Home > PENTAX “01 STANDARD PRIME” SMC 8.5mm F1.9 AL [IF]

PENTAX “01 STANDARD PRIME” SMC 8.5mm F1.9 AL [IF] Archive

HD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WRを購入しました


PENTAX Q7 / PENTAX “01 STANDARD PRIME” SMC 8.5mm F1.9 AL [IF]

リミテッドレンズが3本揃い万全の体制となったペンタックス K-1。しかし人間とは業の深い生物です。α7RIIIだけではなくこのカメラでも巨樹を撮ってみたい…風景や星空だって撮ってみたい…だいたいボディが防塵防滴(それもペンタの防塵防滴は昔から評価が高い)なのに所有レンズが全て非防水ってどうなの?と、その欲望はとどまるところを知りません。とどのつまり、ズームレンズも1本だけ買ってみよう!ということになった次第。本当に1本だけですよ?候補はこの3本。

・HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

・HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR

・HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR

というかまあフルサイズKマウントのズームレンズ(望遠以外)といったら、選択肢は事実上これだけしかないみたいなのですが。なおAPS-C専用レンズと光学設計が古臭いサードパーティ製は端から除外しています。以下、購入に至るまでのどうでもいい経緯を。 全文を読む

また奈良へ


SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

先週以上に人がいません。黙示録的なくらいに。
何だか人類滅亡後の世界を歩き回っているような気分になってきます。 全文を読む

Diary


PENTAX Q7 / PENTAX “01 STANDARD PRIME” SMC 8.5mm F1.9 AL [IF]

最近赤大根にどハマリ中。家族総出でムッシャムッシャと食べまくってます。
浅漬けやサラダにするとすごく美味しい。食卓に彩りが出るのも良い。

そんなことよりFUJIFILM X-Pro2…つまりはXマウント一式を売却しようか悩んでおります。今のところ家族写真のメイン機なんですけど、せっかくのレンズ交換機なのに1.4/23と1.4/35を使ってしまったら他のレンズ群の無機質な写りが許せなくなってしまったので、結局どちらかを付けっぱなしなんですよねえ。で、このレンズがまた金属製で重いんですよ。サイズも重量も手持ちのフルサイズ勢と変わらないのでは、この先ボディを買い替えてまで使い続ける自信がないなあと。というか家族写真は同じフジのX70で充分じゃない?と思うわけで。写りは特に文句無し、そしてX-Pro2+F1.4勢よりもずっとコンパクトと良いことづくめなんですね、これが。

Xマウント一式売却して数日後に発表されるとウワサのFUJIFILM X100Vに買い換えてもお釣りが来るよなーという気持ちもあり、いやいやPENTAX K-1とLIMITEDレンズのセットが揃うんじゃね?とも思ったり。家族写真用カメラをX70とX100Vにして、お釣りはキープして次回に…が一番現実的な選択肢だということは分かってるんです。でも普通すぎてつまんないなあとも。そもそもX-Pro2自体愛着あるカメラなので、今すぐ手放すのもどうなんだろう。ああ悩ましい。

とり安


とり安@烏丸御池
PENTAX Q7 / PENTAX “01 STANDARD PRIME” SMC 8.5mm F1.9 AL [IF]

打ち合わせという名のランチ。仕事1割食事9割的な?
行列必至の有名店ですが平日ならオープン5分前(11:25)に店頭に立っていればまず大体一巡目に食い込めます。キャパの少ないお店なので一巡目で席を確保できなかったら数十分並ぶ覚悟が必要。ランチタイムは親子丼、唐揚げ丼、玉子丼、唐揚げ定食のみ。おすすめは写真の唐揚げ丼。京都らしく塩分控えめ、強めの出汁で食べさせるタイプなので揚げ物と言えどかるーくペロリと行けてしまいます。家で真似しようにも出汁の旨味が違うんだよなあ。久しぶりに食べたけどメチャクチャ美味しかった。

かつゆう


かつゆう@山ノ内
PENTAX Q7 / PENTAX “01 STANDARD PRIME” SMC 8.5mm F1.9 AL [IF]

行き着くところカツ丼である。カツ丼を食らわねば先へ進むことままならぬ。そう、昨日の唐揚げ定食は遥かなるカツ丼へと続くプロローグに過ぎなかったのだ。ということで結局のところカツ丼が頭から離れなくてですね。今日のランチはカツ丼にしようと心に決めていたのです。昨晩からの私の思考を昔流行った脳内メーカー的に表すなら「カツ丼:90% 旅:8% すけべ:2%」くらいのものでしょうか。左京区の「おくだ」と悩みつつ今日は右京区の「かつゆう」に向かうことに。京都外国語大学の近く。というか京都ファミリーのすぐ裏手にあります。

まずカレー皿?パスタ皿?に盛られたその姿に一体カツ丼の定義とは…と唸らされますが、兎にも角にも食欲をそそるこの香りよ。ああ、これだよこれ。カリッカリに揚げたカツをフライパンに投入。そこへ素早くとき卵を投入してからの出汁汁投入。さあここはスピードが命だぞ、なんてササッと撹拌して卵半熟、カツの衣にじわっと出汁がしゅんだところでご飯にドーン。美味いに決まってるじゃないですか。それをちょっとお行儀悪くがっつがっつと貪り食ってごちそうさま。これぞカツ丼の美学ですよ。

あ、カツ丼ですか?カツ丼教の宗派は大別すると「蓋をして少し蒸し、全体的にふわっと柔らかに仕上げるのが至高派」と「カリッとした衣の食感を残しつつ、お肉はじゅわっとジューシーこそ最高派」に分かれるわけですが、あなたが後者であるならば満足度は高いかと思われます。あとはわりと出汁の味が濃い目なので、そのあたりが人を選ぶかもしれません。私はどちらの宗派にも属さない半端者なのでとても美味しくいただきました。ふう、満足。

ホーム > PENTAX “01 STANDARD PRIME” SMC 8.5mm F1.9 AL [IF]

CATEGORIES

Return to page top