Home > FUJIFILM X100V

FUJIFILM X100V Archive

暑い


FUJIFILM X100V / Film Simlation “Classic Chrome”

日が昇って気温が上る前に早朝の散歩へ。ということで、月日が進むに従ってじわじわと起床時間も早まってきましたが、今朝なんか4:40に起きて山道を歩き回っていたにもかかわらず汗ばんでワイン…じゃなかった、水をがぶ飲みしたくなるくらいの暑さでした。夏に突入して車中泊ができなくなる前にどこか奥地の巨樹へなんて考えてましたけど、既に平地では車中泊が困難なほどの暑さになりつつありますね。参ってしまいます。

このまま上手く事態が落ち着いてくれたら夏までに福井県山奥のトチノキと岐阜県の石徹白大杉に行けないだろうか、と計画中。果たしてどうなることか。(そういえば例のマスクも給付金申請書も届く兆しすら見られませんねえ。住民税の納付書の方が先に届きそうで、このカタツムリ並みのスピード感には右も左も一切興味ないワタクシも流石に苦笑いですよ。)

Diary


FUJIFILM X100V / Film Simlation “Classic Nega”

スズメを狙う人。なお、捕獲できたところは見たことがない。

Diary


FUJIFILM X100V / Film Simlation “Classic Nega”

毎日1万歩以上歩こう。他愛ない目標ですが4月の頭にそう決めてからずっと継続しています。毎朝防湿庫を眺めて「今日はこのカメラにしよう。」と、お気に入りの機材を片手に山道をのんびり歩く。代わり映えしないいつもの風景もカメラが違えば見え方が違う。この毎朝たった1時間程度の散歩がなかなか多幸感ありましてね。起床時間が早まるにつれて自然と就寝時間も早まるわけで、結局のところ新型コロナウイルスが自分にもたらしたものは何だったのかと考えてみると、人間らしい豊かな生活と心身の健康、そして家族と過ごす時間、あと個人的にはテレビやネットの報道を避けるようになって他人の悪意によるストレスから開放されたことも大きい。何だかメリットしか享受していないような不思議な感じがします。もちろん実際には多少のお金を失ったり行動を制限されたりとそれなりの被害も受けているのですが、自分の人生を見つめ直す時間としては実に有意義なものだったのではないかと。どんなことでも継続すれば哲学になるし、どんな状況からでも姿勢次第では教訓が得られる。悪くない時間でしたが、そろそろ時計の針を進めなければなりません。新しい日常へ。ですね。

Diary


FUJIFILM X100V / Film Simlation “PROVIA”

運動不足ぎみな長女と二人で早朝の御室八十八ヶ所霊場めぐり。本日はリス、ヘビ、アカゲラと出会いました。こちらはヒバカリさんでしょうか。目がかわいい。そして爬虫類が苦手な方、今さらですがごめんなさい。


もう少しスッキリ晴れていたらなお良かったんですけどね。まあそのおかげで涼しかったという利点もあるか。早朝からこれだけ歩くと満足度高いなあ。しかし午前8時にして一日が終わった達成感を得てしまい、仕事なんてほったらかして早々にお酒が飲みたくなるというデメリットも。地獄の半日が今、始まる。

TAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXDがやってきた


FUJIFILM X100V / Film Simlation “Classic Nega”

お風呂に入ったら不思議な力が湧いてきたので結局開梱してしまいました。
そういえば、まともな望遠ズームレンズを買うのは初めてかもしれません。 全文を読む

ホーム > FUJIFILM X100V

CATEGORIES

Return to page top