Home > TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD Archive

兵庫県佐用郡佐用町 作用中山のスダジイの古木


SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

岡山県で法然サンにまつわるイチョウ2本を堪能し、兵庫県が誇るイチョウの名木へと向かうことに。そこへ至るまでのルートは2つ。さて困りました。一方には兵庫県ナンバー2のカヤの巨樹が控えており、もう一方には近畿圏では比較的珍しいスダジイの巨樹が待ち構えているという…まあ無理すれば2本とも回りきれなくもない位置関係にはあたるのですが、この日はイチョウに集中したいと考えていたので今回このスダジイルートを選択したのでした。カヤはつい最近素晴らしいものを見たばかりだったこともあって、しばらく見ていないスダジイを見たかったんです。たぶんスダジイはお正月に狛さんに案内していただいて以来になるのではないかと。 全文を読む

岡山県勝田郡奈義町 阿弥陀堂の大イチョウ


SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

西日本のイチョウの巨樹としてはトップクラスの大物「菩提寺の大イチョウ」を離れ、同じDNAを持つ親木だという「阿弥陀堂の大イチョウ」を見るため山の麓まで戻ります。おおよそ15~20分くらいでしょうか。長閑な山道なので特にストレス無く移動することが出来ました。私は勝手に国道53号線沿いに立っているものだとばかり思い込んでいたので少し迷ってしまいましたが。国道53号線、奈義トンネルを抜けた北側すぐ左手にチェーン着脱用のスペースがあり、ちょうどその東側の小川を挟んだ先にそれらしきイチョウの巨樹を発見したのでした。 全文を読む

岡山県勝田郡奈義町 菩提寺の大イチョウ


SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

近畿圏の立派なイチョウといえば兵庫県の「常瀧寺の大イチョウ」「作用の大イチョウ」のツートップではないかと思うのですが、近畿圏から少し飛び出して見てみると、それらと同等以上ではなかろうか?というくらいのイチョウの大物がいるのです。ええ、京都に住む私でもその存在だけは知っていました。それがこの「菩提寺の大イチョウ」です。 全文を読む

埼玉県入間郡越生町 上谷の大クス ※2019/8/5大枝枯損


SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

先日の巨樹巡りでは最終日、ほぼ終盤に訪れた巨樹。本来であれば順を追ってその時の感情など思い起こしながら書き進めていきたいのですが、訳あってこの巨樹だけは先に記事にしてしまおうと思います。このクスへ至るまでには当日早朝に群馬県高崎市のホテルを出発し、埼玉県ときがわ町の「萩日吉神社の児持杉」と「西平の大カヤ」を経て…という大冒険があったわけですが、それについてはまたの機会に致しましょう。それにしても…これだけ離れていても一発で分かりますね。あれが「上谷(かみやつ)の大クス」に違いない。とてつもなく巨大なクスであることは明らかで、否応なしに鼓動が高鳴ります。 全文を読む

帰宅


SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

いつの間にやら南国仕様。四国も暑けりゃ京都も暑い。
また一週間後には出発だ…ということで、雑務の処理やら画像の整理やら急がないと。

ああ、サブ機に買ったα7III、すこぶる良い感じです。操作感はRIIIと全く変わりませんしね。RIIIに24-105mm、7IIIに17-28mmを付けっぱなし。海辺で防塵防滴コンデジを使った以外はその2台で全て事足りました。一応持っていった単焦点も全く出番無し。85mmとか何に使えばいいんだろう…

ホーム > TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

CATEGORIES

Return to page top