Home > TAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXD

TAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXD Archive

Diary


SONY α7III / TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

4:20起床、5:00から1時間の山道散歩。昨日日の出を眺めながら望遠レンズを持って来ればよかったなあなんて思ったものだから70-180mmで来たのだけど、そうしたらそうしたで朝日を受ける重層的な雲が美しくてやっぱり今朝は広角が正解だったかもと後悔したり。まあ両方持って来たら済む話なんですが、これも日課みたいなものなのであーでもないこーでもないと毎日適当にとっかえひっかえすること自体が楽しかったりもするわけです。

Diary


SONY α7III / TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

4:00起床。今朝も早朝の伏見稲荷大社一周コース。最近SIGMAの70mmマクロが気になっているので、仮想70mmマクロということで70-180mmを付けて実際そんなレンズ要るか?のテスト。うん、すごく良いぞ70mm。ただズームレンズでこれだけ写るなら単焦点要らなくない?というところに思い至る。一昔前の単焦点レンズ相手なら引けを取らないくらい良く写る、(望遠レンズにしては)軽い、(最近のレンズにしては)安い。うーん、このタムロン70-180mmは本当に良いレンズだ。こう考えると購入する理由が思い浮かばない。強いて言うなら約250gの軽量化くらい?最近重量級機材に慣れすぎてしまって重量はあまり気にならなくなってるんですよね。却下かな。


あと使ってみたいのがPENTAXのDFA★1.4/50。最近古参ペンタユーザーのブログをいくつか拝読してまして、その狂信者(失礼)たちがこぞって絶賛してるんですよね。「K-1ユーザーなら必携。というか黙って買え。」と。PENTAXを応援したい気持ちもあって、ちょっと買ってみようかと心が揺れております。しかし今の自分的に50mmって非常に中途半端な画角で、撮り散らかすなら35mm辺りを持って行くし狙い撃ちする時は中望遠以上を使いたい…ということで全く出番が無さそうな気がするのです。買い物は悩み始めるとドツボですなあ。やはり勢いで買ってしまわないと。身銭を切って現物を使わずに分かることなんて実際たかがしれてるんですけどね。

Dairy


SONY α7III / TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

温泉に浸かりたい欲求が高まりすぎて死にそう。そういえば温泉や銭湯で集団感染したという話は聞いたことがないし、意外と大丈夫なものなんでしょうかね。仮に大丈夫だと言われたところでホントかよと抵抗を感じてしまうのが残念ですが。せっかく仕事が一段落したのに結局何処へ行くことも出来ず、ただただ時間を持て余しているだけなのがもどかしい。そして今日も猫を眺める、と。

Diary


SONY α7III / TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

梅雨の中休みっぽいので城陽のロゴスランドへ。子供を連れて京都市を出るのは3月末以来か?外食できないので弁当を持参したり、トイレに入るにも少し神経質になったり。面倒くさいことは面倒くさいのだけど流石に慣れてしまったなという感覚もある。まあとにかく外はいいですね。日光を浴びるというのはとても大切な行為です。

モリアオガエル


SONY α7III / TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

特に逃げるわけでもなく、ただひたすらこちらをじーっと見つめてくる。アホそうな顔してんナ…なんて思いながら向かいに腰かけてコンビニパンを頬張っていたところ、なんとこのモリアオさん。目の前でトンビにかっさらわれてしまいました。よく今まで生きて来られたなこいつ。


木にぶら下がっている泡状のものはモリアオさんのたまご。通常カエルは水中に産卵して水中で孵化しますが、モリアオさんはこのとおり樹上に産卵して孵化したオタマジャクシがポチャンポチャンと池に落ちていくという、そんな感じです。やっぱりこのたまごもトンビにつつかれたりしていましたから自然というのはなかなか手厳しい。それでも何百年も生態系が変わらず同じサイクルで回り続けているわけですから、これを神秘と呼ばずして何と呼ぶのか、と思うのです。

さて、ここ数日巨樹めぐりの計画を立てていますが、まずもって一向に目的地が決まりません。行きたいところはいくらでもあるんですよ。何より富山県の魚津市に行きたいし、ああ長野県の端っこにある「月瀬の大杉」を再訪するのもいいぞなんて。月瀬の大杉は訪問したのが日差しの強い時間帯だったこともあって写真に満足出来てないんですよねえ。でも県境を越えた移動制限が解除されるとはいえ、いきなり何百キロも移動するのは流石に人としていかがなものかという気も。まあ東京近郊と北海道、あとは福岡さえ避けておけば現状終息しているに等しい状態なので気にし過ぎなのかもしれませんが。

正直近場の奈良や敦賀にでも足を伸ばしてホテルの中でだらだらお酒を飲むだけでも充分満足できるんですけど、どうせなら一か所だけでもいいので巨樹、それも大物を回りたいんですよねえ。国の施策で国内旅行のキャッシュバックキャンペーンが始まってしまうとアホほど大量の観光客でごった返すかもしれないので、そうなる前には出発したいと思っております。多少のお金なんかよりも、とにかく静かにのんびりと旅をしたいですワタクシは。

ホーム > TAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXD

CATEGORIES

Return to page top