Home > SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary Archive

Diary


SONY α7RIII / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

せめて摂取カロリーだけでも消費せねばと外出の機会を窺っているのだが、真夏の日差しが邪魔をする。
一体いつになったら真夏日から開放されるのか。一年の半分が夏なんだが。


幸か不幸かしばらく作業が落ち着いているので、今月のどこかでもう一度四国の海でも眺めてこようかと妄想を膨らませている。
せっかく気候の良い秋。自転車を積んでいって、あちらに着いてからはのんびり自転車で散策するのがよいかなと。
今回も志々島に行ってもいいし別に行かなくてもいい。完全ノープランでだらだら過ごしたい。

Diary


SONY α7RIII / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

海と向き合う時間は巨樹と向き合う時間とよく似ている。
あまりにも大きなものと向き合う。
向き合っているうちに時間が溶けてなくなっていくような感覚がある。
あれは自分の内面に触れている時間なのかもしれないなと。


ただし、巨樹と違って時間制限アリ。
特にこの荒れた太平洋を相手にしていると、波飛沫が凄すぎて簡単にカメラが壊れてしまいそう。
こういう雑念を捨てられたらさぞ素晴らしい時間が過ごせるだろうという気がしているのだけど、きっと死ぬまで無理だろうな。

またもぶらり和歌山・三重撮り歩き


SONY α7RIII / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

夢だけど、夢じゃなかったー!
ということで深夜出発。那智へ。夜明け前には那智に到着し、那智海水浴場で夜明けを眺める。眺めるとはいえ今回は微妙な霧雨が降りしきる初めての悪天候。昨晩天気予報を見た時点では晴れだったのに、到着してもう一度確認してみるとしれっと雨に変わっているわけですよ。なんという無責任!と愚痴りながら、スパムおにぎりとコーヒーを朝食として大門坂へ。まあ雨の日は雨の日で綺麗ですよね。もちろん。わずか2週間ぶりの熊野那智大社でしたが、今回もやはり最高でした。


すぐに雨も上がりましたが海水も濁ったし今回は巨樹メインに回ろう、ということで久々に巨樹めぐりらしい巨樹めぐりをしてきました。と言っても新規は一か所だけで残りは全部再訪ですけれども。やはり「引作の大クス」はいいですね。のんびり歩き回った尾鷲の漁村もいい感じでした。というか尾鷲以北は「え?雨?何を仰るか。」みたいな快晴で苦笑いですよ。まあまた来たらいいさ。今年だけで4回?これだけ通うともう那智が近く感じて仕方ない。

Diary


SONY α7III / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

就寝後1時間で目覚め、夜明けまで眠れず。もう気分を切り替えてこのまま一日頑張ろうと丁寧に豆をガリガリ砕いてコーヒーを抽出、カフェインを体内に注入したところで猛烈な眠気に襲われてダウン。結局11時までくたばっていた。なんだか何もやる気にならず15時まで外を眺めながらぼーっと過ごす。15時半になって、これではいかんとおにぎりを1個咀嚼したところでようやく思考が戻って来た。今ここ。


進行中のプロジェクトがキリのいいところまで進んだら、どこか遠くの海でも眺めに行こう。別にどこの海だって構わないのだけれど、できることなら若狭湾や敦賀湾のような日本海の湾奥ではなくダイナミックな太平洋がいい。それを励みに何とか頑張るか。

Diary


SONY α7III / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

本日も子供と遊ぶ、ご近所散歩、仕事、以上。みたいな代わり映えのない一日。運良くラスト1点の朝採れ洛西たけのこを300円でゲット。ただし今回は残念ながら一級品の白子たけのこではないので、ただいま米ぬかと一緒に絶賛灰汁抜き中。恐らくこれが今年最後のたけのこになりそう。味わって食さねば。

先月購入したSIGMA 65mm F2 DG DNを持ち出して散歩したんですが、どうもこのレンズで撮った写真は全てイマイチに感じるんですなあ。購入後この65mmで撮影した写真をまだ1枚も掲載できていないという無念。この焦点距離のレンズ群の中ではペンタのFA 77mmリミテッドが圧倒的存在感を放っているので、どうしても他のレンズに対するハードルが高くなってしまっていけません。まあAFの正確さとスピード、静粛性ではSIGMAさんが圧倒的なんですけれども。どうせ時間なら腐るほどありますから、敢えて頻繁に持ち出すことで使いこなせるまで頑張ってみよう。

ホーム > SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

CATEGORIES

Return to page top