Home > Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM Archive

Diary


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

今日も今日とてムスメと一緒に近所を自転車こぎこぎ。
京都って中途半端なイナカなので、もし今後こんな状況が何年も続くようならイナカの山奥にでも家を買ってそこで暮らした方が遥かに幸福度の高い人生を過ごせるのではないか、という気分になっています。この先一年やそこらで事態が完全に収束するとは考えられないし、はっきり言って政令指定都市レベルの都市部に住むメリットなんて最早皆無になってるんですよねえ。なんてことをわりと真面目に考えていたりするのですが、お金の問題を抜きにしたらムスメが小学生ということもあって転校だけがネックなんです。何だかもうコロナ関連で死ぬ人数よりも生活苦で死ぬ人数の方が遥かに切実な問題になりつつあるんじゃないの?って状況ですし、このままだと…というか現時点でも明日は我が身ですからね。今後の人生設計についてコロナは収束しないという前提のもと、真剣に再考すべきなんでしょうねえ。


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW

のんびりこいで渡月橋まで。河原でムスメたちにアイスを食べさせて帰路へ。京都新聞の記者に「例年と比べて人出はどうですか?」なんて取材を受けましたが、昨年と比べたら明らかに人出は増えてましたね。しかしまあ、もうこれでいいんじゃないでしょうか。アホで無能で会食三昧な大陣営に危機感を持たせるためには一度とことん悲惨な状況に陥る以外に手段がないのではないか。私はここまで頑張ってきて今さら感染したらアホらしいと思うクチなので今後も大人しくしているつもりですが、好き勝手に動いて政治家のくそじじい共にプレッシャーを与えてくれるなら別にそれで構わないと思います。

Diary


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

PENTAX K-3 IIIが発売されたので実機を触ってみたいところですが、まあこんな状況ですからしばらく店頭で触れることは出来なさそうですね。デジカメ触りに行って感染して帰ってくるとか流石にアホすぎる。この一年いまだかつてない数のレンズを購入してますが、店頭で触れることが出来ない以上、実際に買ってみて試し撮りする以外に術がないんですよね。非効率かつお金も徐々にすり減っていくので泣きたくなります。通販は便利ですが通販に向くものもあれば、当然そうでないものもありますな。


どこへ行こうにもそれなりに混雑していそうな気がするのでムスメを連れて適当ポタリング。後から付いて行くし好き勝手曲がってくれ、みたいな。近所をふらふら漕ぎまわるだけでも写真は撮れるしそれなりに楽しいのですが、ムスメのペースに合わせているとちっとも運動にならないのがアレ。それにしても初夏のような陽気です。そろそろ京都もセミが鳴き始めるか?

Diary


LEICA Q

いくらなんでも気候が良すぎる。
これでは却って仕事にならないので、窓という窓を目張りして外の天候が一切分からない環境を作りたくなりますな。
イナバ物置の中に閉じこもりたい。


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

終日引きこもって仕事しておりました。起きてから2,000歩しか歩いてない…このままでは生活習慣病まっしぐらなので近所を散歩してこよう。旅先で波の音や鳥のさえずりまで記録できたらなーということでDJI Osmo Pocketが気になってましたが、動画を撮るにしても豆粒センサーのOsmo Pocket(初代は1/2.3インチ、現行でも1/1.7インチ)を買うくらいなら手元にある「腐ってもフルサイズ」なSIGMA fpでいいんじゃないか?と思ったり。まあOsmoの真骨頂は動画機能云々よりもジンバルにあるというのは分かってるんですが。そういえばfpの動画機能って使ったことないな。実際のところ撮るのも見るのも好きな静止画に対して動画は撮るのも見るのもあまり興味がないので、既に一瞬で飽きそうな気がしていたり…

なっちゃん


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

昨日は1:00起床、深夜出発で日帰り那智勝浦の旅に出かけてまいりました。我ながらなんてメチャクチャな生活をしてるんだろう。今回カメラはライカM10に75mm単焦点のセットとライカQのみ。神社や巨樹、太平洋を眺めてはぽけーっとすることを目的として出発しましたが、やはり和歌山→三重県南部は文句なしに最高ですね。巨樹のための旅でもなくグルメ旅でもない。ただただ車を走らせて適当に車を停めては景色をパシャパシャ撮ってまた運転。たまに浜辺でお湯を沸かしてコンビニパンと一緒に野立てコーヒーを、そんな旅。死ぬほど疲れましたが行ってよかったです。旅とは無駄を楽しむ行為なんだなあと。


というかまだ4月だというのにセミが鳴いていてビックリですよ。そして新品で購入して初の出番だというのにノクトン1.5/75のレンズフードを思いっきりトイレ入口のドアに強打して凹ませてしまったのもまたビックリ。まあいいや所詮は写真を撮るためのただの道具だし、と瞬時に気持ちを切り替えられるのも旅マジックなのか。昨日それこそ冗談抜きにほぼ丸一日ぶっ続けで運転して歩き回ってきたので今日は一日くたばってしまいましたが、明日からまた仕事を頑張って次の旅へと備えようと思います。外食できなくても外泊できなくても旅というのはいいものだ。

ホーム > Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

CATEGORIES

Return to page top