Home > SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art Archive

Diary


SIGMA fp / SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

SIGMAはいつになったらfp向けのコンパクトな単焦点レンズを出すのかと愚痴を言い続けてきましたが、どうも3.5/24、2/35、2/65の3本を同時リリースするという情報がリークされた模様。グチグチ言って結局何も買わないというのは人としてちょっとアレなので、とりあえず1本買うつもりではおります。ハイ。

24mmはFE 1.4/24 GMがあるし役割的にLEICA Qと被りそうなのでパス、本音を言うと一番使ってみたいのは65mmという絶妙な画角なんですがこの1.4/85 DG DNとモロに役割が被りそうなのでこれもパス。そうすると実用性も高そうな35mmかなあと。実は四国から帰ってきてすぐにX100Vを某新宿中古店に売却したので、お手軽散歩用35mm枠がちょうどぽっかり空いているのです。しかしLマウントアライアンスさんは本当に攻めてますなー。私がフルサイズミラーレスに身を投じた頃はソニー一択で他に選択肢そのものがありませんでしたが、もし今一眼レフからミラーレスに乗り換えるなら間違いなくパナソニックに賭けていたと思います。いちユーザーとしてはやはり挑戦的なメーカーを応援したい。デジタルの世界において停滞は即ち死と同義です。

【再訪】徳島県三好郡東みよし町 加茂の大クス


LEICA Q
SIGMA fp / SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

今回最大の目的地は香川県の「志々島の大楠」。とはいえせっかく四国に上陸するのなら、立ち寄っておきたい巨樹がいくつもある。昨年初めて訪問したこの国宝クラスの天然記念物、国の特別天然記念物に指定される「加茂の大クス」はその筆頭と言えます。最短ルートではなくなるけれど少しだけルートを弄れば立ち寄ることが出来る。それなら寄らないわけにはいかないでしょう。

記憶の中の立ち姿と寸分違わぬその巨躯が視界に入った瞬間、興奮を抑えきれずカメラを抱えて駆け寄ってしまいました。なお、あまりに強烈な日差しが降り注いでいたため逆光で潰れたシャドウを無理やり持ち上げたりと色味がおかしくなっていますが、それもまたライヴ感…ということでご理解下さい。

全文を読む

Diary


SIGMA fp / SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

人生いろいろ、ですねえ。
うんざりするくらい長い人生ですから、トラブルもむしろ楽しんでやるぜ、くらいの気概がないとやってられません。

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

徳島・香川巨樹めぐり 最終日


SIGMA fp / SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

本日もじじいの朝は早い。5:20に目覚める。ここだけfpと1.4/85 DG DN。なんとなく分かってはいたけど巨樹遠征に中望遠単焦点はあまり活躍の場を見出せなかったなあ。こういう風景写真には使いやすい画角なのに。ホテルの窓から見た丸亀城が美しかったので、コーヒーを飲みながら少しずつ夜が明けていくのを眺めていました。一瞬タイムラプス撮影してみようかと考えたものの、ああいう機械的に撮ったものを面白いと思ったことあるか?と冷静になって即却下。まあ、おもんないわな。

どうでもいいことですが、外泊する際はドリップパックのコーヒーが便利ですね。インスタントではあまりに味気ないし。外泊用に少し高めのドリップパックを買って持って行くようにしています。現地の道の駅なんかで売られているドリップパックを買うのも良い。たとえ豆がエチオピアやコロンビアからやって来たものでも、香川でパッケージングされていたらそれは香川の風を感じるコーヒーなのだ。

全文を読む

片波川源流域の伏条台杉群生地


LEICA Q
SIGMA fp / SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

仕事が一段落してようやく余裕が出てきました。本当は早起きして滋賀三重県境の御在所岳でも登りに行こうかと思ってたんです。しかし紅葉真っ盛りで混雑というニュースを偶然目にしてしまったものですから、人混みをゴキブリ以上に嫌う私としては即座に却下。絶対他人と遭遇しない(ただしツキノワグマは居る)といったら良いところがあるじゃないか!と、こちらを目指すことにしたのでした。既に何度か巨樹カテゴリーに投稿しているので今回も写真日記としての投稿です。

全文を読む

ホーム > SIGMA 85mm F1.4 DG DN Art

CATEGORIES

Return to page top