Home > Life Log

Life Log Archive

Diary


FUJIFILM XF10

東三国の巨樹へ。車ではなく電車でのんびり向かいたい気分だったので久しぶりの阪急電車。南方から東三国まで歩き、ぽけーっと巨樹を眺めてから今度は淡路まで歩いて帰路へ。この辺りはまだGR1vが修理可能だった頃、修理のためにリコーサービスセンターを目指して何度も歩いた道。(大体500~1,000本くらい撮るとモーターがいかれて要修理になる。GRもCONTAXのT3もとっくに修理受付が終了。耐久性を考えると今後も使い続ける気にはなれず、値段が付くうちにと手放してしまった。)あんなに何度も修理してまで使い続けたいと思えるデジカメにはまだ出会えてないな。そういう時代でもないのかもしれないけど、少し寂しい。

Diary


FUJIFILM XF10 / Film Simulation “PROVIA”

ビール、たこ焼き、ハイボール。

Diary


FUJIFILM XF10 / Film Simulation “PROVIA”

近所でフリスビー。

愛知県東部→三重県 巨樹めぐり


FUJIFILM XF10 / Film Simulation “ASTIA”

日本地図の京都より東側は極力見ないようにしていたのですが…仕事を終え、高速に飛び乗って愛知県岡崎市まで。愛知県の西部は巨樹的に見るとちょっとイマイチな感じだったので、いっそ飛び越えてしまおうということで岡崎です。どうせ山奥だろうと決め込んで目的地に設定した「道の駅 藤川宿」は予想に反して混雑していて、to-fu的車中泊オススメポイント星一つな感じでした。これなら適当なサービスエリアで寝た方がマシだったかもしれない。22時着。本日も缶ビール、ホタテのヒモで一杯やって翌日の巨樹を簡単に予習したら寝袋にこもって就寝。


6時起床。お湯を沸かしてコーヒーを…という雰囲気の道の駅ではなかったので、併設されたコンビニでコーヒーを買って朝食タイム。うん、日の出が早くなりましたね。(というか僕より先に到着して早々に就寝していたと思われる周りの皆さんは僕が出発する時点でもまだ起きる気配すら無かったんですが、彼らは一体どれだけ寝てるんだろう。)愛知県でスギ→クスノキ→クスノキ→クスノキを見ながら下道でちんたら三重県へ戻り、クスノキ→マツで〆。結局愛知県の端っこ、もうちょっとで長野県の「月瀬の大スギ」が見れるな…というところまで行ってしまったので、流石に帰路の下道マゾプレイは結構ハードでした。でも、ねえ。高速に乗ると面倒臭くなりません?たぶん高速を使ってたら三重で降りずに直帰してたと思うんです。だからまあいいか。

Diary


FUJIFILM XF10 / Film Simulation “ASTIA”

早く何処かに行きたいという一心で仕事を進めている。
そしてチーズナンの美味さは異常。

ホーム > Life Log

Archives
  • 2019 (49)
  • 2018 (358)
  • 2017 (115)
  • 2016 (37)
  • 2015 (116)
  • 2014 (100)
  • 2013 (28)
  • 2012 (52)
  • 2011 (55)
CATEGORIES
tag cloud

Return to page top