ホーム > タグ > 京都

京都

記憶を巡る冒険


 


 


アホな遊びをしていて額をバックリ割った公園。
救急車で運ばれたが、その前後の記憶がない。


両親が今の僕よりも若かった頃から続いているスーパー。
それなりに繁盛している。


 


 


 


時代は変わる。
あまり変わっていないような気もする。

ごま







ごま。ただ名前が気になって行ってみたという話なんですが、凄く良いところでした。
昔案内していただいた、香川の詫間辺りに何となく似た雰囲気。

Diary


食後の散歩。清滝へ。







そろそろ夏も終わりかな。

2017/5/2 美山散策


Canon EOS 6D / Carl Zeiss Distagon 2.8/28 (C/Y)

特に目的もなく美山へ。
まあ天気も良いし適当に散策して風呂でも浸かって帰ろうかなと。



おっさんになると季節の移り変わりなんて本当に一瞬ですねえ。
春なんて実感する間もなく去っていきました。


これだけの薄着でも汗ばむ陽気。



遊歩道を散策したり、ちょっと山道を登ってみたり。
コレとか食べられたりするんでしょうか。
タラの芽、イタドリ、ワラビくらいは道の駅で買ったりしますが、山菜とキノコのことはよく分かりません。
山菜もキノコも昇天するくらい美味しいですけど、知識を持って採取しないと本当に昇天してしまいそうです。
土地の権利者に許可取ったりするのも面倒臭そうですしね。



ゆっくり風呂に浸かってベーコンの塊を買って帰宅。
平日でしたが、やたらと車が多かった印象。やっぱり皆さん有給取ってるんですねえ。
次回はもっと人が少ない普通の平日に来たいなあ。

Canon EOS 6D × INDUSTAR 3.5/50


Canon EOS 6D × INDUSTAR 3.5/50

ウクライナから送料込み1,800円くらい。
どれだけ弾数があるんだろう。
もう何年もカメラやレンズの相場なんて見てませんでしたが、このレンズに関しては全くインフレせずに当時の相場をキープしています。



解放気味に撮ると写りがまんまLOMOですわ。ロモ50mm。
こんな写りで35mm前後のレンズがあればおぢさん凄く欲しい。


逆光に対する耐性がゼロと言ってもいいくらいなので、真面目に撮るよりは敢えて逆光で撮ってトイカメラ的に遊ぶのに向いていると思います。


この手のレンズってたまーに「こいつだからこそ撮れた1枚」みたいなのが写ってくれるんですよね。
それはもうコントロール不能な奇跡的なナニカなんですけど。

どんな状況でも細部まで鮮明に写してくれる現行のレンズってそれはそれで素晴らしいんですが、僕が撮りたいものはその場の空気感、記憶のほんの一部なわけであって、むしろそこまで鮮明に写して欲しくないのですよ。記憶なんて曖昧でいいんです。個人的にはCADで合理的に設計された最新テクノロジーの塊よりは、社会主義の香りがプンプンする胡散臭い鉄塊に対しての方がより親しみを感じます。

Home > タグ > 京都

New Entry
CATEGORIES
Archives
  • 2017 (48)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
Comments
tag cloud

Return to page top