Home > LEICA Q

LEICA Q Archive

Diary


LEICA Q

パッとしない天気が続いているため、本日もほとんど終日自宅に引きこもっていた。
オールドレンズなんて持ち出そうものなら出先でそのままカビが発生しかねない不快指数200。
鳴門わかめの刺身をアテに、あかしハイボールをちびちびやりつつ映画を観て一日を終える。
しかしこれ無理矢理にでも体を動かさないと鬱になるなあ。明日は歩こう。

Diary


LEICA Q

体内に蓄積された旅の疲れと何となくサボりたい気持ちが絶妙に交錯して全くやる気にならず。
7月になったら起こしてくれ…って今日からもう7月か。はい。起きます。


どこを歩いても美しかったなあ。
別にオキナワやホッカイドーまで飛ばなくたって、日本には綺麗なところがたくさんあると思うのです。

Diary


LEICA Q

新規案件打ち合わせのため久しぶりに人前へ。と言っても近場なので自転車で。京都は狭い街なのです。しかし普段対面で他人と会話することがなくなったので、上手く言葉が出てきませんな。ビバ引きこもり。またまた長丁場の仕事になりそうなので、気合を入れるためにもどこかでのんびり海を眺めたいものです。まあ案件が動き出したら動き出したで気にせずを眺めに出かけますけどね。

対価をいただくわけですから、もちろん結果には拘らなくてはいけません。顧客を満足させられない事業者は即ちクソなのです。でも、あとはマイペースでいいんじゃないでしょうか。別にワタクシ仕事するために生きているわけではありませんからねえ。今日を楽しめない奴が明日を楽しめるはずがないのですよ。はい。

Diary


LEICA Q

雨。このまま梅雨入りするものと思われる。昨晩雨が降りだす前にたっぷり散歩しておいてよかった。結局SONY RX1をセンサー清掃に出したので同じフルサイズコンデジのLEICA Qが散歩の相棒になっている。改めて持ち歩くとホント良いカメラだなーこれ。ただ、今の自分には28mmという画角がいまいちしっくり来ないのが難といえば難。

週が明けたらパンでも買って京北の「伏状台杉群生地」か「藤坂の大カツラ」でも眺めに行こうと思っていたのだけど、月曜から早々に大雨の予報とはいかがなものか。巨樹に飢えている、というよりも三脚と重量級機材を担いで無心で対象と向き合う行為そのものに飢えている。恐らくこの生活スタイルがまだ何年も(あるいは半永久的に)続くだろうから、自分にも他人にも極力負担をかけない形でどう生きるか、とどのつまりどう働きどう楽しむか、というのをそろそろ各自現実的に考えるべきフェーズに入っているのではないかと思う。


Panasonic LUMIX DC-GF9 / Panasonic LUMIX G 25mm F1.7 ASPH.

なんとなくノリだけでポチってしまったパナのGF9がやってきた。35mm換算24-64mmの標準ズームと50mm単焦点がセットになった、所謂ダブルズームキットならぬダブルレンズキットだそうで。たしかこのGF9、ダブルレンズキットのみの販売でボディのみでは購入することが出来なかったような。新規ユーザー以外は眼中にねえぜ!というなかなか割り切った手法だけど、それが上手く行ったのかどうかは謎。室内でのテーブルフォトや小物撮り、あとはRICOH GXRで1/1.7型センサーのS10レンズを使用している長女のステップアップにもいいかなと。個人的には応援してるんだけどなあμ4/3。

Diary


LEICA Q

今季初のTシャツ1枚だけど全く違和感がなくてびっくり。
もう一年の約半分が夏だなこれ。

ホーム > LEICA Q

CATEGORIES

Return to page top