ホーム > タグ > SONY DSC-RX100

SONY DSC-RX100

2017/2/13 チャリンコ 保津峡


運動がてら保津峡まで行ってみることに。
嵐山からトロッコ電車に乗って保津川下りするのが有名なあの川ですね。
府道50号はいわゆる”酷道”で、車で行くと無駄に神経をすり減らすことになるのでもちろんチャリンコです。 全文を読む

2017/2/6 美山散策


仕事が一段落したので、ぷらっと美山まで。
京都市内から大体1時間ちょっとで到着。 全文を読む

Diary

150817_3

150817_2

150817_4

150817

150817_5

常に誰かと行動を共にしていたので一人の時間が持てず。
そろそろ釣りに行ったり、海を眺めながらぽけーっと休みたい。

この夏の思い出というと一発目の海水浴で防水デジカメが早速お逝きになられたことと、コテコテのサマーチューン(バハメンとビーチボーイズ)ばかり流していて、それらが頭から離れなくなってしまったことが忘れられません。あと、バリィくんだと思い込んでいた今治のゆるキャラが実はバリィさんだったこと。

数年ぶりにバーベキューをやって、何よりもナスとズッキーニが美味く感じたことでオッサンになったんだナーと実感しました。

セイコー プロスペックス ダイバースキューバ SBDC001

セイコー SBDC001
先月末までに手持ち案件を外注先に丸投げできたので片付ける目処が立つところまで進んだので、8月に入ってからはのんびり休暇中。
とはいえ昼間からだらだら酒を飲んだり家族サービスをしたりとなかなか釣りには行けず、もっぱら家族で海水浴や、その合間に素潜りをして過ごしております。

(どうでもいい話ですがラッシュガードって凄く良いですね。恥ずかしながら今年になって初めて着ましたが、毎年恒例の「背中が焼けすぎてヒリヒリ」の心配が完全に無用に。日に焼けるとシミになるオッサンには必須アイテムだと思いました。)

150805_3

チュードルのブラックベイを着けてザップンザップン潜ってました。
いや、海水浴はまあOKとして、素潜りして岩の間に手を突っ込んだり磯をよじ登ったりするのは流石にちょっと気が引けるわけです…

そこで、海水浴・素潜り専用にセイコー プロスペックス ダイバースキューバ SBDC001を購入。
先日購入したセイコー SARX019と同じ6R15ムーブ搭載の、自動巻きダイバーズウォッチ。

150805_4

アクアタイマー、ブラックベイ、サブ、SBDC001…何だか似たようなデザインの時計が増えてきましたが…

150805_2

ブレスの着用感が値段相応にイマイチ(パッと見3連ですが、実は3連ではなくコマが繋がってるタイプ)なので、軽快なNATO風ベルトに替えてみました。
トリコロールカラーですが、よくあるフランスカラーとは逆並びの所謂パトリオットトリコロール。アメリカ国旗イメージの方です。
定番のフランスじゃなくて敢えてアメリカを選んだ理由は、単純にAmazonで安かったから。
別に僕はUSA!USA!的マッチョな政治思想を持っているわけではありません。

うーむ、しかし何だか狙いすぎててコレジャナイ感があるので、近いうちに純正ウレタンバンドに替わっているかもしれません。

あ、ちなみにコレはNATO「正規品」ではなくてNATO「風」の方です。
両方買ったことのある方はご存じかと思いますが、NATO正規品は硬くて装着感が悪い上に造りが雑すぎるので、正規品というワードに何となく優越感を得られるという奇特な方以外は、安くて柔らかくてクオリティの安定しているタイプ品の購入をオススメします。

– 追記 –

150807

早速セイコーのウレタンバンド(型番 DB73BP)に付け替えました。
しかしこの時計、ラグ幅が22mmだったらもっと文字盤とのバランスが良かったんじゃなかろうか。
実際は20mmなのでベルトがやけに貧相に見えてしまう。

まだ新品購入直後なのでアレですが、日差は+3秒程度と非常に安定しています。
他所様のブログを見ていると-40秒なんて恐ろしい報告も見られたので戦々恐々でしたが、ハズレ個体ではなさそうなので一安心。

しかしセイコーの6R15シリーズを見ていると、つい色々買ってしまいそうになりますな。値段も手頃だし。
でも次に国産買うならシチズンかな。

オリムピック ヌーボコルト プロトタイプ GNCPS-542UL-HS 試し釣り

150713

ロッド: オリムピック ヌーボコルト プロトタイプ GNCPS-542UL-HS
リール: シマノ 13ソアレCI4+ C2000PGSS
ライン: エステル(アジングマスター)0.3号+フロロ3lb
釣果: アジ40〜50匹、子めば1匹

いつものポイントに到着するも…

150713_2

立ってられないレベルの強風。予報を見て強風だということは知ってたんですよ。でも今日しか釣りに行けそうになかったので仕方ない。
フロート…キャロ…イヤすぎる。おもんないし。
普段なら即帰路につくパターンですが、今回は新ロッドを振り回したいので移動することに。

150713_3

車で30分くらい。素晴らしい夕焼け。
せっかく福井まで来たのに風強いし釣りにならんし…と荒みつつあった心が洗われるようです。

フォールの釣りで15cmくらいのアジが5、6匹釣れるも反応薄し。
どうも表層に湧いているサヨリの稚魚を追い回しており、ワームはスルーされている模様。なるほど。。。

150713_4   150713_5

シーバスやってたころからベイトがサヨリの時の釣りは得意なんです。
18〜20cmのアジがほぼ1投1ヒット。40〜50匹は釣ったと思う。
こんなに持ち帰っても仕方ないので途中から適当にリリース。結局持ち帰ったのは20匹弱でした。

ヌーボコルト プロト GNCPS-542UL-HS…良いわ…
これより高いアジングロッドも色々持ってますが、これ触っちゃうとお前らぼったくり過ぎだわ、と感じてしまうくらい良く出来ています。

まず、とにかく軽い。宵姫EX 51とほぼ同等だと思う。
腕の延長とまでは言いませんが、もう枝ですよ枝。枝を振ってる感じ。
「軽けりゃ良いってわけじゃない。バランスです。」などとのたまうメーカーも散見しますが、同じ手元でバランスを取るとして、より軽量にバランスが取れた方が当然感度は上がりますからね。

ティップはやや硬め。所謂パッツン系のロッド。手元への反響から察知して積極的に掛けるロッドです。
5ft台のロッドを柔らかくしたところで所詮タメが効かないので、個人的には硬めの方が使いやすい。
柔らかいアジストTZ 58は正直まだ使いこなせてません…

今日は20cmくらいのアジが対象でしたが、1000番台のリールをセットして豆〜25cmくらいのアジを相手に楽しむのが一番適した使い方なのではないかと。このロッドで尺オーバーのアジや25cmクラスのメバルをぶっこ抜く勇気は、僕には無いです。

– 追記 –

bent01   bent02

ベントカーブのサンプル。
左側が50gのオモリ、右側が100gのオモリです。

200gも試しましたが…恐怖を感じたのでやめました。
尺アジが200g前後らしいので、やはり抜き上げは厳しいと思います。

Home > タグ > SONY DSC-RX100

New Entry
CATEGORIES
Archives
  • 2017 (26)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
Comments
tag cloud

Return to page top