ホーム > タグ > 時計

時計

セイコー プレザージュ SARY085 STAR BAR LIMITED EDITIONを購入

SARY085
セイコー カクテルシリーズのSTAR BAR限定モデル、SARY085を購入しました。
(厳密に言うと発売日に購入してから約1ヶ月?未開封のまま部屋に放置してました。ははは。)

SARY085は無数の星が瞬く夜空を想起させるカクテル Starlightからインスパイアされたデザイン。
限定1,300本。実売38,800円。ヨドバシやAmazon等では完売した模様ですが、2017年12月9日現在まだ楽天辺りだと38,800円(ポイント10倍)で手に入りそうですよ。

   
どうしても長針が短いのが気になりますが、実売4万円程度の時計としては非常に良く出来ていると思います。
というか単純に文字盤が美しい。それだけで買いですよこれは。

   
光の射し具合によってグレーがかったネイビーに見えたり、鮮やかにキラキラと瞬くブルーに見えたり。
文字盤を眺めてるだけで酒の肴になりそう。

カクテル新モデルになって文字盤に”PRESAGE”ロゴが入ったことに賛否ありましたが、個人的には実物を見た限り結構シックリ来てると思いました。
むしろブランディングを考えたらもっと早く入れておくべきだったんじゃないでしょうか。


風防はカーブガラス(非サファイア)。
サファイア原理主義な人もいますが、僕はもう内面ARコーティングダブルドームサファイアはお腹いっぱいです。
風防なんて普通に着けてたらそうそう傷付かないし、傷が付いたら研磨するなり交換するなりしたら済む話ですよ。

   
ムーブメントは4R35。ファイブの7Sムーブに秒針ハックと手巻きを付けたアレです。
旧カクテルは6R15(セイコーでは1個上のグレード)搭載だったので、これは完全にコストカットですね。
まあぶっちゃけ4Rと6Rなんて大差無いです。どうせオートメーションでポン乗せなので、壊れるまで使ってセイコーに送って新ムーブに載せ替えてもらいましょう。

ベルトは光沢有りの紺色カーフレザー。顔料コーティングされた所謂ガラスレザーみたいな質感で値段相応な感じです。気に入らない人は本クロコに換えちゃいましょう。
バックルは三折れタイプのワンプッシュDバックルです。そのためベルトが上下逆付け(剣先12時側、尾錠6時側)されています。決して嫌がらせじゃありません。

   
旧モデルと比較するとややコストパフォーマンスが落ちた感は否めませんが、この美しい文字盤を眺められるんだから別にいいじゃないですか。
セイコーカクテルとして見ず、4万円の単体の腕時計として見たら充分お買い得ですって。

そろそろ定価未満で買えるショップもなくなってくるかな…という気もするので、気になっている方は行っちゃいましょう。

SEIKO SKX007KD ブラックボーイを購入

SKX007_01
セイコーダイバーズ最廉価モデル。通称ブラックボーイ。
今さらながら原点にして頂点と名高いSKX007 通称ブラックボーイを購入してみました。

まあ有名すぎる1本なのでレビューも何もありませんが。

SKX007_02
このジュビリーブレスがいいんです。クネックネ。
チープですが軽く、腕にぴったり吸い付くような装着感。

SKX007_03
もうね、何度も言いたくなるくらいクネックネ。
ペラい鉄板をつなげただけというチープな中板も潔し。
決して馬鹿にしているわけではなくて、だからこそ軽快で装着感が良いのです。
購入するならウレタンバンド版ではなくて絶対にこちらのジュビリーブレス版がオススメ。


実売2万円未満にして200m空気潜水用の本格派ダイバーズウォッチ。
手頃な価格、無理のないサイズ、軽快な着け心地。これは売れますわ。

そろそろディスコン?という噂が絶えませんが、このブラックボーイとSARB033、035はセイコー最後の良心として作り続けて欲しいと切に願います。

Lew & Huey Orthos – Blue & Orangeについてのメモ

ORTHOS_01
新興マイナーブランド勢の中ではわりとメジャー?
Lew & HueyのOrthos。ブルー文字盤×オレンジベゼルのモデルです。

旅行用の腕時計携帯ケースにしまったままずっと存在を忘れてた
しばらく使ってみたので購入を検討されている方へのメモ。

・新興勢同価格帯ブランドの中ではかなり質感良いです
研磨の使い分け、インデックスの処理…等々。実物を触って後悔することは無いだろうと思います。最近買ったEVANTやBOREALISよりは間違いなく丁寧だしコストもかかってますね。

・ブレスがアメリカンサイズ
私の手首は日本人平均サイズの16.5cmですが、このモデルはフルコマ外してもやや緩いです。手首出っ張りの骨より肘側に着けるのが正しい腕時計の着け方ですが、緩いので手の甲側に来ます。私が元々キツめのキチッとしたフィッティング好きだということもありますが、手首15〜16cmの方だとブレスが使い物にならない可能性大。

・しばらくはOHだけでなくアフターパーツのストックもあり
テトラポットでこけた際ベゼルインサートの12時付近と9時付近に小さな打痕ができまして…自分、けっこう神経質なのでLew & Huey代表のChris Vail氏にベゼルインサートだけ売ってもらえないか聞いてみました。アフターパーツはかなりの量をストックされているそうです。

ただベゼルインサートの場合、部品代15ドル(かなり安い)はいいとして日本への送料が35ドルかかるそうで…ペラペラのベゼルインサートに現在のレートで約6,000円(当時は5,000円くらいでした)は流石に出せねーです。交換用ベルトや他のモデルを購入する際、Chris氏に連絡して併せ買いすると良さそうですね。私は貧乏なのでこのまま使い続けることにしました 笑

OHは近所の修理屋さんで充分でしょう。どうせ中身はミヨタとセイコーです。
このモデルも中身はセイコーNH35(外販用4R35)でした。

ちなみにChris氏の連絡先ですが、海外のフォーラムやウィキペディアにはlewandhuey.comが公式サイトだと記載されていますが、現在はそちらのサイトを閉鎖してLew & Hueyその他諸々販売しているJANIS TRADING COMPANYを運営されているみたいです。Supportページのコンタクトフォームから連絡すればOKです。

Orthosは色使いが素敵な時計です。
私はこのカラーリングとロゴの犬が気に入って購入しました。

新興系でアフターパーツまでしっかりストックしているところは限られていると思うので、マイナーブランド初心者の方にも敷居は低いかと思います。

Bell&Ross ベル&ロス BR123-92 スポーツヘリテージ(中古)を購入

br123_01
衝動買い。
Bell&Rossは以前BR03-92を並行新品で購入したものの、結局1年足らずで手放しました。
デザインは本当に好みだったんですが着け心地がそれはもう最悪で…。

文字盤のデザインがBR03-92に近く着け心地が良さそうな丸形のBR123は、実はずっと購入候補の一角だったのです。
アンティークのプレキシガラスを意識して大きく膨らんだドーム型のサファイア風防も好み。

br123_02
今年の7月末に国内並行店で新品購入された個体。
1ヶ月半しか使われていないにもかかわらず、市場価格より遙かに安い金額だったのでつい手が伸びました。
元々BR123はいつか購入したいと思ってましたし、何より最悪しばらく着けてから手放しても余裕で黒字になるくらい安かったのです。

ただ、やっぱり安いにも理由があるわけで。

br123_03
Oh…ラグが傷だらけ。
たった1ヶ月半でどんな扱いをすればここまで傷だらけになってしまうのか…
きっと1日1万回のベルト交換を日課にしていたんでしょう。荒行の一種です。

軽く磨いただけで結構目立たなくなりましたが、手強そうな傷も散見するので修理屋に持って行こうと思ってます。
この程度の傷なら簡単に綺麗にしてもらえるはず。自分が付けた傷は全く気にならないけど他人が付けた傷は何かイヤ。

br123_04
Bell&Rossの時計は本当に雰囲気良いんですよ。
文字盤の配置バランスが神懸かってる。
BR03も雰囲気だけは抜群でした。

br123_06
もう少し涼しくなったらベルトをヴィンテージカーフに交換したい。


とりあえずレザー製NATOストラップに。
やっぱりBell&Rossの時計はブレスやラバーよりも圧倒的にレザーが映えると思う。

小ぶりな角型、BRSシリーズのゴールデンヘリテージかオフィサー ルテニウム辺りも欲しくなってきた…近々試着しに行こう。

シチズン × イギリス海兵隊 Royal Marines ロイヤルマリーン BN0110-06E

royal_01
海外のショップの投稿画像を見ていたら何やらシチズンの気になるモデルが。
で、調べてみるとイギリス海兵隊とのコラボモデルでイギリスでしか販売していない模様。
(シチズンとイギリス海兵にどんな接点があるのかは完全に謎…)

試しに在庫を持っていたイギリスの時計店 H.S.Johnsonさんに日本在住の日本人だけどOK?と聞いたら了承してくれたので、無事購入に至りました。

royal_02
この夏、川遊びで大活躍。
派手派手なセイコー×PADIのソーラーモデル、SNE435P1と気分によって使い分けていました。

royal_03
ベルトは本来質感の高そうなケプラー繊維製ナイロンベルトが付いていたんですが、同じベルトを取り寄せるのに難儀しそうなのでマルマンのバリスティックナイロン製ベルトに交換しています。裏張りはたぶん合成皮革のロリカ。水や汗に強い良い素材です。これで約2000円は安いわ。

royal_04
裏蓋のないチタン製ワンピースケースの30気圧防水、視認性の高いアラビアインデックス、ソーラー充電、サファイア風防…ある意味シンプルで面白みのないデザインですが、これ1本でどんなシチュエーションでも行けてしまう懐の広さを感じます。

royal_05
販売元によると風防は内面ARコーティングのサファイア。との事でしたが、例の青っぽい反射が見られませんね。
Sinnの556と同じで無色コーティングなんでしょうか。ぶっちゃけ無反射コーティングが施されていても普通に反射するので、役に立っているように感じないのですが…
そもそも文字盤と針のコントラストが非常に高いので視認性に関するストレスは全く感じないです。


6時位置のROYAL MARINES COMMANDOが良いアクセントになってます。
デイト窓の隣のチタニウム(色味で分かるわ)サファイア(書かんでよろしい)が蛇足ですが、その辺はまあ良くも悪くも国内メーカーらしいなーという感じ。
デザインは全体的にバランス良くまとまっていると思います。

入手経路が限られるのがアレですが、Paypalアカウントと中学生レベルですら危うい程度の英語力があれば簡単に購入出来ます(とりあえず先述のH.S.Johnsonさんはコンタクト無しでいきなりカートに放り込んで購入しても大丈夫です)ので、結構オススメです。これ。

Home > タグ > 時計

New Entry
CATEGORIES
Archives
  • 2017 (92)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
Comments
tag cloud

Return to page top