Home > LUMIX G 1.7/20 ASPH. > Diary

Diary


Panasonic LUMIX GF1 / LUMIX G 1.7/20 ASPH.

京都駅前へ。
ようやく朝夕は涼しくなってきたので、早めに家を出て徘徊老人よろしく20km強漕いでから訪問。
(仕事の前に京都タワー大浴場に寄る時間も確保しておくべきだった…流石に体を動かすとまだまだ暑い。)


これ、良いんじゃないですかね。GX7MK3以上にコンデジライクなところが。
ファインダーが無いとか古さ故にAFが鈍臭いとか色々ありますが、いやだってこれGF1だよ?と割り切ってしまえば特に気になりません。
多くを求めるからストレスが溜まるのだという当たり前のことに気付かせてくれる素晴らしいカメラです。
と無理やり持ち上げてみましたが、実のところワタクシDP1 Quattroを買ってしまいそうで、その欲求を抑えんと悶え苦しんでおります。
後悔するのは分かってるだろうに一体何がそうさせるのか。シグマ…おそろしい子!

コメント:2

18-09-14 (Fri) 23:46

当時、コンデジはだいぶモッサリしてたので、小気味いいなあと感じたカメラです。
が、当時はまだスナップならモノクロフィルムでしょ、とかやってましたけどね。
こうして見てみると、デザイン的にもああルミックスね……という感じで、今でもあまり異常は感じませんね。

一方、to-fuさん、あなた今かなり危険なラインにいますよ!? とご忠告差し上げたいのと同時、ぜひ一度はシグマさんを手にとって頂きたい気持ちでいっぱい。笑
賛でも否でも、どちらも十分あり得る賭けなので、全くどうなるか予想がつかず大変エキサイティングです。
メリルとクワトロでは、クワトロの方が繊細でニュアンス表現に向く絵を出すようになったという話を聞きましたので、新旧ではなく、違うカメラとして評価する人もいるようです。
究極デザインがきついなあと思うのですが笑、性能的にはメリルよりは撮りやすくなっていると聞きました。

もし入手されましたら……おそらくこんなのカメラじゃねえ、手持ち超高画質スキャナーかなんかだ、と捨てたくなるはずですが、そういう時はとりあえず目につかないとこに置いといてもらうと、ある日突然無性に使いたくなる日がやってくると思います。
本当、恐ろしい子、異端児、エイリアン……そういう方向性の魅力があるカメラです。笑

to-fu 18-09-15 (Sat) 22:34

> 狛さん
高感度耐性とかWi-Fi非対応とか細かいところを気にし始めるとどうしようもないですが、撮影機材として見たら別に不満を感じないくらいですね、これ。綺麗に撮れてました。しかし10年前はこんなに早く銀塩が過去の遺物化するとは思いませんでした。そのデジカメですらスマホの隆盛で過去の遺物と化そうとしているし…この先写真はどうなっちゃうんでしょうね。

基本的なデザインは悪くないと思うんですけど、全面の四隅全てに文字を配置せずにいられないセンスだけは致命的。左下の誇らしげな「HD」とか吐き気を催すレベルですよ。これはもう「世界の亀山モデル」シールを貼りっぱなしにされたアクオスと同じくらい醜悪だと思います 笑

シグマさん…実は…既に手遅れかもしれません。
やっちまいました…ついに僕も…です。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://withphotograph.com/wp-trackback.php?p=6513
Listed below are links to weblogs that reference
Diary from with photograph

Home > LUMIX G 1.7/20 ASPH. > Diary

Archives
  • 2018 (257)
  • 2017 (115)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
CATEGORIES
tag cloud

Return to page top