャッ!!」という音が。
→折れとるやんけ…という話です。

DSC01419

アジスト TZ 58/SLは非常に柔らかい上にワンピースという超絶ウルトラ繊細仕様のロッドなのでティップガードが付属しています。
が、このティップガードがむしろクセモノだと思うんですね。
というのも実釣では負荷が掛からないであろう箇所に風などで負荷が掛かってしまうため、どうしても折れやすくなってしまうのではないかと。

なんて話を釣具屋の店員さんにしつつも、まあ別にメーカー起因で折れたと断言出来る話でもないので免責払うのは仕方ないっすよねーとは伝えていたんですが、まさかの無償交換で帰ってきました。

状況を丁寧に伝えてくれたであろう店員さんと、大海原のような広い心を持つテイルウォーク(たしかエイテック社ですよね)には本当に感謝…

今後はティップガード、ロッド袋(表面積が広がるのでちょっとの風でもロッドが曲がる曲がる)は使わず剥き出しで携帯するつもりです。

→剥き出しでどうやって車に放り込もう…と悩みましたが、後部座席のヘッドレストの穴から助手席のヘッドレストの穴に剥き出しのロッドを挿して、後部座席側はズレないようにグリップのセパレート部を乗せ、助手席側はヘッドレストの棒とブランクをロッドベルトで固定して運んでみたところ良い感じ。同乗者がいると厳しいですが。まあ複数名で釣行するときは違うロッドを持って行けばOK。

次回こそはこのロッドで釣りを楽しめるといいなあ。

34 サーティーフォー ガイドポスト LHR-62のインプレ

34 LHR-62
34 ガイドポスト LHR-62
購入して(たぶん)5回くらい使いました。ハッキリ覚えてませんが若狭湾の豆アジを50〜80匹くらいは掛けたかなと。

34社が初心者用としてリリースした商品ですが、公式サイトを見てもどんなロッドなのかイメージできないと思います。
あまりにも説明が少なすぎるんよね…

一言で表すなら

34 PSR-60の廉価版ロッド

だと感じました。

使用感は「PSR-60 インプレ」で検索すると大量のログが出てきますが、まあそんな感じなんだろうなーというイメージそのままでOKだと思います。

テイストは凄くPSR-60に似ています。レングスはほぼ同じ(2インチの違いなんて微々たるものです)で、所謂パッツン目のブランクに40cmという長めののソリッドを用いて柔軟性を持たせた造り。ブランクの質が若干劣るからでしょう。キャスト後のティップの収まりはPSR-60に劣ります。まあ値段が値段なので当然ですが、だからと言って特に収まりが悪いとも感じません。

PSR-60との明らかな使用感の違いは2つ。

・セパレートグリップのPSR-60に対してLHR-62はストレートグリップであること。
これはまあどちらが良い悪いではなく好みだと思うんですけどね。
ただ現行のアジングロッドは殆どがセパレートグリップなので、他のロッドと使い分けることを考えると以後ストレートグリップに違和感を覚えるかもしれません。

・LHR-62の第1ガイドがYガイドであること

150526_2

ここが一番の割り切りポイントなのかもしれません。
ガイドを見る限り、このLHR-62はモノフィラメントライン専用設計で作られています。

アジングに使うであろうモノフィラメントラインはポリエステル、フロロカーボン、ナイロンの3種ですね。
というか早い話が、PEライン以外のラインを使ってねってことです。

YガイドはKガイド・KLガイドのようなPEの糸絡み対策が取られていないガイドです。
だからと言って悪いガイドなのかと言えばそうでもなく、Kガイドよりは間違いなく飛距離が出ると思いますし、モノフィラメントラインを使う限りまず糸絡みも起こり得ないはず。メリットの方が大きいのではないかと。

ということで極細PEを使いたい!という方は別のロッドをオススメします。
(まあ実際はPE0.3号で使用してもノントラブルでしたが。PEラインの扱いに慣れた方は、むしろYガイドにしたメリットが感じられるくらいだと思う。)

余談ですが、恐らく34社は自社のポリエステルラインを使ってほしいがためにYガイドを用いたのだろうと想像していますが、釣り初心者の方にポリエステルラインは全くオススメ出来ません。たぶんライントラブル連発で、釣れた釣れなかった以前に釣り自体が嫌な思い出になると思います。オススメはフロロカーボン2lbです。

150526_3

初心者用ロッドに実売2万円という金額ですが、個人的には「高すぎるわ」というのが正直な感想。
一般的な金銭感覚だと、その先続けるかも分からない趣味にいきなり2万円(それも釣り竿だけですぜ?)を費やすというのは相当な覚悟が要りますよ。マジで。
扱い方に慣れるまでは不注意で折りやすいことを考えても、免責金額が安い大手(シマノかダイワ、次点でメジャークラフト)の1万円くらいのロッドがオススメ。
ただ、初めからロッドの予算を2万円で考えているのであれば決して悪い選択肢ではないと思います。

あ、適正リグ重量は0.3〜2.0gと記載されていますが、個人的には0.5〜1.2gが快適に操作できる範囲だと感じました。
手返し良くパッパと攻めていく釣りよりは、軽量リグを潮に流すような所謂スローなアジング向きのロッドかと。

150526_4

保証書の免責額は9,000円。
定価のほぼ50%。これって保証書の意味な…いや何でもないです。

ホーム > 釣り > タックル -ロッド

New Entry
CATEGORIES
Archives
  • 2017 (38)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
Comments
tag cloud

Return to page top