Home > SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art Archive

富山県魚津市 洞杉群 2 「広場の洞杉」


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art
SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

観察路を散策、「最大の洞杉」を堪能して先ほどの広場へと戻ってきました。綺麗なテーブルとベンチが整備してあったので、荷物を置いてひとまず一服。ふう。一応パンを持って来ているので腰を据えてパン休憩でも取りたいところではあります。が、やっぱり怖いんですよねえ。その場に留まっているともちろんクマ鈴もチリンチリン鳴らないわけで、食べ物のニオイに釣られて奴がやって来るのではないか。そんなことを想像するとどうにも落ち着きません。

それにしてもデカいな…幹周では最大洞杉に及ばないとはいえ、樹形がとても美しい。いえ、この荒々しい魔物に対して美しいという表現は適切ではないかもしれませんが、とにかく造形が整っているということは間違いない。場所が開けていることも影響しているのかもしれませんが、あの観察路で見た洞杉群のような鬼気迫る威圧感は感じられません。これはこれで良いな、じっくり対峙できる。最後の洞杉としてこれ以上の存在は無い…ような気が致します。(広場→観察路を経て最大洞杉という流れもそれはそれで悪くなさそうではある。) 全文を読む

富山県魚津市 洞杉群 1 -洞杉群口~最大洞杉群口まで-


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art
SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

とうとう「洞杉群」までやってきました。当たり前のようにドウスギ!ドウスギ!と連呼してきましたが、そもそもの話として洞杉群というのは一体何なのか、というところから始めなくてはなりません。もちろんのこと「洞杉(どうすぎ)」が群生するエリア=洞杉群でございます。

ええ、そうなると当然「洞杉」とは何ぞや?という話になるわけで。洞杉とはこの魚津市の片貝川源流域に群生する、主に日本海側で多く見られるウラスギ。芦生杉(アシウスギ)の一種である立山杉(タテヤマスギ)の巨木を指します。樹齢は古いもので一千年、若いものでも数百年は経っているとされる巨木群。洞杉の多くが巨大な岩石を根本で抱え込むように生長しており、その岩を抱え込む根本の様が空洞、「ほら」のようであることから「洞杉(どうすぎ)」と呼ばれるようになりました。とまあ言葉で説明されてもシックリ来ないと思いますので、この話の続きは洞杉の写真と絡めて進めることに致しましょう。

さてこちら洞杉観察路の入口。二つの入口にはそれぞれクマ避けの鈴が設置されています。それだけクマの気配が濃いことの証明でもあり背筋が寒くなる思いですが、ここまで来て引き下がるわけにもいきません。ガンガンガンガンガンガン!!と念の為10回ほど大音量の鐘を響かせ、恐る恐る観察路へと進みます。 全文を読む

洞杉群へ


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

今年こそ絶対に行こう。そう決めていた巨樹、富山県の「洞杉群」。ようやく県境を跨いだ移動が解禁され、何処へ行こうかと考えたときの選択肢の一つではあったのですが、ちょっと距離が遠すぎるのではないかと一時は計画が頓挫。しかし色々考えた結果、車移動の巨樹めぐりならそもそも他人との接触自体あまり考えられないわけで、そこまで距離に対して神経質にならなくても良いのでは?という考えに至り、初志貫徹で洞杉群を目指すことに決定したのでした。

本当は出発早々京都市内で車の後輪がパンクしたりと色々あったのですが、そこはまあ割愛 笑
ひとまず下道で敦賀まで。数カ月ぶりの外食で英気を養いました。ああ、うんまい。ただでさえ美味しいソースカツ丼が一層身に沁みるようだ。ちなみに久しぶりの旅ということで景気付けにイッパツ外食しましたが、感染リスクを考えてこの先の3日間は全てコンビニ飯とスーパー飯で済ませています。旅の楽しみの中でも大きなウエイトを占める地の味覚を楽しめないのは残念ですが、そこはまあ時勢を考えたら仕方ありません。調子に乗って他県に進出してはCOVID旋風を巻き起こしている一部のトーキョーの人たちを見ていると、流石に他人のフリ見て…と気が引き締まります。ええ、今回は無理でも地の味覚を楽しむためにまた来ればいいんですから。

さて、ここからは北陸道に飛び乗り、一気に富山県魚津市「洞杉群」を目指してしまおうと思います。 全文を読む

帰宅しました


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

富山県→石川県をめぐる北陸旅から無事帰宅しました。昨日の夕方には帰宅していたんですが、一息ついて仕事を片付けたらヘロヘロになって20時すぎには寝てしまったという。今朝は当然早くに目が覚めてしまったので早朝の山道トレイルランを1時間ほど。シャワーを浴びて仕事中です。まだ頭の中がふわふわしていて仕事に集中出来ませんが、どうせすぐに嫌でも現実に引き戻されることでしょう。さあ、さっさと仕事を済ませて「洞杉群」の写真を整理するぞ!

素晴らしき北陸旅


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

昨日15時出発。考えてみれば京都から高速に乗ろうが敦賀から乗ろうが時間はほとんど変わらないじゃないか、ということで敦賀までは下道で行って、浮いた差額分でヨーロッパ軒のソースカツ丼を食べてから魚津へ向かうプランに変更。(たった10分の違いで2,000円の差があるのですよ。)ええ、実は出発して早々に車のタイヤがパンクしましてね…鋭利な何かを踏んづけてしまったようで速攻スペアタイヤにチェンジして最寄りのガソスタへ。これくらいなら穴塞げますよ?ってことだったんですけど、長距離走行&山道走行する予定なので大事を取ってその場でタイヤ×2を交換致しました。ああ、タイヤ代で旅費の倍以上のオカネが飛んでいく 笑

ということで最悪の出発となりました(オカネ以外にも1時間無駄になった)が、気を取り直して出発。あ、ソースカツ丼はめちゃくちゃ美味かったです。なんといってもコロナ騒動始まって以来数ヶ月ぶりの外食ですからね…ええ、これでも結構「気にしぃ」(関西弁)なので外食や散髪など、他人との接触を徹底的に避けてたんですよ。ああ、人様が作ってくれる、あまつさえ片付けまでしてくれるメシの何と美味きことか。感無量です。

あ、怪我の功名と言いますか、出発が遅れたおかげで石川県で素晴らしい夕焼けを眺めることが出来ました。高速を走りながら水平線に沈む太陽を見て「おおおおおおーーーっ!!」と一人で騒いでたんですけど、安宅PAから徒歩で海岸線まで出て完全に日が落ちるまでぽけーっと夕焼けを眺めることが出来ました。盆地民にとってはかなりの感動なんですけど、この辺にお住まいの方はこのオーロラのような夕暮れを毎日見飽きるくらいに眺めてるんですかねえ。いや、もうとっくに見飽きていて夕焼けだと意識することもないのか?そんな人生もあるのかと思うと許し難…いえ、羨ましいですホント。


そこから車中泊して5時起床からの色々と割愛しますが、とにかく富山県の「洞杉群」は本当に素晴らしかったです。巨樹に全く興味のない方にも死ぬまでに一度は訪れていただきたい。(ただし複数人でどうぞ。)それからさらに割愛して色々巡りつつ安宿にチェックインしてちびちびやっております。富山といったらやっぱり「立山」の特別純米と、地物のふくらぎ(ブリのちっちゃいの、です。北陸の人と釣りする人くらいしか分からないかも)の刺身と白えびカマボコを。余所者の京都民が飲み屋に行くのは流石に人様に不快な思いをさせないかとちょっと抵抗があり、今回は宿でのんびりと。そして宿にせっかく大浴場があるんですけど超絶クラスターなトーキョーの人とかが出張で来てないとも限らないので備え付けのユニットバスで済ませました。まあ締めるところは締めて、ですねえ。

明日はまあぷらぷら名所を巡りながら、のんびり京都まで戻ろうと思います。山中温泉に浸かって「栢野の大杉」だけは再訪したいなあ。ということで、ご清聴ありがとうございました。立山を飲みながらポチポチやってるので、既に酔ってます。

ホーム > SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

CATEGORIES

Return to page top