Home > Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM Archive

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

今度は東京時代の思い出の味、もうやんカレーをお取り寄せ。牛スジ煮込みやうどん、いもなどの付け合わせ無きもうやんなど魅力半減ではありますが、久しぶりにもうやんをムッシャムッシャ食べまくって、食後に2万歩も3万歩も歩き回ってみたいものです。(そしてそれだけ歩いて帰っても依然満腹度100%をキープしている恐ろしい腹持ちよ…)しかし今思えばスナップ撮影って実に健康的だったなあ。会社帰りも毎晩のようにカメラ片手にふらふら歩き回ってたし、あんな生活してたら体重が増えるわけありませんわな。

博多天神のあのくそまずいラーメン(誉め言葉)が懐かしい。

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

5:30起床。早々にキリのいいところまで仕事を進め、ごろごろ転がってぼけーっとしている。梅雨が明けて本格的な暑さが到来する前にもう一度瀬戸内の海を眺めに行けたらと思っていたのだけど、車中泊の可否以前の問題で日中ここまで暑くなってしまうともう先月みたいに一日中歩き回ったりするのは無理かもしれないなあ。川に飛び込みたい。

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

5時起床。本日も敦賀へ。午前中は敦賀駅前から松原をぷらぷらしてテイクアウト・ソースかつ丼からのいつもの酒屋、午後は金崎宮から月見御殿跡を経由して天筒山展望台という前回と全く同じコース。帰宅後は戦利品のトビウオの刺身、敦賀市民のソウルフード フジバーグと一緒に黒龍 夏しぼりをちびちびと。ああ、積んで行ってよかったクーラーボックス。これはクセになりそうで怖い。

武奈ヶ岳登山(御殿山経由ルート)


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

無事登頂。写真を撮りながらのんびり登山。獲得標高1191m、20211歩、消費カロリー2503kcal。7時に登り初めて下山したのが12時過ぎでした。とりあえずスタート直後のえげつない急坂が心を折りにくるのと御殿山頂上(1097m)までの景色が退屈すぎるのがネックですが、武奈ヶ岳頂上付近はかなり楽しめました。ガスってたのは残念でしたけどめちゃくちゃ気持ちよかったです。最高のストレス発散だ。また登りたい。


本日の残念ポイント。

・山頂付近が成人男性でも踏ん張れないレベルの強風だったので、山頂にタッチして即下山せざるを得なかった。パン?コーヒー?いやいやバーナー一式出した瞬間、強風に一瞬で持って行かれます。結局御殿山山頂(眺望悪し)まで移動してパンだけ食べた。

・下山を始めた瞬間澄み渡る青空。

・動物や野鳥など撮れたらと終始右手に抱えていたα7IIIとシグマ100-400mmのセット。で、5時間の登山中に会った動物といえばアオダイショウ一匹のみ。というか望遠ズームを買ってから全く動物、野鳥の類と出会わなくなった。呪いのアイテムかこれは。

帰路ラストのえげつない急坂で残りの足HPを全て使い果たしましたが、流石平日午前中だけあって数人程度としかすれ違わなかったので、最後まで自分のペースで気持ちよく登山できました。愛宕山と違って隊列組んでペチャクチャうるさいおばはんグループがいなかったのはGOOD。夜叉ヶ池が山開きするまでにもう一度行きたいなあ。100-400mmは不要だけど100mmで狙う風景写真はなかなか面白かったので、次回はK-1と100mmマクロを持って行くといいかも。

以前は風景撮影といったら真っ先に広角レンズを用意していたけど、目の前の景色を全部持って帰るよりも一部を切り取って持って帰る方が写真行為的には面白いかもしれないなと。広角域は35mmで充分だった。

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

数年間使い続けてきたキーボードが超絶不調なので急遽京都ヨドバシへ。何も触ってないのにCtrl+A状態になったりするわけですよ。流石にこれでは使い物になりません。納期前だったら発狂してPCをドリルで破壊していたかも。適当に見繕ったlogicool製のキーボードを購入し、ついでにカメラコーナーを冷やか…いえ、タッチアンドトライしていたら勢い余ってソニーEマウントのSIGMA 65mm F2 DG DN | Contemporaryを購入していた不思議。昨年までコンデジコーナーだったところが全て酒コーナーへと変貌していたことがわりとショックでございました。まあコンデジと日本酒どっちが欲しいかって言われたらワタクシ即答で日本酒ですけど。ポイントでお酒が買えてしまうなんて凄いですよね。知ってたら車で行って買い溜めして帰ったのになあ。

ホーム > Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

CATEGORIES

Return to page top