Home > Life Log

Life Log Archive

Diary


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM

天気悪し。朝の散歩を終え、あとは終日引きこもって仕事の予定。
この週末の間にノルマをこなして来週は車に自転車を積んで海でも眺めに行こう。

輪行しすぎなのかDAHONさんの折り畳み可動部がガタガタになってきたので、そろそろ買い換えようか悩んでおります。
次回もまた同じHORIZEで全く問題無しなんですが、ディスクブレーキ化して値上げしてるんですよねえ。
個人的にはディスク化の恩恵があまりないので、それならリムブレーキのもう少し上位モデルでもいいのでは?という気もしたり。
まあ一番の問題は先立つモノが無くて今すぐにはどうしようもないということなんですけど。さあ頑張って働こう。

Diary


SONY α7III / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

ついついコロナが終わるまで何とか凌ごう、コロナが落ち着いたら頑張ろうなんて思考に陥りがちですが、そんなものは健康な明日が当たり前にやって来るという思い込み前提の温い戯言ですよね。そう考えていいのは不老不死な人だけですよ。もしこの先コロナが何十年も続くことになったらお前は延々無気力に生きるつもりなのかと。周りに流されず自分に出来ることをただ淡々と積み上げていきたいものです。それでダメならもう仕方ない。

Diary


SONY α7III / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

食料調達のついでに酒屋まで。「風の森 秋津穂65」と「まんさくの花 秋田酒こまち」を購入。
膝痛で歩行速度が老人並みになっているため遊歩道のベンチでしばし休憩していると、なんだかもう初夏のような暖かさだった。
まだストーブすら片付けてないのに。流石に焦る。

Diary


SONY α7III / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

おお…足が…足が逝ってしまわれた。
階段を降りるだけで膝がギシギシと軋みます。杖が欲しいレベル。
今日は大人しく仕事して、あとでのんびり巨樹記事でもまとめよう。
お腹が空いたけど近所のパン屋まで歩くのも困難な状態。出前頼むしかないなこれ。


風景写真に望遠レンズって結構有りなのでは?と。
しかし機材の重量は膝へのダメージに多少なり影響しているはず。
登山においては軽さこそ正義ですな。当たり前ですけど。
K-1に100mmマクロ、サブ機としてGR IIIくらいがベストか?

もちろんGR IIIだけで記録写真としては成り立つんですが、そこはアレです。
一応登山メインではなく、あくまで写真を楽しむために登山しているわけで、色々設定を弄ったりしたいのですよ。

武奈ヶ岳登山(御殿山経由ルート)


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

無事登頂。写真を撮りながらのんびり登山。獲得標高1191m、20211歩、消費カロリー2503kcal。7時に登り初めて下山したのが12時過ぎでした。とりあえずスタート直後のえげつない急坂が心を折りにくるのと御殿山頂上(1097m)までの景色が退屈すぎるのがネックですが、武奈ヶ岳頂上付近はかなり楽しめました。ガスってたのは残念でしたけどめちゃくちゃ気持ちよかったです。最高のストレス発散だ。また登りたい。


本日の残念ポイント。

・山頂付近が成人男性でも踏ん張れないレベルの強風だったので、山頂にタッチして即下山せざるを得なかった。パン?コーヒー?いやいやバーナー一式出した瞬間、強風に一瞬で持って行かれます。結局御殿山山頂(眺望悪し)まで移動してパンだけ食べた。

・下山を始めた瞬間澄み渡る青空。

・動物や野鳥など撮れたらと終始右手に抱えていたα7IIIとシグマ100-400mmのセット。で、5時間の登山中に会った動物といえばアオダイショウ一匹のみ。というか望遠ズームを買ってから全く動物、野鳥の類と出会わなくなった。呪いのアイテムかこれは。

帰路ラストのえげつない急坂で残りの足HPを全て使い果たしましたが、流石平日午前中だけあって数人程度としかすれ違わなかったので、最後まで自分のペースで気持ちよく登山できました。愛宕山と違って隊列組んでペチャクチャうるさいおばはんグループがいなかったのはGOOD。夜叉ヶ池が山開きするまでにもう一度行きたいなあ。100-400mmは不要だけど100mmで狙う風景写真はなかなか面白かったので、次回はK-1と100mmマクロを持って行くといいかも。

以前は風景撮影といったら真っ先に広角レンズを用意していたけど、目の前の景色を全部持って帰るよりも一部を切り取って持って帰る方が写真行為的には面白いかもしれないなと。広角域は35mmで充分だった。

ホーム > Life Log

CATEGORIES

Return to page top