Home > 筆記具

筆記具 Archive

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー 細軟字 ブルゴーニュ を購入


Panasonic LUMIX GX7 Mark3 / Panasonic LEICA DG SUMMILUX 1.7/15 ASPH. / Photo Style “Standard”

つい1週間前に同じプラチナ万年筆の「#3776 センチュリー 超極細字 シャルトルブルー」を購入したばかりですが、今度は色違いのブルゴーニュを購入してしまいました。要はかなり気に入ってしまったということです。正月はこれで意味のない雑文を書き書きしていたんですが、使えば使うほどもう一本、別のニブで使ってみたいという気持ちが高まるわけです。


超極細はややインクフローが良くないように感じるので、今度は細軟を選択。カラーもせっかくだから青に対して赤だろうということで赤ワインをイメージしたブルゴーニュにしてみました。インクは赤系、セーラーの四季織 囲炉裏を入れる予定。(予定って…既に手元にインクはあるけど明日にならないとコンバーターが届かないのです。)

この金額だと気軽に買い増しできて楽しいですね。売上ランキング1位も納得かもしれません。プラチナさん本当に失礼致しました…

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー 超極細 シャルトルブルーを購入


先日モンブランのローラーボールを買ったときに6,000と少しポイントが付いたので、何か良いものないかなと物色してみたら気になったのがこのプラチナ万年筆 3776センチュリー シャルトルブルー。今の万年筆売れ筋1位なのだそうです。失礼な話ですがプラチナというと国産ブランドとしてはセーラー、パイロットの後塵を拝すると申しますか、率直に言っていまいちパッとしない印象があったので試し書きすらしたことがありませんでした。それが第1位です、と。これは気になるではありませんか。プラチナが第1位だと?買ってみるしかないだろ、と試し書きすらしないままに購入しました。


ニブは最も細い超極細、UEFを購入。手帳にちょっとメモしたりするのに使おうと思っています。
しかしこの価格帯(実売6,500円くらい?)にして金ペンというのは流石国産ですね。
舶来でこの価格帯なんてまず間違いなくスチールニブの鉄ペンですからね。
鉄ペンは書き心地がボールペン臭くて嫌なんです。だったら素直にボールペン使えば良くね?と思うのです、私は。

インクはせっかくなのでプラチナ製の「オーロラブルー」を入れてみました。
ちょっと試し書きした程度ですが、うん、これは悪くない。UEFってどんだけ細いねん!というセーラーの細美研ぎみたいなものを想像していましたが、通常の国産極細(EF)とあまり変わらないなというのが第一印象です。良く言えば常用しやすい普通のペン先だし、悪く言えばトガッてない印象に残りにくい普通のペン先ということになります。細美研ぎのようなカリッカリではない、万年筆慣れしていない筆圧高めな方でも扱いやすいチューンなので、万人受けしやすいニブだと思います。インクフローがあまり良くないのが気になりますが、金額を考えたら悪くない。いえ、とても良いのではないでしょうか。ファースト万年筆なら超極細より僅かにインクフローも良さそうな極細がおすすめです。

モンブラン マイスターシュテック 163 ローラーボールを購入


Panasonic LUMIX GX7 Mark3 / Panasonic LEICA DG SUMMILUX 1.7/15 ASPH. / Photo Style “Standard”

手帳を刷新すると新しい筆記具を買いたくなるという、誰にも止めることが出来ない人のサガ。今年はローラーボールを購入しました。ローラーボールは15年くらい前からずっとラミーのティポALを使い続けていて正直書き心地に全く不満は無いんですが、そろそろ他所に浮気してみてもいいんじゃないかなという気分になってきたのですよ。熟年夫婦的なマンネリと言いますか、購入当初は書き込む度に感動していたであろうティポも、持った時の感触が100円のジェットストリームと変わらなくなってしまいました。ヨメさんをホイホイ変えてたらこれは大問題ですが、筆記具くらいならそれも許されるでしょう。ちなみに横のピンクのは樹脂製のティポ。3,000円のアルミ製ティポもお買い得ですが、樹脂製のものは1,000円程度で手に入るペンとしては破格の書き心地だと思います。結局リフィルが高くつきますけどね。 全文を読む

PILOT 万年筆 kakuno

150620_2

沙門さんに教えて頂いたPILOTのkakuno。
買ってしまいました。公式サイトが良い感じです。ペン愛に満ちていて嬉しい気持ちになります。

長女と一緒に使うためにソフトピンク&ピンクのカートリッジを購入。

僕が娘に伝えたいことがキャッチコピーにそのまま書かれていました。

“きっと 書くのが 楽しくなる”

うん。書くことの楽しさを感じてもらえたら、それだけで満足です。

PARKER アーバンプレミアム パールメタルCT 5th

PARKER アーバン プレミアム パールメタルCT 5th

手持ちのもので充分満足していることから最近は文房具に食指が伸びませんでしたが久々に購入。
PARKER アーバン プレミアム パールメタルCT 5th

そういえばパーカーの筆記具を買うのは学生の頃以来です。
初めて買ったまともな筆記具がパーカーの1万円くらいの万年筆だったなあ。

画像で見ると外観は悪くないんですが、実際触ってみるとやっぱり値段相応でした。薄っぺらい。
上位モデルのインジェニュイティも触ってみるべきだったなと少し後悔。

パーカーの5thシリーズはそのデザインから見てもボールペン利用者に向けた万年筆入門用ペン先として作られたものだと思いますが、恐らくコレを買って万年筆に入る人は少ないんじゃないでしょうか。対抗馬はローラーボールだと思う。またはモンブランのファインライナーを買うような奇特な人(失礼)。

書き味滑らか!というレビューが多いですが、確かに書き味は滑らかです。でもそれだけ。
万年筆のようにニブによってインクの出方が違ったり、書き味の違いを楽しむような喜びが無いんですよね。
だったらローラーボールで良くね?という。

筆圧強めな人がペンの自重を利用して筆圧弱めに書く練習用には最適だと思います。
万年筆はニブが傷むとえらいことですが、コレなら交換リフィル代1000円で済むので。
とはいえリフィル高いっすよ。うちのペンは筆記具ではなく装飾品と言い放ったアホ社長率いるモンブランと同額ですか。

FAXに手書きでメモを加えるときにでも使おうと思います。

→追記
ちょっと手元のノートにメモ書き…くらいにしか使ってませんが、3ヶ月ほどでインクが無くなりました。
恐らくメインの1本として使っていたら1ヶ月程度でインクが切れるんじゃないでしょうか。
そこらの水性太字ボールペンと比較しても何倍も早くインクが無くなってしまう印象です。

現在Amazonにてリフィル単価700円/1本程度で購入出来ます。が、それでも高すぎますわなあ。
書き味は別段悪くないので悪い商品だとは言い切れませんが、贈答用としては全くオススメ出来ません。
コストパフォーマンス悪すぎ。

ホーム > 筆記具

Archives
  • 2019 (47)
  • 2018 (358)
  • 2017 (115)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
CATEGORIES
tag cloud

Return to page top