Home > OLYMPUS TOUGH TG-5

OLYMPUS TOUGH TG-5 Archive

thinkTANKphoto デジタルホルスター20 V2.0を購入しました


OLYMPUS TOUGH TG-5

新型コロナウイルスの流行以降近所を散歩する機会がとてつもなく増えたわけですが、流行当初はまだ涼しかったのでカメラバッグを背負うことも苦ではありませんでした。が、暑い。暑すぎる。ということで最近はカメラを剥き出し、ショルダーストラップたすき掛けスタイルで散歩しておりました。

何が問題かというとですね、まず第一に大型機材を持ち歩くことが多くなってきたので、ストラップの接続部分…私の場合peak designのアンカーを使用しているわけですが、これの強度がイマイチ信頼できないということ。散歩中にストラップがブチッと切れてカメラがグシャッとアスファルトに…考えるだけでもゾッとします。まあ千切れて落下しないにしても運転マナー最底辺候補地として名高い京都市内のことですから、歩道を爆走する無法子連れママ自転車やクソドライバーの運転するオラオラ自動車に当て逃げされる可能性が付きまとうということで、やはりカメラ剥き出しは精神衛生上よろしくありません。

そしてもう一つの理由。個人的には8割方こちらの理由が購入動機にあたるのですが、一眼レフ&巨大レンズを提げて散歩していると流石に不審者感MAXではありませんか?いやアンタこの住宅街で一体何を撮るつもりなんだい?と。まあ気にしすぎと言えば気にしすぎなのかもしれませんが、このご時世ですから他人の目は気にしておくに越したことはありません。万が一ご近所で空き巣や下着ドロボウなんて現れようものなら、そういえば最近でっかいカメラを提げた怪しい男が…なんて真っ先に疑われてしまっても仕方なかろうというものです。

そこで購入したのがこのthinkTANKphoto デジタルホルスター20 V2.0!シンクタンクフォトというとデザインは「イモ」ですが造りの良さと機能性には定評がありますから、大切な機材を守るためには「イモ」なデザインを受け入れてでも信頼性を選びたいところです。


サイズは10、20、30…とある中の20を選択しましたが、これが私の用途に合わせてビスポークしたかのような完璧なサイズでした。K-1にF2.8/24-70mmを装着してレンズフードを順付けした状態のままスポッとピッタリ収まります。もちろんα7RIII+シグマF2.8/24-70mmレンズフード順付けでもピッタリ。ちなみに先端部のジップを開放すると10cmほど伸ばすことができる仕様なので、先端開放状態ならα7RIII+タムロンF2.8/70-180mmレンズフード順付けを入れてもまだまだ余裕がある感じ。(たぶんK-1+F4/70-210mmでも余裕、K-1+F2.8/70-200も三脚座さえ取り外せば収納できるはず。)

ハンドストラップを付けた一眼レフをレンズフード装着状態でスポッと収納できて、撮影時はサッと取り出せる、と。完璧じゃないかこれは!と思えるくらい良い買い物でした。まあデザインは「イモ」ですけどね。

京都府京都市 京都御苑・凝華洞跡のイチョウ


SIGMA fp / SIGMA 45mm F2.8 DG DN

散歩ついでのポタリングでたまたま立ち寄ったので巨樹用機材ではなくご近所スナップ用機材での撮影になってしまいましたが、あまりにも綺麗だったもので立ち止まらずにはいられませんでした。京都御苑というと京都の中心も中心、ド真ん中にある京都市民の憩いの場的存在ですが、実はここ数年まで外周こそ通るもののあまり縁がなかったんですよね。以前はずっとロードバイクに乗っていたもので、砂利で滑ってしまってとてもではないけれど御苑内には乗り入れできなかったんです。DAHONのHORIZEを購入してからは砂利道なんのその!ということで結構頻繁に訪れています。 全文を読む

亀岡ポタリング


OLYMPUS TOUGH TG-5

こうも気候が良くなってくると仕事してる場合じゃないな、ということで亀岡まで。 全文を読む

Diary


OLYMPUS TOUGH TG-5

朝練。朝晩はほんの少しだけ涼しくなってきた?


西尾さんのだし巻きを買って帰宅。
230円→250円→270円と徐々にお値打ち感が損なわれつつありますが、それでもまだまだ安い。
京都のだし巻きだとここのが一番好みでよく買いに行きます。

OLYMPUS TOUGH TG-5を持ってポタリング


OLYMPUS TOUGH TG-5

仕事の合間に健康維持のポタリング。操作性に慣れておきたかったのでサイクルジャージの背中ポッケに先日購入したTG-5を突っ込みます。豆粒センサーのコンデジに写りなんて全く期待してなかったんですが、わりと良いんじゃないの?というのが正直な感想。先代のTG-4が1600万画素だったところを敢えて1200万画素まで落として耐ノイズ性と階調に拘ったというのは伊達じゃないですねコレ。ええ、ワタクシ常日頃から申しておりますが、アホみたいに高画素化したところで所詮一般人にはデメリットしかないと思うのです。今やほとんどの人がスマホに転送するかPCのモニターで確認しておしまい。全紙どころかA3にプリントするような人が果たしてどれだけいるの?って話ですから。(TG-5と同じ1200万画素機のTG-6にデジタルテレコン機能が付きましたが、流石にそういうのは高画素機でやれよ、と思う。)で、肝心のGPS機能関連について。 全文を読む

ホーム > OLYMPUS TOUGH TG-5

CATEGORIES

Return to page top