Home > ぶらり一人旅

ぶらり一人旅 Archive

旅の断片


Nikon Z f / Nikon NIKKOR Z 28mm F2.8

朝の宮ノ下港。
食料買い出し→朝うどんを経て早めにやって来るのだけど、ぼけーっと海を眺めて定期便を待っているといつも寝落ちしそうになる。


船に乗りながら、昔この辺りを撮り歩いていた頃のことを思い出していた。
手元のカメラはZeiss IkonにBiogon 28mmだったり、小さなショルダーバッグにLOMO LC-Aだけだったり。

いつかまたあれくらい身軽な旅をしてみたい。
と思いつつも、色々な意味で昔のような身軽さは既に損なわれてしまったのだという実感もある。
一体あと何十年こうして五体満足に遠出することができるのか。いやいや数年かもしれないぞ、なんて考えてしまうとどうもね。
景色も撮りたいし食べ物も撮りたい、巨樹だって撮りたいしネコやヤギも撮りたいとつい欲張って重荷になってしまう。


実際28mm単焦点レンズを付けたカメラが1台あったら何でも撮れるわけですよ。
ハンミョウだって撮れる。

うーん、あの身軽さが恋しい。

旅の断片


Nikon Z f / Nikon NIKKOR Z 28mm F2.8

夜明け直前の朝散歩。薄手の長袖パーカを羽織ると少し肌寒いくらいのちょうどいい気温。
ここからもう1ヶ月も経てば暑さと蚊の猛攻で車中泊どころではなくなってしまう。
自分の場合、夜明け前後にさっさとチェックアウトしてしまうのでホテル泊だと色々もったいないんですよね…
せっかく朝食付きで予約しても、ここ5年くらいで1度だけしか食べた記憶もない(朝早すぎてレストランが開いてない)し。


そういえば旅カメラとしてZ fを持ってきたのは今回が初めてかもしれない。
結論から言うと物理的に軽いわ気分的にも軽快だわで、目の前の景色をサクサク撮れる良い旅カメラだった。

何よりこの数年内に発売したカメラはIBISの効果が素晴らしいですな。
ブレる、ブレないよりもEVF上での水平の取りやすさが尋常ではない。
昔から連呼していることだけど初心者向けのエントリー機にこそIBISは乗せるべきだと思うの。絶対。
手ブレ補正なしのカメラに暗いキットズームレンズ…そんなものを今の高性能スマホに慣れた人間が持ち歩くわけないでしょうに。

春の志々島旅


FUJIFILM X-H2 / FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR

昨晩は島民の方にお声がけいただき、くすくすで生ビール×3。アコウの煮付けなどごちそうになる。控えめに言って最高であった。
しばし一人で地酒 金陵を片手に夜の海を眺めてネコなど撮りつつ拠点へ。
捨てるわけにもいかないハローズ購入品のナマモノをたいらげて入浴からの洗い物、掃除洗濯。22:30就寝。

4:30起床。ささっと身支度を済ませて海辺で日の出を眺める。
拠点に戻って簡単な朝食を作ってコーヒーと。6:00大クスへと向かった。


先月の大クスも素晴らしかったが、やはり全ての新緑をまとい完全体となったその姿は別格すぎる。早朝の朝日に照らされた姿はまさに神。
この姿だけは新緑の時期に訪問、かつ宿泊しないかぎり絶対に見ることが叶わないわけで、この瞬間を味わえただけで至福と言えましょう。
眺めながらずっと考えていたことは「死にたくねえなあ…」だった。何年も何年も、遙か先の未来でもこの新緑の大クスを眺めていたい。

拠点に戻ってゴミをまとめて最終チェック。戸締まりをして昨日お世話になった方々に挨拶を済ませたら定期便へ。
さらば志々島。また涼しくなった頃にお邪魔したい。


ここからはダイジェストで。

宮ノ下港に帰港して昼うどん→センダンの巨樹→昨年末軽く歩いた岡山県の牛窓を再訪(ムスメたちに好評だったお土産をもう一度買おうと思ったらお店がことごとく火曜定休だった)→歩き疲れたのでそのままブルーラインを突っ走ってあいおい白龍城を目指し、相生市最強と名高いペーロン温泉に浸かって帰ろうと目論む→まさかの火曜定休、現地にて絶望する(とはいえ、何でも事前情報なしの方が楽しくないですか?いちいち事前に検索してたらつまんないでしょ)→他所を探すのも面倒なので高速に飛び乗って帰路へ。

帰宅後、急ぎの対応だけ済ませたところで力尽きた。
不本意だけど洗濯と荷解きは明日やります…

春の志々島旅 なお今季2回目


Nikon Z f / Nikon NIKKOR Z 28mm F2.8

昨晩は勢い余って21時四国上陸。
車内で夕飯とワインを軽くやって歯磨き、寝巻きへの着替えを済ませて座席をリクライニングさせてぽけーっとしていたら、そのまま寝落ちしてしまった。一昔前まで枕が変わったら全く寝付けないタイプだったのになんという変貌。4時起床。たぶんぐっすり5時間くらいは寝ていたと思う。

日の出前の散歩、島で食べる食糧の買い出し、朝うどんを済ませて志々島へ。


昨晩ずっと雨が降り続いていたので今日の天気はどうだろうと思っていたのですが、結果的に大勝利ではありませんか。
この数年間ほとんど毎月どこかに遠征してるけど旅の日に雨が降ったのは友人と志々島に来たとき1回きりだと思う。あの雨男め。
やれやれ、敗北を知りたいぜ。(こうやって調子に乗っていると近いうち間違いなく痛い目を見る。)

とりあえず午前中だけで15000歩も歩いたので、午後は早速一度目のシャワーを浴びて浜辺をふらふらしたりネコやヤギと戯れたりとまったりやっております。もう少し気温が下がったらまた大クスを見に行って本日は締めかなと。大クス往復後は酒がうまい。

旅の断片


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 20-35mm F4 R WR

志々島の最高点「横尾(よこぼ)の辻」。最高点といっても標高100m程度の小高い丘のようなものですが。
しかし坂道の多い島の集落や急斜面の先にある大クスを何時間も歩き回ってから向かう横尾の辻は結構な試練なんだなあ。
こんなくそ暑い日に山頂までやって来たのは私だけだろう…と思い出ノートをめくってみると、まさかの先客が1名いてビビるのだった。


そろそろ旅欲が疼いて落ち着かなくなってきた今日このごろ。
5月は気候が良すぎて、たとえGWを外したとしても人が多めなのがネックでなあ。
とはいえ、そんなワガママ言ってウジウジ引きこもっていると何もしないまま1年が過ぎてしまうのがアレだ。

ホーム > ぶらり一人旅

CATEGORIES

Return to page top