Home > OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro Archive

Diary


OM SYSTEM OM-1 / OM SYSTEM M.ZUIKO DIGITAL ED 20mm F1.4 PRO

ETCマイレージサービスに登録したりお寺さんを散歩したり。
見頃にはまだ少し早いけれど、その分人も少ないし大変満足であった。


OM SYSTEM OM-1 / OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

猫も日向でうとうとしてしまうほど気持ちのいい陽気。
さて、この気候がいつまで続いてくれるか。

Diary


OM SYSTEM OM-1 / OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ほとんど軟禁、雑務だけで終わってしまった二日間であった。
来月もまた色々と遠出したいのでやるときはやらねばならない。

ようやく当面のノルマも片付きつつあるので近所の山ベンチで息抜きを。
風の冷たさが秋めいてきましたなあ。

Diary


OM SYSTEM OM-1 / OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

土日は自宅か近所でのんびりするのが吉。
ロピアの安ワイン(499円)を飲みながら読書して過ごした一日。
まごうことなき安ワインの香りであった。

週明けからは早速動き出そう。
とはいえ、まずは準備運動がてら近場から。

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroを購入


RICOH GR IIIx

今年の梅雨から断続的に続く雨。もしやこのまま秋雨も酷いことになるのでは?との勝手な予想から防塵防滴マクロを探していました。
ええ詭弁です。欲しかったらまず買ってみる。それだけですね。

まあ約10年前に発売されたレンズに今さらレビューも何もあったものではないので適当に流しますが。とりあえず中古でGETした別売りの純正レンズフードは購入するが吉と思われます。よくあるバヨネット式なんですが、一度装着するとライカレンズの内蔵フードみたいに前後にスライドするだけで展開、収納が切り替えられるスグレモノ。基本デカくて持ち歩きに難のある中望遠マクロのレンズフードとしては理想形なのではないかと感じました。

ライカレンズのまるで「屁」みたいな感触の内蔵フードと違って、カチッと展開したところからスライドするのに一定の力が必要なのが素晴らしい。これなら前玉ガードとしての役割もしっかり果たしてくれます。


OM SYSTEM OM-1 / OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

合鴨農法。
今日も真夏の日差しでしたが、稲はしっかり秋へと進んでおりますぞ。

35mm換算で120mmの中望遠マクロレンズ。
私の手持ちは90mmとか100mmのマクロレンズばかりなので、覗いた瞬間「お、せまっ!」と叫びたくなるのが斬新。
ファインダーを覗く前にイメージしたのはもう少し奥まで稲穂が広がる構図でした。


オリンパス機との相性の問題なのかパナライカ45mmマクロよりもAFが早くて迷わない印象。この価格帯のレンズにしてしっかり4段階のフォーカスリミットスイッチを備えているのは褒めてもいいのでは?私のようにマクロ撮影よりむしろ寄れる中望遠的な使い方をする場合には、基本0.4m~無限遠に設定しておいてマクロ撮影時だけ0.19m~0.4mに切り替えるのが良いかもしれません。寄りたいときだけマクロモードに切り替えるコンデジ的な?

現時点では買ってよかった!という感想しかありません。というか経験上、各社のマクロレンズって地味に銘玉多くないですか?こいつも地味すぎる銘玉の香りがしています。パナライカ45mmマクロや我が家のナンバーワン・マクロのPENTAX DFA 100mmマクロを防湿庫の番人へと追いやれるかどうかは、120mmという画角が吉と出るか凶と出るかでしょうか。

ホーム > OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

CATEGORIES

Return to page top