ホーム > タグ > SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

Diary


SIGMA fp / SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

3:20喉が渇いて目覚める。二度寝しようか悩んだが今さら寝るのもなあと着替えて伏見稲荷大社へ。昨晩少し雨が降ったからか、とても涼しい。到着時点で21℃しかなかった。少しずつ秋の気配が近付いてきている。


今週中でひととおり仕事を片付けて来週は岐阜県の石徹白大杉を目指そう。

Diary


SIGMA fp / SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

仕事。そしてGoogleMapを眺めて次の旅へと備える。
次回はそろそろ車中泊でもいいかもしれないなあ。

巨樹めぐり再開


SIGMA fp / SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

4:20起床。表題のとおり久々の巨樹めぐり。といっても比較的近場の2箇所だけですけど。
日々の楽しみだったはずなのに一度遠ざかると出かけるのが億劫になってしまってダメですね。しかし遊びが疎かになると、今週末出かけるために仕事を頑張るぞ!みたいなメリハリまで無くなってしまいがちで、公私ともに何となく「とりあえず今年はただ乗り切るだけでも上々なのでは?」と無気力な状態が続いておりました。それもこれも皆新型コロナのせいで…などと言い訳しておけばそれなりに聞こえるものですが、それが単なる甘えだということは私が一番よく知っている。別にウイルスや国が私のケツを拭いてくれるわけではないのです。

ということで行ってまいりましたが、朝日を浴びながら汗だくになってあーでもないこーでもないと巨樹のまわりをグルグル歩き回ることは、やはり至上の喜びでありました。目の前にある、どうやっても人間の力では撮り尽くせないモノに対してどう向き合うか。頭の中を空っぽにして無心でファインダーを覗いたのは本当に久しぶりな気がします。(先日も大阪の「野間の大ケヤキ」を撮影しましたが、家族連れだったので流石にそこまで没入できませんでした。)そうだ、自分はこの体験のために毎日何とか頑張ってたんだよな。


こちらはまだ未掲載の巨樹ですが実は今回二度目の訪問。立地を含めてすごく気に入っていて、絶対にまた来ようと思っていたのです。(今回の訪問を機に、近日中に記事をまとめてしまわないと。)こちらを離れた時点でまだ10時前。まだまだ寄り道できる時間帯…というか普通の人ならここから一日が始まるくらいの時間ですが、本日はリハビリ的な巨樹めぐりということで大人しく帰路につきました。

本日の教訓は余程の大場所でもない限り85mm単焦点は巨樹撮影に全く役に立たないということ。いや、分かっちゃいましたけど。なんたってワタクシ過去にはFE 1.8/85を試し撮りしただけで売却してますからね。でもこれ一本で「加茂の大クス」なんか撮ったらめちゃくちゃ面白いと思うんですよねえ。徳島に行けるのは一体いつになることやら。はあ。また明日から頑張ろう。

Diary


SIGMA fp / SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

久しぶりに御室八十八ヶ所霊場めぐり。気温がまだ上がりきらない9時頃から1時間半、写真を撮りながらのんびり歩いた。
微かに夏の終わりを感じるそよ風が吹き始めている。今年の夏は人生で最も歩いたのではないかなあ。学生時代よりも体を動かしたように思う。

Diary


SIGMA fp / SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

4:20起床、5時から1時間の散歩。この半月ほどで随分と日の出時刻が伸びてきたように思う。5時だとまだ暗い。
それにしてもこの1.4/85 DG DN、いいなあ。今のこの日々ただ前日をなぞるかのような生活スタイルだとどうしても以前のようにパシャパシャ撮り散らかす気分にはなれないので、目に留まったものを中判カメラのようにじっくりピント合わせして10枚くらい撮って帰るのが一番しっくり来ている。もう昔のような撮り方に戻ることはないのかもしれないな。良いことなのか悪いことなのか分からないけれど、人間も写真も移り変わるものなんだなと。


ムスメ×2を連れて川遊びへ。これは降るな、ということで帰宅。たしかに降るには降ったが一瞬で止んでしまった。少しは空気がひんやりしたかと言えばそんなこともなく。ただただ蒸し暑い。本日は毎月恒例の刺身全品半額デーにつきタイ、ヒラメ、マグロ、ハマチと色々買い込んで夜に備えている。

Home > タグ > SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

CATEGORIES

Return to page top