Home > Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8

Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 Archive

Diary


SIGMA fp / SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

SIGMAはいつになったらfp向けのコンパクトな単焦点レンズを出すのかと愚痴を言い続けてきましたが、どうも3.5/24、2/35、2/65の3本を同時リリースするという情報がリークされた模様。グチグチ言って結局何も買わないというのは人としてちょっとアレなので、とりあえず1本買うつもりではおります。ハイ。

24mmはFE 1.4/24 GMがあるし役割的にLEICA Qと被りそうなのでパス、本音を言うと一番使ってみたいのは65mmという絶妙な画角なんですがこの1.4/85 DG DNとモロに役割が被りそうなのでこれもパス。そうすると実用性も高そうな35mmかなあと。実は四国から帰ってきてすぐにX100Vを某新宿中古店に売却したので、お手軽散歩用35mm枠がちょうどぽっかり空いているのです。しかしLマウントアライアンスさんは本当に攻めてますなー。私がフルサイズミラーレスに身を投じた頃はソニー一択で他に選択肢そのものがありませんでしたが、もし今一眼レフからミラーレスに乗り換えるなら間違いなくパナソニックに賭けていたと思います。いちユーザーとしてはやはり挑戦的なメーカーを応援したい。デジタルの世界において停滞は即ち死と同義です。


SIGMA fp / Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8

無事今月のノルマを終える。最近やる気が急降下中で11月末にして早々に年内の仕事納めとしたいところだけど、客先にぶん殴られそうなので心の中に留めておく。カメラ片手にぷらぷら散歩していたらいつもの無人販売で立派な紅芯大根が3本100円という破格値だったのでゲットしてきた。今月に入ってからというもの、大根類とかぶら類が異常な美味さで我が家のテーブルを席巻している。そろそろ淀大根の季節だなあ。

Diary


SIGMA fp / Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8

いやー…某ブログでドラえもんのひみつ道具並みのオーバーテクノロジーが存在することを知ってしまいましてね。
寄る年波には勝てず、楽天市場で電熱ベストを購入してしまいました 笑

結構温かいですよこれ。そこまで熱ッ!というほどでもなく、じわーっと温かくなってくる感じ。人間が本来持つ体温調整機能に異常をきたしそうなので普段着るつもりはありませんけど、寒空の下での星景写真や真冬早朝の巨樹撮影などのほとんど動かない撮影で活躍するんじゃないかと。クソダサデザインも所詮インナーなので外からは全く見えないというのも良い。え?お店で上着を脱ぐときですか?バレないように上着と一緒にスッと脱いでくださいよ 笑

安物なのでアレですが、やたら石油溶剤系のニオイがきついのが難。しばらく日光に晒しておけば落ち着くと思いますが。


あとは昨晩、本当に久しぶりに外のお風呂に浸かってきました。何ヶ月ぶりだろうかと思い返してみたんだけど全く思い出せない。風呂上がりの牛乳か、自宅に帰ってビールを流し込むまで辛抱するか。そんな究極の選択を迫られたのも随分と久しぶりでした。まあ風呂上がりはビールよりも牛乳派なんですけどね。

Diary


SIGMA fp / Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8

目標とは達成するために立てるもの。目標を立てた瞬間、既にそれは為されているも同義なわけです。
ということで今月「志々島の大楠」を目指すことに決めました。船はオープン・エアーだし島で外食、宿泊をしなければまず島民の方との接触もないはず。
(そこらの街中であればここまで神経質になる必要もありませんが離島は当然診療施設ゼロなので、感染者が出るととんでもないことになってしまう。)

しかし改めて現地までの高速代など必要経費を計算しましたが、橋を渡るだけでアホみたいに高いですよねえ。東京に出るのと大差ない金額とは如何に。
四国の観光がイマイチ盛り上がらない一番の理由があの橋の通行料の高さにあると思うんですけど…何とかしていただきたいものです。

Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8を購入


FUJIFILM X100V

ここ最近購入してきた最新テクノロジーの粋たる単焦点レンズたちは、そのどれもが素晴らしい描写を見せてくれる。SONYの1.4/24 GMにSIGMAの1.2/35 DG DNと1.4/85 DG DN、そしてPENTAXのDFA★1.4/50。どれもこれも本当に文句無し。パーフェクトな写りです。しかし…なんだか時にはしんどいわけですよ。毎朝防湿庫を覗き込んでは今日はどのレンズを持ち出そうかなんて考えるんですが、俺はこのスーパーレンズで何を撮るつもりなんだろう、と。いえ、別にいいんですよ?お昼ごはんのカレーを一枚撮って帰ってくるだけでもいいんです。ですが大層な機材を持ち出すからには何かビシッと撮らないと的な重圧があったりしませんか?そんなときこそMFレンズなのではないだろうか。

ということで購入してみたノクトン1.4/40がとても好感触だったもので、今度はヘリアー1.8/75を購入してみました。こちら既にディスコン扱いなので新宿某店の中古美品を購入。5万円強と私からすると決して安くはない金額だったんですが、決め手は恒例のECモールが発行する全品10%OFFクーポン 笑 またも割引上限5千円のそれを入手したものですから、まんまと購入してしまいました。Mマウントレンズって全く値動きしないので、もし気に入らなかったらほぼ損差無しで売却できますからね。試さにゃソンソン、ということです。

早速散歩がてら少し試し撮りしてきました。

全文を読む

ホーム > Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8

CATEGORIES

Return to page top