Home > PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW

PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW Archive

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW

今年も無事会うことが出来ました。一年無事に生きて来られたことに感謝。


巨樹はもちろん大満足。日本の滝百選の滝にも立ち寄り、毎回スルーしていたモネの池をまたもスルーしつつ今寄らないと二度と来ないだろうとUターンして〆に。岐阜県南部、愛知県ほぼ全域、三重県北部の道路状況のクソさには定評がある(to-fu社調べ)ので高速に乗って帰宅。ええと…満足度高すぎです。また来よう。というか、来年も同じように来られるように頑張るぞ。

@石徹白


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW

今年も恒例の石徹白巡礼へとやってまいりました。早朝出発の日帰りか余裕を持って前日夕方発の車中泊で半一泊?か悩みましたが、車中泊コースを選んで正解でした。やっぱりこれ、どう考えても日帰りする距離じゃないわ。


このご時世ですから一応外食は避けて車内メシです。ブリ刺うまいしビールもうまい。あ、日本酒は福井県大野市の地酒「真名鶴」を用意しておりますとも。車中泊は最高すなあ。今晩は早めに眠って明日に備える予定。石徹白大杉以外にも滝とかトチノキとか色々寄れたらいいなと。とりあえず石徹白の夜はクソ寒いです。曇ってるのであの満天の星空を拝めないのだけが残念。

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW

今年最後の花火。家族で京北まで。
今月に入ってからどうも他人起因のトラブルに巻き込まれまくるというバイオリズム最悪なターンが継続しております。秋の訪れ、そして石徹白巡礼によって風向きが少しでも良い方向に変わるといいなあ。

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW

さあ仕事するぞ!と思ったら早々にトラブル発生。頭をクールダウンさせるために朝イチで「藤坂の大カツラ」を見に行ってきました。汗をかきながら無心であの急斜面を登っているだけでも怒りなんて忘れてしまいましたが、それより何よりやっぱりあのカツラを眺めていると、そもそもちっぽけな人間のちっぽけな人生自体どうでもよかタイ!な気分になります。結局コーヒーを飲みながら1時間半もぽけーっとしてしまいました。何だかグチを聞いてもらいに行ったみたいで大カツラさんには本当に申し訳ない。気分を入れかえて頑張りますハイ。


昨日はα7RIII+SIGMA 2.8/24-70のセットをメインにK-1+DFA★1.4/50をサブとして持っていったんですが、これがまあ大正解でした。まずこの決戦兵器で撮れる範囲をバシバシ撮っていくわけです。大場所なら記念写真的なのも一枚。で、流石に50mmだけでは拾いきれないので24-70mmで存分に回収していくというやり方。実際24-70mmがあれば欲しいカットは大抵網羅できてしまうので、今後は「さらに欲しいカットだけをサブの単焦点で撃ち抜く」ことをセットで楽しんで行こうかと考えております。

今朝なんかはもう何度目の訪問か数え切れない大カツラさんが目的だったので50mm一本勝負で行きましたが、さすが足で稼げばそれなりに広角っぽくも使えるしでなかなか新鮮な撮影を楽しむことが出来ました。不器用な85mmだとこうはいきませんからね。ま、その不器用さこそ魅力ではあるのですが。

復☆活


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW

昨晩21:00就寝、2:40起床。案の定客先からメールが来ていたので30分で対応して出発。兵庫県最奥地、鳥取県の手前まで行ってまいりました。近所を歩き回るのもなかなか面白い、改めて身近な巨樹を再訪してみるのももちろん悪くない。でも、でも…ですよ?やっぱり未踏の地域をかっとばして(いえ、実際には安全運転ですけど)今にもクマが出現しそうな山道を練り歩き、未だ見ぬ巨樹と対面する。ああ、この喜びに勝るものはありませんなあ…巨樹を3本と滝を2か所回って来ましたが、これ以上ないくらいストレス解消になりました。あまりにも満足してしまったので帰り道の未訪問巨樹2本はスルーしてしまいましたからねえ。いいんですよ、また来れば。


帰りに久々の温泉に立ち寄ってしまいました。一応(こう言っては失礼ですが)あまり交通の便のよくない温泉地まで移動して、誰もいない温泉をソロで満喫。にごり強め、塩分強めの強烈な泉質でもうそのまま昇天してしまいそうなくらい気持ちよかったですよ。よし、明日から仕事を頑張ってまた行こう。

ホーム > PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW

CATEGORIES

Return to page top