with photograph

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

関西は本日梅雨入り。
らしいけど、スカッと抜ける真夏のような青空が広がっていたので田舎道歩きを。
水筒に詰めてきた500mlの麦茶が行きの車の中で全てこぼれていて無事死亡。
蓋がしっかり閉まっていなかったのだった。シートびっちゃびちゃですよ。


PENTAX 645Z / PENTAX smc PENTAX-D FA645 55mm F2.8 AL [IF] SDM AW

陽の光をたっぷり浴びて、無人の小さな神社に腰掛けて読書。
帰宅後は滋賀県長浜の六瓢箪 吟醸を高知産初ガツオのお刺身と。角長の「湯浅手づくり醤油」でいただいてみる。

角長の濁り醤(180ml約850円)は庶民の私の普段遣いにはややヘビーなのでワンランク落とした手づくり醤油(300ml約750円)に変えてみたけれど、これはこれでとても美味しい。濁り醤の芳醇な香りと舌の上にぶわっと広がる旨味には劣るものの、この味わいは間違いなく本物の醤油。ちょうど昨年漬けた梅酒が出来上がったところなので、梅酒と一緒に煮切って梅醤油にしてみても美味しそうだなと。

全国出かける度に色々な醤油を買ってみて、今のところ香川県小豆島の「鶴醤」と和歌山県湯浅の「濁り醤」がツートップで美味しい。

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

高性能化と地獄のような円安で価格の高騰が止まらないカメラやレンズ。
で、ふとPENTAX製品の相場をチェックしてみると、あまりにもお手頃すぎてビビるわけですよ。
FAリミテッドシリーズなんて、この質感のレンズをあんな金額で売って儲けが出るのだろうかと心配になるレベル。
旧smc版からHDコーティング版にモデルチェンジして若干お買い得感は薄れましたが、それでも。


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

FAリミテッド3本の中で一番のお気に入りである77mmに関してはPENTAX応援のためにもHD版を買い足そうかと考えているのですが、たまに43mmやこの31mmを持ち出すと「ん?なんだよ43mm(31mm)も最高のレンズじゃないか!」と再認識するわけです。FAリミテッドレンズに比べると山岡さんの鮎はカスや。と、結局3本とも買い足してしまいたくなる沼よ。

そういえば今日久しぶりに自転車屋にロードバイクを見に行きましたが、カメラと同じで数年前の感覚からするとお値段が倍くらいに高騰してますねえ。ミドルクラスの完成車ですら一昔前のハイエンド級のお値段という。店員さんに「円安落ち着いたら出直しますわ…(たぶんもう買うことはないな)」と伝えて退店しました。

ロードバイク業界はカメラ業界よりも悲惨で、この数年間のユーザー離れが半端ではないらしいですよ。
まあこの状況では売れなくなるよなあ。マナーの悪いやつが多すぎて、最近自転車乗り全般叩かれがちですし。
自転車乗りの私ですら「自転車乗りの8割は交通弱者ぶった超悪質な交通加害者」だと思ってますもの。

Diary


PENTAX 645Z / PENTAX smc PENTAX-D FA645 55mm F2.8 AL [IF] SDM AW

PENTAX Film Project Story #04 新フィルムカメラ PENTAX 17発表

遅ればせながら視聴。熱いなあPENTAX。正直私にとってフィルムカメラはもう既に過去のものであり今さら戻る気はありませんが、それでも胸が熱くなりました。やれ何連写だ4K120pがどうだと自分には必要と思えないスペックばかり競い合う最近のカメラ業界を見ていると何となく気持ちが冷めてくのを感じていましたが、こういう変な方向にクソ熱いPENTAXの姿勢を見ていると、この業界もまだまだ捨てたものではないのかも、と希望が持てる気がしてきます。

もういいんだよ、最新のセンサーがどうしたとかそういう話は。くそ熱いカメラの話を聞かせてくれ。ということで、今手元にあるPENTAXのカメラをより一層大切に使っていこうと改めて強く思う。今日のお供はK-1と645Zに決まりだ!(馬鹿みたいに暑いのに馬鹿みたいに重いカメラよ…)

別にフィルムでなくデジタルだって写真はいくらでも楽しめるわけで、是非ともその熱意をデジカメづくりにも向けていただきたい、というのが私の願い。
完全フルマニュアルのLXデジタルをLEICA M10みたいに持ち歩きたい。

Diary


FUJIFILM X-H2 / FUJIFILM XF 56mm F1.2 R

久々のまとまった雨。昨日存分に歩き回ってきたため特に引きこもりも苦にならず。
今月は先の富山遠征で一ヶ月分楽しみ尽くした感があるので、今はただ来月の旅に向けて無心で頑張ろう。


Nikon Z6IIIが発表されました。何か凄いですね。私は動画関係全く興味ないので物欲がピクリともしませんでしたが。
辛うじてメカシャッターが搭載されていて救いを感じた反面、いよいよ近い将来メカシャッター機は駆逐されるのだろうなと予感したり。
通貨がゴミと化した国内価格を見ると大幅値上げでビックリ。しかしドルベースで見るとお値段ほどんど据え置きで逆の意味でもビックリという。
これはまあ海外では大ウケするのではないかなあ。

そしてPENTAX 17も発表されたわけですが。
正直正面画像を見て「うわっ…ゲテモノ…」と軽く引いてしまいましたけど、全体を見るとペンタックスらしくて意外と悪くないかも?

ただ身も蓋もない話をすると、これに8万円出すくらいなら1万円でPEN Sでも買って7万円分のフィルムで撮りまくる方が写真趣味的に充実するんじゃない?って気がしなくもない。フィルム文化の継続とやらの要は間違いなくカメラよりもフィルムや現像環境の方にありますしね。環境負荷とか考えても時代に即してないし、今後復権するとは考えにくいからなあ。ドライウェルとか、もろ界面活性剤っスからね…

Diary


LEICA M10 / Voigtlander ULTRON Vintage Line 28mm F2 Aspherical TYPE 1

今週中に梅雨入りが発表されるらしいので今のうちに!ということで、のんびり清滝~保津峡あたりを徘徊してきた。
歩き回って汗まみれになったタイミングで足先をそっと冷たい川に…たまらんです。
毎日こんなことばかりできるなら夏も悪くないのだけど。そうはいかんね。うん。


FUJIFILM X-T5 / FUJIFILM XF 35mm F1.4 R

本日もリアラエースを使いたいがためだけにX-T5。
X100VI発売前の加熱っぷりにウンザリして急遽購入したX-T5だけど、結果的にレンズ交換が楽しめるこちらを買って正解だったと思っている。
まあX-H2と役割が被っているといえば被っているわけですが。そんなX-T5もまた欠品続きでプレミア化しているらしく。本当にばかじゃないかと思う。

今晩はニコンさんのZ6IIIが発表されるそうですが、くそみたいな転売祭りにならないことを願います。
古参写真ファンの私ですら最近のカメラ業界を見ているとカメラがどんどん嫌いになりますよ。

Home

CATEGORIES

Return to page top