Home > 巨木たち(樹種別) > ケヤキ

ケヤキ Archive

石川県加賀市 白山神社巨木群(小塩辻白山神社のケヤキ)


SONY α7III / TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

こちらは先日紹介した「十村屋敷跡のスダジイ巨木群」から目と鼻の先。実はスダジイ巨木群の記事、冒頭の写真の右手道路の先にあるこんもりとした緑の塊がこの白山神社なのですが。距離にして50~100mくらいでしょうかね。ここまで来たら当然こちらにも立ち寄らなければ損というものです。

たったこれだけの距離とはいえ駐車したままでは具合が悪かろうということで車を移動しようと試みたのですが、まさかの駐車場無し。ええ、玉垣の前に少しだけ横付けさせてもらってもいいのかもしれませんが、そこは自称常識人の私ですからどうも、ねえ。ということで結局駐車スペースを探して周辺をぐるぐると彷徨ってしまいました。そこまで長時間の滞在にはならないかと思いますので、素直に十村屋敷跡付近に停めたまま徒歩で参拝する方がよろしいのではないか…というのが私の結論。

全文を読む

富山県富山市 西岩瀬諏訪社の大けやき


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

「宮川の大ケヤキ」を離れようと思ったのがちょうどお昼時。当時は新型コロナも関東圏以外においてはほぼ終息状態でありましたが、大事を取ってコンビニ飯で済ませることにします。とはいえ移動しながら車内でコンビニ飯をムシャムシャ食べるのはあまりにも寂しすぎますから、せめて海辺にある巨樹を訪問するついでに富山湾でも眺めながら昼食休憩を取れないかと企んだわけです。(そんな適当な動機かよ。)で、その目的にビンゴ!だったのがこの「西岩瀬諏訪社の大けやき」なのでした。

全文を読む

富山県中新川郡上市町 宮川の大ケヤキ


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

「洞杉群」の興奮を一旦クールダウンするため魚津市の埋没林博物館を経由し、この日宿泊予定の石川県小松市を目指して出発。本当ならお土産を探したりカメラ片手に街を散策してみたいところですが、この状況下で他県の人間が大手を振ってふらふら歩き回るのもいかがなものか。ということで今回は寄り道なし、巨樹と巨樹を結ぶような形でピンポイントに目的地を設定しつつホテルへと向かうことにしました。まずは埋没林博物館から車で30分ほど、富山地方鉄道本線 上市(かみいち)駅近くの日吉神社を目指します。ここにケヤキの大物が立っているというのですが…って、これはもう見間違うはずもありません。あれか。境内に車を停めさせていただき、早速バタバタと撮影の準備を進めます。

全文を読む

茨城県取手市 地蔵ケヤキ


SONY α7II / SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G

この数日というもの、短期間で一気に長距離の巨樹を大量に巡ろうということで欲張って巨樹ランキング上位に来る猛者ばかりを選定して回ってしまったからなのか、スペックの突出した巨樹もいささか食傷気味になってきました。そう、巨樹巡りも食事と一緒なのだなと気付いた次第。どれだけ美味しいメインディッシュでも朝昼晩と続いたら流石に感性が参ってしまうわけです。そこで美味しいかけそば的な、感性に優しそうな巨樹はないかなとWebや書籍で茨城県の巨樹を眺めていたところ、特に大木揃いのケヤキの中でもひときわ目立つものを発見しました。数値ではありませんよ?空洞化した巨大なウロの中にお地蔵様が安置されている、その絵面がふわっと柔らかい。なになに、「地蔵ケヤキ」か。この見たまんまのネーミングもまた良いではありませんか。ああ、これだこれ。往来の少ない静かな集落で作られる、美味しいお出汁に手打ちの二八そば、具は刻んだ柚子の皮を散らしておしまい。きっとそんな巨樹に違いありません。

全文を読む

茨城県古河市 小蓋宮の大欅


SONY α7II / SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G

さて群馬県を抜けて茨城県までやってまいりました。この辺りは群馬県、栃木県、埼玉県、茨城県の県境に近いところで、群馬県を出発して僅か1時間程度の間に栃木→埼玉→茨城と標識が変わっていく小気味良いリズム感が余所者には面白く、この古河市にしても走っているのは栃木ナンバーばかりという不思議な場所でございました。全国的に有名な国天クラスの巨樹ではありませんが、Webで見てから是非実際にこの目で見てみたいと思っていたケヤキの木がこの古河市に立っているのです。

全文を読む

ホーム > 巨木たち(樹種別) > ケヤキ

CATEGORIES

Return to page top