Home > LEICA Q

LEICA Q Archive

fitbit versa2をversa3にリプレイスしました


LEICA Q

約2年半使ってきたfitbit versa2から後継機種のversa3に買い替えました。今更ですが。
新機能は…単体でGPSを取得できるようになったくらい?個人的にはほとんどGPS機能を使いませんが、versa2で何度かスマホと連携を試みた際にGPSデータを上手く取得できないor取得に1~2分待たされてイライラする事があったので、単体で取得できるに越したことはないと思います。まあ旅先なんかで歩き回った地図データをログとして残せるのはわりと面白いんじゃないでしょうか。

さらに上位機種のfitbit senseと悩みましたが目玉機能はストレスデータの計測くらいでしょうかねえ。別に要らないなと。この手のデジタルデバイスの罠としてよくあるのが、迂闊に上位機種に手を出してしまうとろくに使いもしない便利機能のために以降の買い替えも上位機種を選択してしまう…という無駄金垂れ流しマシーンと化してしまう点なわけで。ええ。賢者は使い切りもしない大容量のスマホを延々買い回し続ける、なんて愚行は冒さないものなのです。

というわけで、賢者たるワタクシは何の不満もないversa2から別段目新しい機能もない形だけ新機種のversa3へリプレイスを完了したのでした。
めでたしめでたし。

Diary


Panasonic LUMIX DMC-GX8 / Panasonic LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH.

本日は雨の予報なので降り出す前に山道散歩。
先日購入したパワー森林香を試してみると本当に驚くくらい虫が寄ってこなくなった。最強すぎる。

OM SYSTEM OM-1 12-100mm F4キットを予約注文したので最近全く出番がなくなってしまった腕時計を一本手放した。当時新品30万円で買ってそこそこ身に着けた中古品がまさかの40万円になり、市場の高騰っぷりにびびる。少し話を聞くと10年ほど前に75万円で買ったサブマリーナ114060なんか現在150~180万円くらいが相場なのだとか。そこまで来るとキツネに化かされてるみたいで怖くて売れないんですが。狂ってるなホント。


LEICA Q

茨城県の結城酒造さんが火事で酒蔵二棟を全焼したとのニュースを見て数少ない京都の特約店リカーイン シマへ。
結城酒造の女性杜氏さんとは何度か直接お話したこともあるだけに、個人的には今年のニュースで一番ショッキングな出来事でした。
本当は1ケースくらいガバッと購入したいところですが、私のように買いに走る方も多いと思われるので2本で我慢。
私の前にいらしたお客さんもやはりニュースを見て「結ゆい」を買いに来たのだということでした。

私のような庶民には飲んで応援することしか出来ませんが、飲み終えてもまだ在庫が残っているようならもう一度購入したいところです。
設備の再建には長い時間がかかるかと思いますが、一日も早く営業再開されることを願っています。

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

連休初日は雨。それもまずまずの大雨。
ゴールデンウィークという名の邪智暴虐の王に激怒するワタクシとしては大歓迎なのだった。


LEICA Q

某取引先の一周忌ということで、身内だけの食事会にお邪魔することに。
久々にちびっ子軍団と一緒になって戯れたら声が枯れてしまった。決して酒焼けではないはずだ。
家が壊れるんじゃないかというくらい騒がしかったけれど「全ては子供たちのために」を貫いていたボスはきっと喜んでくれたのではなかろうか。
なんだかんだ色々あっても毎日笑って過ごせるって、それだけで本当に素晴らしいことなんだなと。

Diary


LEICA Q

本日は雨。
月末恒例業務を済ませて雨の日の散歩を楽しんできた。


どのカメラを持ち出そうと防湿庫の前で思い悩む時間も楽しみの一つなのだけど、そこにLEICA M10がないことに若干の喪失感を覚える。
などとこの記事を書き込んでいるタイミングでライカ京都店から修理完了報告の着信があった。
今日はこれから雨脚が強まるということなので、残念ながら受け取りは明日にお預け。

もう既に新しいカメラなんて全く必要ないと充分理解している…が、最後のOLYMPUS銘を冠したOM-1だけはどうも気になる今日このごろ。
μ4/3のカメラとしては久々に飛ぶように売れているみたいですね。地味にμ4/3を推し続けている私にとって嬉しいニュース。

Diary


LEICA Q

昨晩は500年前お世話になった先輩に招集され、2000年ぶりのライブハウスに顔を出しておりました。
コロナ的なアレが怖いこともあってダブルマスク(そもそも効果あるのか?)で臨みましたが、流石このご時世ですから皆さん静かなものですね。
もっとこうノーマスクで汗まみれの兄ちゃんがモッシュしてる様をイメージしていたもので少々拍子抜けしてしまいましたよ。
不惑目前のおじさんとしては本当に助かりましたけど。


まあ、やっぱり生音というのはいいものです。
渋谷勤務時代は仕事帰りによく小さなジャズバーに顔を出したりしてましたっけ。
あれはなかなか素敵な時間でした。今同じことをやったら5分で寝てしまう自信がありますけど。
早く治療薬が普及して音楽イベントという文化が身近なものに戻ってくれることを切に願います。


一応打ち上げに顔だけ出してレモンチューハイを注入。雨の中をとぼとぼ歩いて帰宅しました。
それにしてもライカQを持ち出す度、これがあったら他のカメラ何も要らなくない?と痛感させられますな。
最近定期的にGR IIIを買い戻したくなる症候群に襲われるのですが、Qの写りを見てしまうと絶対思いとどまるべきだろうなと。
やはりライカQ2か。100年後には…

ホーム > LEICA Q

CATEGORIES

Return to page top