Home > LEICA Summicron 90mm F2 3rd

LEICA Summicron 90mm F2 3rd Archive

Diary


LEICA M10 / LEICA Summicron 90mm F2 3rd

朝買い物ついでに軽く散歩したくらいで、本当に何もしなかった。もちろん仕事も放棄。そんな一日。
ま、終日雨でしたからこんなもんかなと。

奈良県宇陀市 本郷の瀧桜(又兵衛桜)


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art
LEICA M10 / LEICA Summicron 90mm F2 3rd ・ Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

訪問した畑のしだれ桜と地蔵院のシダレザクラが不完全燃焼だったものの、既に今年の桜には満足しつつあったのです。近所の桜並木含めてもう充分今年の桜は堪能したなと。しかし夕飯どき、そろそろお酒に手を伸ばそうかと思いかけていたところボスから天の一声が。「仕事が落ち着いてるなら家のことはいいから明日(今夜から)も行ってきたら?」。これはもう行くしかあるまい!と早々に就寝して2:30起床。念願の奈良県宇陀市「本郷の瀧桜(又兵衛桜)」へと向かったのでした。

いきなり結論から申し上げますが、お世辞抜きに国宝級といって差し支えないくらい素晴らしい桜でした。あれこれ解説するよりビジュアルで見てナンボな桜だと思いますので写真多め、あとは感想だけで行きたいと思います。1%でも魅力が伝われば幸いです。

全文を読む

Diary


SONY α7III / TAMRON 70-300mm F4.5-6.3 Di III RXD

サクラの開花も進み、いよいよ梅も見納めかなということで近所を散策して梅の香りを堪能してきました。しかしこのタムロン70-300mm、使えば使うほど個人的にかなりビミョー。肝心の写りがビミョーなのは金額的にまあアレとして、このクラスの焦点距離&暗さで手ブレ補正が無いのはビミョーだし、何より2.8/70-180mmにはあるズームロックスイッチが省略されているのもビミョー。肩にストラップを引っ掛けて歩いているとレンズが自重で勝手に「みょーん」と伸びてるんですよね。こういうの地味に萎えるんです。毎度毎度構える度にやれやれ、みたいな。というか2.8/35に対しても思ったことですが、タムロンの梅ライン(価格帯)って実は結構地雷だったりしません?まあ実売5万円程度のレンズにあれこれ言うのも野暮なのかもしれません。しかし、たかが5万円されど5万円ですからね。大金ですよ。PENTAXなら5万円のレンズでも描写に手抜き無し!なのになあ。

まだまだダメレンズ認定するには早計ですが現時点では「これ持ち出すならα7RIIIに70-180mmを着けてデジタルズーム(105-270mm相当)でいいのでは?(むしろそっちの方が色々と捗るのでは?)」という気がしなくもない。うーん、シグマ100-400mmを買うべきだったかもしれませんなあ。


LEICA M10 / LEICA Summicron 90mm F2 3rd

その点、値段は高いけど一眼レンズ群と比べたら描写は圧倒的にいまいち。しかしそれがいい的なライカMマウントレンズはある意味平和だなと。もし使い勝手と描写性能を極めたMマウントレンズが存在するとしても、そんなもの全く欲しいと思いませんもの。なんだか不思議。

Diary


LEICA M10 / LEICA Summicron 90mm F2 3rd

二日間のんびりサボったので本日は引きこもりデイとして雑務に没頭。
長きにわたる事務作業との戦いも、ついに終わりを迎えた。
いい感じだぞ3月。1月、2月とは一体何だったのか。

Diary


LEICA M10 / LEICA Summicron 90mm F2 3rd

本日も琵琶湖沿いをぶらぶら散歩。
猫ゾーンでしばし時間潰しして帰路へ。


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 SC

それにしても今朝は寒かった。布団から抜け出したことを後悔するような寒さ。
結果的に昨日出かけた方がマシだったのではないかという。

Mマウントはレンズが嵩張らないので気軽に色々持ち出せていいですな。

ホーム > LEICA Summicron 90mm F2 3rd

CATEGORIES

Return to page top