Home > FUJIFILM XF 10-24mm F4 R OIS | モミ | 兵庫県 | 巨木たち(地域別) | 巨木たち(樹種別) > 兵庫県篠山市大山宮 追手神社の千年モミ

兵庫県篠山市大山宮 追手神社の千年モミ


FUJIFILM X-T20 / XF 10-24mm F4 R OIS / Film Simulation PROVIA

日本最大のモミの巨樹「追手(おって)神社」の千年モミ。
追手神社は篠山市の西端に位置し、丹波市へと向かう国道176号線からもその姿を望むことができます。(後日気付きましたが176号線沿いに目立つ形で「追手神社の千年モミ」の案内板が立っていました。まず迷うことはないと思います。)


いきなり全景を載せてしまいますが…正直画像ではこの巨樹の魅力を1%も伝えられないような気がしています。小細工一切なし、実直なまでにストレートな巨樹なので、上手くスケールを伝えることが出来ないのではないか、と。本当に悔しい。

しかしこれがまた日本一の名に恥じない、とてつもなく重厚な巨樹だったのです。


根元から左巻きに、螺旋状に回転するように伸びた幹はてっぺん付近までほとんど太さが変わることなく、巨大な柱や塔を思わせる風格を漂わせていました。これは本当に良い意味で予想を裏切る、物凄い威圧感。実際のところ僕も事前に画像を見た限りではここまでのものだとは全く思っておらず、この日の工程でもそこまで重要な1本だとは考えていませんでした。そんな完全に舐めきった意識で来たわけで、実物を見て言葉を失うのです。これがモミの木?嘘だろ?と。

ストーンと伸びるストレートな巨樹というとやっぱりスギのイメージだと思いますが、幹周が変わらずバベルの塔の如く天まで突き抜ける立ち姿は、この千年モミならではのものでしょう。スギの巨樹とはまた違った味わいがあり、ぜひ見ておくべき1本だとおすすめ出来ます。


それにしても対面してまず気になったのが鉄製の保護柵。先輩方の記事ではこんなもの見当たらなかったぞと。神社の案内板によると倒壊の危険性があるということで数年前に支柱が設置された模様。てっぺんが明らかに落雷によって欠損していたので、そこから傷みが進行したのでしょう。

たしかにこんな巨大な樹が倒れた日には隣の社務所なんて簡単に粉砕されてしまうはず。支柱を確認する限りとても「モミを支えている」ようには見えず、あくまでも「モミが倒壊するのを防ぐ」ためのものであるようです。


モミの木というと何を思い浮かべますか?まずほとんどの方がクリスマスツリーなんじゃないでしょうか。この巨大なモミの木をツリーにしたらとんでもないブツが出来上がるんだろうな…なんて想像をしてしまいました。


協力していただいてのヒューマンスケール。


あーでもない、こーでもないとこの巨樹の魅力を伝えたいと試行錯誤するわけですが、この実直にまっすぐ佇む千年モミの前では矮小なる存在である僕の小細工なんて通用するはずもなく。とにかく足を運び、実物と対面してもらいたい1本です。本当に日本一の名は伊達じゃありませんでしたから。


余談ですが、この溶けたようなちょっと間抜けな狛犬もまた味わい深い。
そして神社入口の夫婦イチョウとモミの木裏手のトチノキも結構な大きさでした。
どうしてもモミの木に意識が持って行かれてしまいますが、ご一緒にどうぞ。

追手神社の千年モミ
国指定天然記念物
樹齢 幹周から約500年と思われる(案内板より)
樹高 35.58m
幹回り 7.68m

兵庫県篠山市大山宮302

コメント:4

RYO-JI 18-06-06 (Wed) 21:35

モミの木ですか。
そうか、クリスマスツリーですよね。
そう思うとこれはスケールが違い過ぎますね(笑)。
日本一で国の天然記念物だという希少な一本が篠山にあるだなんて、兵庫県も侮れませんね。
空洞化、亀裂など今後の生育に不安な部分もありますが、とりあえず倒壊は免れたようで一安心です。
でもこうやって鉄製の保護柵に囲われている姿は痛々しいというより、その大きさのせいかもしれませんが、
捕らわれた巨人のようにも見えます。
そして狛さんが番人(笑)。
冗談はともかく、ヒューマンスケールのお陰でそのスケールをイメージしやすいです。
でも実際見るともっと・・・なんでしょうねぇ(笑)。

to-fu 18-06-07 (Thu) 16:56

> RYO-JIさん
このモミは相当なものでしたよ。
近畿圏内ではモミの巨樹自体あまり聞きませんし、この街道沿いだけでも巨樹がワラワラしているのでおすすめのコースです!
僕と狛さんで半日かけて回りましたが、篠山はそれでも結構撮りこぼしがあるくらい巨樹が密集しています。

兵庫県は近いようで、見応えのある猛者はこぞって我々のエリアからアクセスに難のある山間部に集中しているのがネックですね…高速もろくに通ってませんし(高速代が浮くメリットでもあるんですが)、帰りのことを考えると結構面倒なんですよねえ。

18-06-08 (Fri) 9:40

おお! 出ました、日本一のもみ!
って、ここでも僕は大人気なく興奮してましたが……(苦笑)。
この圧倒的サイズ感……まさに現場でこそ味わえる感覚でした。見に行けてよかったと思う巨樹です。
自分との比較を見ても、本当、巨樹としか言いようがない。巨大な樹という、その純粋さがあります。
数値以上のものをシンプルに感じられるところがこの樹の何よりの魅力だったと思います。
鉄塔じみた構造物を作られるほどなのか……と心配にはなりましたが、この威容は長く保ってもらいたいものですね。
雪景色の中で直立するこの樹の姿もまたかっこいいだろうなあ、絵になるだろうなあと。
地元にこんな樹は無いので、羨ましく思いました。
今回の印象としても篠山市周辺は随分と巨樹に恵まれた土地だな……と思い、環境庁の巨樹データベースで検索してみたところ、新たに追手神社で見た銀杏が追加されていてちょっと愉快でした。

to-fu 18-06-08 (Fri) 17:25

> 狛さん
これは凄かったですね!
モミというとどうしてもヒョロ長い姿を想像するので、何だか巨人でも見たような気分でした。
あのような姿に至るには年数以外に環境や気候等の要因もあるはずなので、本当に折れることなく姿を保ってもらいたいものです。

雪景色のモミ…是非再訪したいですね。(問題は追手神社まで到達できるのか…いや、きっと行くだろうな。)
ホントだ!あのイチョウが加わってますね。まあ巨樹として見るとちょっと迫力に欠けるかなという気もしますが、今後に期待したいところですね。何にせよモミの木の影に隠れて不遇な扱いを受けてきたイチョウにスポットライトが当たるのは嬉しい限りです。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://withphotograph.com/wp-trackback.php?p=5444
Listed below are links to weblogs that reference
兵庫県篠山市大山宮 追手神社の千年モミ from with photograph

Home > FUJIFILM XF 10-24mm F4 R OIS | モミ | 兵庫県 | 巨木たち(地域別) | 巨木たち(樹種別) > 兵庫県篠山市大山宮 追手神社の千年モミ

Archives
  • 2018 (280)
  • 2017 (115)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
CATEGORIES
tag cloud

Return to page top