ホーム > タグ > Voigtlander ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VM

Voigtlander ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VM

徳島県名西郡神山町 峯長瀬の大ケヤキ


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 35-70mm F4.5-5.6 WR
LEICA M10 / Voigtlander ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VM

徳島市の西端「春日の大楠」から神山町の山中を目指します。今回の旅でどうしても立ち寄りたかったのが、ケヤキの巨樹としては四国ナンバーワンの「峯長瀬の大ケヤキ」。数少ない情報によるととにかくとんでもない狭路らしい。せっかく気候のいい時期なので今回は麓から自転車で登ってみることにしました。

全文を読む

Diary


LEICA M10 / Voigtlander ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VM

もちろんそこは釣り禁止。というか立入禁止。
例年ゴールデンウィークになると知能もモラルもドバト未満の馬鹿がわらわら闊歩し始めるので嫌で嫌で仕方ありません。
そら全国で事故も多発するわ。願わくば、一刻も早く連休が終わって平穏な日々が戻ってきますように。


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW

そういえばPENTAXさん。京都ヨドバシから撤退し、リコーイメージングスクエア大阪も閉鎖してしまいました。
もしかしてもう関西圏では実機を触れない?関西人など我が社の客ではない!ということなのか。

一眼レフにこだわるストイックな姿勢を応援したい気持ちはあるものの、これではちょっと付いて行くのが難しいです。
パソコンのBTOじゃあるまいし、フィーリングも確かめずに数十万円払うって結構ハードル高いと思うんですけどどうなんでしょうね。
今後ずっとこの方針で行くなら個人的にはK-1に不調が出始めたら新品のK-1 markIIを買ってそれが最後かなあ…

藤坂の大カツラ ※2022/5/2 大枝折損してました


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 35-70mm F4.5-5.6 WR
LEICA M10 / Voigtlander ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VM

憎きゴールデンウィークですが流石にここまで気候が良いと一日くらいどこかへ出かけないともったいない。ということで能勢の「野間の大ケヤキ」か丹波篠山の「藤坂の大カツラ」を眺めに行こうと思っておりました。

しかし考えてみれば連休中の野間の大ケヤキなんて、喧しいバイク野郎とチンドン屋みたいな格好をしたロード乗りに占拠されているに決まってます。せっかく喧騒を離れて自然豊かなところでのんびり過ごそうというのに、一体何が悲しくて奴らを視界に入れなければならないのか。そうなったら目的地は丹波篠山一択なのでございました。信号すらほとんど無い京北→日吉→京丹波経由ルートで快適極まりない。

で、いつもの急斜面を登って到着。何かがおかしい。

全文を読む

久しぶりの四国巨樹旅 1日目


LEICA M10 / Voigtlander ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VM

この約2年の間に何度も四国をぶらぶら旅してきましたが、その目的はあくまでも海を眺めることであって巨樹に出会うことではありませんでした。何となく積極的に調べ物をして巨樹!巨樹!(V8!V8!)というホットな気分になれなかったんです。が、今回はかつての情熱を取り戻すべく久々の巨樹メインの旅。今となっては徳島県もまずまず土地勘のあるエリアですから焦らず急がず、気持ちのいい巨樹があれば一か所に何時間でも留まってやるぜ!くらいの意気込みで出発しました。深夜出発、夜明け直前の5時前には徳島県に上陸し、本当にのんびりと3本の新規巨樹に出会ってきました。

自転車に乗り換えてとんでもない場所にある巨樹も目指しましたが、三脚にカメラにとにかく荷物が鬼のように重かったので結構な苦行でしたねえ。そういえばこの自転車、まだボトルケージすら付けてないんでした。面倒くさいけどいちいち立ち止まって水分補給です。途中、気付いたらLEICA M10の接眼レンズゴム?がもげて無くなっていて結構ショック。これそもそも接眼部単体で修理できるのか?しかしまあ苦労して、そして接眼レンズゴムを紛失してまで登った甲斐はありました。(ぶっちゃけこの程度の狭路だったら車でもそこまで苦労せず登れたな…と思わなくもない。結果論ですが。ただ、自転車で登ったからこそ感動が何倍にも高まったような気はします。)結局ここにも軽く2時間は滞在してしまいました。まだまだ余裕で居られましたね。


LEICA M10 / Carl Zeiss Planar T* 50mm F2 ZM

もちろん本日の締めはこちらへ。何度来てもいいところです。ここでしばらく大クスをぽけーっと眺めながら野立てコーヒーで休憩。で、こちらから四国中央市までたった50kmということだったので急遽宿を取って愛媛県入りしております。今晩は馴染みの鉄板屋に顔だけ出してくる予定。流石に深夜から動き続けているので疲れました。というか眠すぎる。顔だけ出したらさっさと寝てしまおう。

ところで今回何度か地元の方とお話しする機会があったのですが、徳島の人って人情ありますねえ。
例の一件以来「徳島の爺さん=他県ナンバーの車に投石」のイメージが出来上がっていた私なんか真面目に土下座しなければなりません。
いえ、こんなご時世ですから余所者に嫌悪感があるのは私も理解できますとも。でも戦国時代じゃないんだから投石はダメですよね…

 

Diary


LEICA M10 / Voigtlander ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VM

巨樹リストを眺めているだけでワクワク感が尋常ではない。
失いかけていた情熱がここにあった。

四国の巨樹を改めて調べてみると徳島県の大物は大方見たくらいに考えていたのに、まだまだ途方も無い数の巨樹が控えている事実に驚く。
流石に県南部を攻めるならもっと時間をかけた下調べが必要そうだ。(なんかとんでもない山奥のものが多い。)


LEICA M10 / Leitz Summicron 50mm F2 2nd

今日は一日、流れる雲をただぽけーっと眺めて老人のように過ごしていた。
人並み以上の幸福は望まない。ただ心穏やかに生きていたい。

Home > タグ > Voigtlander ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VM

CATEGORIES

Return to page top