Home > Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM Archive

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

ムスメがダムカードを集めたいと申すのでパンを買って天ケ瀬ダムへ。
ダムめぐりもコロナ時代の他人と接触しない娯楽としては、巨樹めぐり同等に楽しめるかもしれません。


下流側から上流側へ。管理事務所で目的のダムカードをGET。
(どうでもいいことですが最短撮影距離70cmということで、これ以上寄れないのです。レンジファインダーって旧時代の遺物だよなあ。)
いやー流石に寒いけれど絶景ですね。もう少し暖かかったら何時間でも眺めていたい。
明日は日吉ダムに行こう!だそうです。ごめんなさい明日は勘弁してください…また今度で。

Diary


SONY α7III / SIGMA 35mm F1.2 DG DN | Art

例年の慌ただしさが嘘のような状態。
新年早々ハードモードすぎる。


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

どうも我が京都府にも緊急事態宣言が発令されそうな勢い。
国に緊急事態宣言を要請するけど成人式は強行するんですって。
はっきり言って今回は全く効果出ないと思う。

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

M10用のメインレンズにしようと購入したこのC Biogon 2.8/35。思った以上に解像力が高すぎて、この手の写真ならミラーレス一眼やレフ機で撮ればいいんじゃない?と感じてしまい、実のところ購入した数本のMマウントレンズの中で一番しっくり来なかったのです。しかし昨日一日撮影してみてようやくこのレンズの魅力が分かってきたような気がします。解像するけどどこか柔らかい、写真がすごく繊細に写るのが良い。いまいち馴染まなかったときの保険にK-1+DFA★1.4/50も携行しましたが、結局K-1に頼ることなく一日を終えることができました。少しずつ馴染んで、いつか自分の右手の延長のような道具になってくれるといいなあ。

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

恒例の早朝出発。高速に飛び乗ってただただ海を眺めて帰ってくるだけの旅。どうせなら巨樹に立ち寄りたい…そんな欲を出し始めるとキリがないので香川県の屋島まで突っ走ってそのままUターンしました。景色をぽけーっと眺めながらこの一年を思い返していたのですが、苦労も不便もあったものの、それでもまあ悪くない一年だったのではないかと。毎日写真を撮り歩くことがどれほど心の支えになってくれたことか。ここまで写真に感謝した一年は今までの人生で初めてかもしれません。こんな状況に追い詰められていなかったらデジタルライカなんて死ぬまで買うことは無かっただろうしなあ。ええ、M10を手にしてから本当に毎日楽しい。引き籠ってウダウダ思い悩む暇があったらさっさとM10を買って庭のタンポポでも撮ってこい!と半年前の自分をどついてやりたい気分です。

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

ついに実機が公開されたPENTAX K-3 Mark IIIがわりと良さそう。今のところAPS-Cの一眼レフに手を出す予定はありませんが、何とも応援したくなってしまうではありませんか。私の本命はフルサイズのK-1シリーズなので、もしK-1 Mark IIIなんていうものが出ることがあれば是非ともお布施しようと思っております。(とはいえK-3 IIIが目指せ20万円台後半らしいので、K-1 IIIが出るとしても40万円くらいになりそうな予感。)


「技術力不足に対する逃げ」これはもう誰の目にも明らかだし、そんなことは他ならぬPENTAX自身が一番よく分かっているはずです。でもメインストリームから逃げるってそんなに悪いことなんですかねえ。一眼レフと心中する覚悟を決めたPENTAXってワタクシ的にはかなりクールに見えますけど。社長のインタビューを見るにまだまだミラーレス一眼へのコンプレックスが隠しきれませんが、ここまで来たらヨソはヨソ、ウチはウチの精神で無心に突っ走っていただきたいものです。趣味の道具の世界は特に、便利なものイコール良いものだとは限りませんからね。アホみたいに不便なLEICA M10を触ってみて尚更そう思います。

ホーム > Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

CATEGORIES

Return to page top