Home > ぶらり一人旅

ぶらり一人旅 Archive

大王埼灯台、波切漁港撮り歩き


LEICA M10 / Leitz Summicron 50mm F2 1st “山崎ズミクロン”

横山展望台を離れ、大王埼灯台を目指す。といっても綿密に計画してやってきたわけでも何でもなく、展望台でぽけーっと景色を眺めつつGoogleMapで次なる目的地を探していたら、ここは良さそうだと気になっただけなのですが。何と言っても徒歩圏内に漁港まであるのが良い。灯台を見る、撮るというよりは久しぶりにカメラ片手に漁師の町をぷらぷら撮り歩きしたいなと。そういう目的なのでした。

全文を読む

伊勢志摩ぶらり撮り歩き


LEICA M10 / Leitz Summicron 50mm F2 1st “山崎ズミクロン”

2:00出発。4:30横山展望台に到着し、日の出を眺める。ずっと来たかったんですよここ。その後波切漁港~大王崎灯台エリアをぷらぷら撮り歩き。この時点で8:00くらい?既に汗だくになるくらいクソ暑いし、ペットボトル水を3本消費。クマゼミさんは鳴いてるし、これが梅雨明けでなかったら何なのかという感じでございました。その後巨樹を1本訪問してからは二見浦から伊勢神宮というベタベタなコース。伊勢神宮にも巨樹が多数存在しますが…意識が朦朧としていて向き合うことは不可能でした。徹夜で運転してそのまま夜明けとともに歩き回っているのでもうヘロヘロ。ここまで汗をかいたのは昨年の夜叉が池登山以来ではあるまいか。最近メンタルがやられ気味でしたが、これだけ汗をかいて写真を撮りまくるともうどうでもよくなってしまいました。復活ゥ!


このところ悪天候続きなので天気には全く期待せずに出発したわけですが、今回も天候に恵まれ、ワタクシ一体どれだけ日頃の行いが良いのかと驚嘆している次第です。さらには伊勢神宮で体力がゼロに達したので12:00に切り上げた直後には暗雲立ち込めて、目の前も見えないレベルの超絶雷雨が降りしきるという奇跡的幸運よ。私はモーセか。(各方面から怒られそう。)たぶん頑張ればいいことがある。努力や苦悩はきっと報われるのです。また来週から(?)頑張ろう。

あ、山崎光学写真レンズ研究所に出したズミクロン1stが全くの別物で笑えますぞ。これもう現代のレンズだ。すごい。

香川県再び


LEICA M10 / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

深夜出発、恒例の津嶋神社に6時着。ええ。珍しく若干寝坊しました。本当は5時に着いて日の出を眺める予定だったのに無念だ。ということで四国上陸でございます。富山県の洞杉を再訪して海岸線沿いをのんびり帰ろうかとも思ったんですけど、このご時世に万が一クマと遭遇でもして救急の方にご迷惑をおかけしたらと考えると、まあ今行くこともあるまいと。いやー、結果的に天候にも恵まれたし四国に来てよかった!

今回は「志々島の大クス」に会うこと以外は完全ノープラン。本日は津嶋神社近辺の海辺をぷらぷら歩いて志々島へ、その後は海岸線沿いを適当に流しながらパシャパシャ写真を撮ってこちらの沙弥の砂浜でぽけーっと一休みして今に至る感じ。今晩はこの辺りの少しでも涼しそうなところを探して車中泊の予定。明日も完全ノープランなので、また適当に海でも眺めながらのんびり帰ろうかと思います。

それにしても志々島の大クスはやっぱり良かった。2時間では全然足りん。
コロナが落ち着いたら志々島に泊まって、もっとのんびり過ごしたいなあ。

加茂の大クス


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM ・ LEICA M10 / Leitz Summicron 50mm F2 2nd

今回の香川徳島旅では特に目的を定めず、ただのんびりと海を眺めて時間を過ごそうとだけ心に決めてやってまいりましたが、唯一どうせ四国に上陸するなら立ち寄らねば…と楽しみにしていたのがこの巨樹。国宝級に値する国の特別天然記念物、加茂の大クスなのでした。ここへやって来るのは今回で3度目ですが、何度来ても視界に入った瞬間の興奮は色褪せないものですねえ。つい車の中で「うおおおおー!やって来たなあ。」なんてブツブツ言ってしまいましたもの。

全文を読む

Diary


LEICA M10 / Leitz Summicron 50mm F2 2nd

5時起床。のんびり身支度して「加茂の大クス」を目指す。どうやら途中で「財田駅前のタブノキ」なる巨樹の近くを通るみたいなので、せっかくの機会だし立ち寄ってみることに。これが予想に反して…と言ったら失礼だけど実に良かった。もう半年くらい?巨樹巡りが出来ていなかったのでリハビリ半分で立ち寄ったという超不純な動機にもかかわらず脱帽でございました。というかこのタブノキの雰囲気が良かったのももちろんだけど、そもそも巨樹と対峙するって体験自体がこういうものだったのかもしれない。今年に入ってからのたった数ヶ月だけで、ひょっとすると自分は大切なものを気付かぬうちにポロポロ落とし続けてきたのかもなあ。

本日はどちらの巨樹もライカM10で撮影。巨樹図鑑のような綺麗な写真をガンガン撮るというよりは、たとえ写真の出来栄えはアレでも巨樹とじっくり向き合ってみたかったもので。向き合うという意味では文句なしだった。が、何しろMFレンズはじーっと動かず構えることになるわけで、そうなると蚊の大群が…今シーズン初めて虫除けスプレーを解禁したのに効果があったのかは不明。それにしても、やっぱり巨樹はいいなあ。最高だ。


帰宅して早々に旅の最中スルーしていた客先や外注先からのメールに対応し、汗と汚れで地獄のごった煮のようになった洗濯物を片付け、クーラーをフル稼働させてようやく一息ついているところ。(京都に帰って近所の気温計を見てみたら34℃ですってよ奥様。何でこんなところに住んでるんだろう。私を含む全京都市民はアホなのかもしれない。)さて、モニターで写真を見返しては現地の空気を思い出してニヤニヤしております。よし、仕事を頑張ってまた行かないとな。

ホーム > ぶらり一人旅

CATEGORIES

Return to page top