Home > Carl Zeiss Biogon 2.8/28

Carl Zeiss Biogon 2.8/28 Archive

ぶらり四国旅 2日目


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM

夜明け前の5時起床。宿近くの展望台まで歩いて朝日を眺める。その後いったん宿に戻って朝食をとって午前中はひたすら自転車をこいでいました。海に向かってシャッターを切り似たような写真を大量に量産したり、漁港に立ち寄っていかついネコさんを撮影したり。いいなあ。仕事を引退したらこんなところで暮らしたい。自転車が秒速で錆びていきそうな気がしますけど。今回マイ自転車不調のため平日使わないムスメのDAHON routeを拝借してきましたが、これ悪くありませんね。色違いのrouteを買ったら嫌がられるだろうか。


LEICA M10 / Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM

午後もまた自転車でもよかったのですが、せっかくだから山奥の巨樹を攻めてみるかということで四国中央市の山奥にある「玉取山のカツラ」を眺めに行くことに。四国中央市には仕事で何度も来ているのものの流石に山奥まで行くのは初めてのこと。客先に家族ぐるみでお世話になっているもので、来るとしたら大抵家族全員で…ええ、もちろん「山奥のカツラを見に行くぞ!」なんて言ったところで反対多数で否決されるのがオチですよ。まあ結果的にとんでもない悪路だったので、私一人で本当によかったと安堵しているところです。つるぎ町、祖谷クラスの秘境でしたねえ。路面状況はそれらと比較にならないくらいお粗末なものでしたが。そんなところにもポツポツ民家が建っているのが見えて、人間ってすげえなあと感心いたしました。(つるぎ町、祖谷と同じ感想。)

さて、今晩ものんびり休みながら明日どうするか考えよう。明日帰宅する予定ですが、どうしても「杉の大杉」を諦めきれなかったり。
しかし遠いんだな、大豊は。

キーボードクラッシャー


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM

キーボードの「O」が一切効かなくなってしまったので急遽安物のエ○コム製Bluetoothキーボードを購入。しかしこれがまたとんでもないゴミキーボードで、接続直後から入力遅延にチャタリング連発で全く使い物にならず即刻へし折って不燃ごみ袋に放り込みました。いえ、別に怒りのあまりデストロイしたわけではなく、へし折らないとごみ袋に入らなかったというだけなのですが。(とはいえ、普通に腹は立つ。)購入初日に廃棄したOA機器はこれが初めてではなかろうか。現在仕方なく10年以上前のiMacに付属していた有線式キーボードを使用しております。MacとWinのキー配列の違いがアレですが、緊急避難用としては意外と何とかなるものだなと。

コロナのせいもあって実店舗でキーボードの感触を試すことが出来ない→とりあえず間に合わせの安物購入という流れでしたが、これではお金をドブに捨てているようなものなので、今回は観念してヨドバシにでも行こうかと検討中。Web通販のおかげで色々便利になりましたが、それでもまだまだ実店舗には価値がありますねえ。

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM

嵯峨野エリア、広沢池に自転車を停めて周辺をふらふら散歩してきました。
何となく雨の日が似合う彼岸花。青空との対比もまあ悪くない?
日差しはまだまだ真夏日のそれですが、吹き抜けるそよ風は随分と秋めいてまいりました。


ほかほか新米たまんねえ。なんてヨダレが出そうになりますけれど、たしかこの辺りでは酒造好適米「祝」が栽培されているはず。
京都のみで作られるこの「祝米」は、京都府内の蔵元だけが使用することを許されています。
京都のいわゆる伏見のお酒は甘めのものが多いので好みが別れますが、祝米のお酒は美味しいので皆様も見かけた際にはぜひ。

そういえば京都の大垣書店が来月で閉店ですって。
京都の大型書店は他にも昨年の12月にジュンク堂が(たしか名古屋店と同時に)閉店しており、冬の時代が続いております。
本の好きな私ですらコロナ禍以降は一度も書店に足を運んでませんからね…悲しいことですが、街から書店が駆逐される日も遠くはなさそうです。

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM

昨日はわりと張り切って動いたので本日は自宅でだらだらと。14:50現在の歩数はなんと657歩でございます。生活習慣病待ったなしだぜ。最近疲れているからなのか海ドーン!空ドーン!みたいな至極シンプルな景色ばかりに惹かれるわけですが、日によってはそんな世界の色情報すらも鬱陶しく感じることもあり、ライカのモノクロ専用機が気になっております。ただ買ったところで実際持ち歩くかというとかなり微妙なところなので、勢いで手を出さずに熟考せねばなりません。もう少しでムスメたちが夏休みに入るので何かとお金がかかりますからねえ。まず頑張って仕事を片付けないと…

加茂の大クス


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM ・ LEICA M10 / Leitz Summicron 50mm F2 2nd

今回の香川徳島旅では特に目的を定めず、ただのんびりと海を眺めて時間を過ごそうとだけ心に決めてやってまいりましたが、唯一どうせ四国に上陸するなら立ち寄らねば…と楽しみにしていたのがこの巨樹。国宝級に値する国の特別天然記念物、加茂の大クスなのでした。ここへやって来るのは今回で3度目ですが、何度来ても視界に入った瞬間の興奮は色褪せないものですねえ。つい車の中で「うおおおおー!やって来たなあ。」なんてブツブツ言ってしまいましたもの。

全文を読む

ホーム > Carl Zeiss Biogon 2.8/28

CATEGORIES

Return to page top