Home > アーカイブ > 2016-10

2016-10

グランドセイコー スプリングドライブ SBGE001のレビュー

sbge001_1
Web上にあまりレビューがない時計のレビューシリーズ。
購入して半年ほど経ちました、グランドセイコー マスターショップ限定 スプリングドライブ SBGE001のレビューです。

sbge001_2   sbge001_3
正直なところ、ここ数年内に買った時計の中で一番気に入っています。
身に着ける頻度は文句なしのNo.1。
(あ、セイコーのGMTムーブは止まると日付やGMT針の修正が面倒臭いから止めないような頻度で身に着けているという理由もあります。)

SBGE001の購入を検討されるほぼ100%の方がサファイアベゼルに惚れてのことだろうと思いますが、これは本当に美しいです。
キラキラと光を反射したかと思えば光をスッと吸収して漆黒の表情を見せたり。眺めていて飽きないんですね。

新しい腕時計を手に入れた感動なんて買って1週間…下手したら3日で薄れてしまうものですが、この時計は未だにぽけーっと眺めることが多いです。

SSブレス、20気圧防水という仕様から着ける季節を選ぶこともなく、まさに最高の日常時計を謳うグランドセイコーらしい1本。
この価格帯だとロレックスのDJやサブあたりと悩む方が多そうですね。私はサブ(114060)よりもこちらの方が圧倒的に出動回数が多いです。
画像で見る以上にキラキラ光りますので、お堅い職業の方がオン用に考えられているならオススメしませんが。絶対やめといた方が良いです 笑

sbge001_4   sbge001_5
工作機械の精度向上によって同価格帯の舶来品も外装のクオリティを上げてきているためパッと見て惚れ惚れするような質感ではありませんが、充分すぎるクオリティでしょう。曖昧さのないエッジ処理、均一なヘアライン。サイドのポリッシュ部の反射像にも気持ち悪い歪みは見られません。(カメラを持った私がはっきり写り込んでますね…)

sbge001_10
GS一番の見どころはココだと思ってます。
このインデックスと針の研磨に関しては…もう変態でしょう、これは。
光を多方向に反射させるためにインデックスを多面カットしているだけでなく、さらにその上部に細かい筋目まで彫り込む念の入れよう。
秒針の押さえの部分まで丁寧に磨かれてますからね。

こういった細部の仕上げは流石HENTAIの国ニッポン。
ジャーマンともスイスとも違いますよね。この神経質とも言える美的感覚は。
緻密な装飾で表現する直接的な美ではなく、反射する光の美しさを追求するあたりに風情や情緒を重んじる日本らしさを感じます。

ちなみにグランドセイコーの外装を語るときザラツ研磨というキーワードだけが先行しますが、複数回の冷間鍛造によって造られた目の詰まったステンレスケースに複数回のザラツ研磨を施すことに手間とコストがかかっているという話で、希に見かける低価格なのにGSと同じザラツ研磨!と謳っている時計が研磨に同等の手間をかけているわけではありません。切削ステンレスケースに単発ザラツ研磨なら、そりゃ低価格で行けるでしょう。

sbge001_6
ブレスは三連。裏側は腕に沿うように丸みを帯びていて、汗でペタペタ張り付かないようにヘアライン加工されています。
腕の形に沿ってクネクネと自在に動き、上質なステンレス特有のしっとりとした着け心地で、装着感は決して悪くありません。

が、恐らくブレスそのものは他モデルとの汎用品なのではないかと思います。
デカ厚といっても過言ではないSBGE001に対して造りが華奢すぎる感が否めません。

sbge001_7
ケースとの重量バランスが悪く、腕を振って歩いていると時計に引っ張られているようにすら感じます。
気をつけて扱っていても自分の感覚以上に腕を振りすぎてしまい、壁にガツッとぶつけてしまうことも多々。
着けていることを忘れるような一体感?そんなもん一切無いっすわ…

また、クラスプは「これで大丈夫なのか?」と問いたくなる普通のワンプッシュバックル。
私が以前所有していた軽量薄型のクレドールノードと全く同じクラスプなんですが、本当に何年もこのクソ重い時計を支えてくれるのでしょうか。
今のところ脱落した経験はありませんが、いずれバックルが馬鹿になってくると脱落する可能性もあるのでは…という気がします。
不細工になってでもダブルロックのクラスプにすべきだったと思いますが…どうなんでしょう。

sbge001_8
このように不満な箇所もあります。ただ、その辺のデメリットを差し引いても余りある、本当に美しい実用時計です。
買って後悔はしないはず。

あ、流れるような美しい運針…スプリングドライブについて書くのを忘れていました。
絶賛する方が多いですが、私は1日で飽きました 笑
精度は抜群に良いです。私の個体は半年間で+2秒くらいですね。

Sinn ジン Ref.556Mを購入

img_0621
WatchGeckoのパイロットウォッチを買ってからパイロットウォッチに目覚めました。
Sinnの556Mを購入。初めてのSinnです。

パイロットウォッチって自称玄人様が「見る人が見れば分かる渋み、質実剛健な造り」みたいな胡散臭いキャッチコピーを謳ってるイメージがあって何となく手に取ること自体避けていたんですが、実際身に着けるとスッと馴染むと言いますか、どんな服装にもマッチしてくれそうな懐の広さを感じます。

sinn556_1
3・6・9・12がアラビア数字になっている556Aと悩みましたが、決め手はこの光沢文字盤でした。556Aはマットブラックなんですよね。
無骨なデザインの中の光沢感、そして針の影が作り出す立体感…こちらのモデルの方が品があるかなと。

sinn556
高級感皆無、外装のクオリティにも内部的にも特筆すべき点無し。
それでもこの時計には何とも言えない雰囲気があるんですよねえ。
この静謐な湖の水面を思わせる世界は公式サイトの正面撮りでは絶対に伝わりませんわ…
青色の無反射コーティングも確かに美しいですが、この556は無色コーティングで正解でしょう。
文字盤と針・インデックスのコントラストが際立ち、これぞ機能美!といったジャーマンブランドの神髄を感じます。

sinn556_4
ブレスモデルかレザーベルトモデルかは悩みませんでした。純正ブレスの形状が好みでなかったので。
海外のサイトに556用の5連ブレスが$390で出てます。夏前に購入するかも。国内正規店でも同じ物が売られていますが、8万円はボッタクリだと言わざるを得ません…)
ベルトは即、黒クロコに換えてます。無骨さを強調するならカーフでしょうが、秋という季節もあって品のあるクロコの方が合わせやすいように思います。

img_0646
ムーブメントはETA 2824-2。
説明不要の自動巻きムーブですが、弄ってみた感じだとポン乗せではなく若干のチューンを加えているのかもしれません。

リューズを弄ってみると針の遊びがほとんど無いんですね。
ポン乗せETAの時間調整後リューズを押し込んだ際に分針がピュッと飛ぶあの感じ。あれがありません。
1段目、2段目の抵抗も非常にしっかりしています。月初、日付だけ進めたいのにうっかり2段引いて秒針がズレる…といったことが起こりません。

リューズの操作感はねっとりとしていると言いますか、やや重めな印象です。
20気圧防水なのでパッキンが影響しているのでしょう。
ロレックスのサブマリーナーの操作感に似ています。

sinn556_3
エッジの面取りもされておらず、決して丁寧に磨かれたムーブだとは言えません。
それでも操作面では手抜きがないあたり、ジャーマンらしい真面目さを感じます。

ETAなので当然ですが、特に繊細な感じもなく初めて機械式時計を持つ方でも安心して使用できるでしょう。

img_0665   
Geckoも気に入ってるんですけどね。
ただやっぱりシンプルな三針は40mm未満が一番シックリ来るのも事実…

EPSON スマートキャンバス ムーミン

161018
エプソンのスマートキャンバス。
色々なシリーズが出ていますが、ムーミンシリーズのスナフキンモデルです。
これは面白い!と勢いで購入したものの流石に30半ばのオッサンには純正ベルトがアレ過ぎたため、ベルトを交換してようやく着用可能になりました。

img_0588   img_0591   img_0592
既に多くの方がレビューを書かれているので省きますが、ニョロニョロ時計、日めくりモード、時間の経過ごとにイラストが変わっていくモードの3種があり、ぽけーっと眺めていると飽きません。液晶もとても綺麗です。スリープ機能は存在せず、これを常時表示して電池寿命約2年って凄いなーと感心します。

img_0596
ラグ幅は26mm。購入にあたってベルト交換前提に考えていたのでラグ幅が知りたかったんですが、レビューを漁っても書かれていなかったので…
まあ普通は純正の交換ベルト(工具無しで交換できるやつ)を買いますよね。
純正は値段のわりに品質がイマイチな感じがするのでパネライ用に売られているカーフを着けました。
ちなみにラグ横に穴を細い棒で突っつけば簡単にバネ棒が外せます。

あと皆さんマイナス面はあまり書かれないみたいなんですが、1分ごとに液晶の表示が変わる際、液晶が約1秒ホワイトアウトします。僕はこれが結構気になる…というか鬱陶しいんですが神経質すぎるんでしょうか。

とまあ不満に思う点もありますが、これぞデジタル!という面白い時計だと思います。
スマートウォッチと真逆の方向性ですよね。
「別に便利じゃなくてもいいじゃない。ゆるーく生きましょう。」みたいな感じがして非常に良い。

IWC ポルトギーゼ クロノグラフのベルトをPerlon Strap(パーロンストラップ)に交換

161003
いつの間にやらPerlon Strap(パーロンストラップ)なる代物が世に出回っており、これはなかなか良いんじゃないの?ということでポルトギーゼに装着してみました。

161003_2
一昔前にこういうベルト(腰の)、ちょっとだけ流行ってましたよね。
どこにでも尾錠のピンを突き刺せるので簡単にフィットが出せます。
カラーは針とインデックスに合わせて無難にネイビーにしましたが、ブルーとかブルーグレーの方が爽やかで良かったかもしれない。

161003_3
購入先はebay。
発送元香港のよくある中華業者で、日本円で450円くらいでした。
国内だと2000円くらいが相場なので安いといえば安いんですけど、装着するときにやたら窮屈だったので測ってみると23mmもあるじゃねえかオイ(ポルトギーゼクロノのラグ幅は20mm。もちろん購入したのは20mmです。)と。まあ多少キツめの方が時計本体がスルッと落下する危険がないので、これはこれで良いです。

161003_4
今まで布製ストラップといえばNATOの独壇場でしたが、Perlonも新たな選択肢として有りなんじゃないんでしょうか。
NATOよりも上品に見えますね。

結構気に入ったので5、6本適当に買い足してみようと思います。

– 追記 –
perlon_01
気に入った色が品切れ状態でなかなか買い足せないのですが、グレーはこんな感じ。
こういった無難なカラーも良いですが、正当派カラーよりもむしろビビッドなブルーやレッド、オレンジなんかを持ってきた方が「らしい」感じがしてベターかもしれません。

Home > アーカイブ > 2016-10

New Entry
CATEGORIES
Archives
  • 2017 (36)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
Comments
tag cloud

Return to page top