Home > Life Log

Life Log Archive

北野天満宮の花手水


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

朝の散歩ついでに北野天満宮の花手水を見てきました。ああ、これは綺麗だ。
若い頃は花なんてちっとも興味がなかったのに、歳を重ねるにつれて本当に心にしみ入るようになるんだなと。


これだけの極彩色を敷き詰めてなお全体を破綻させない華道ってすごい。
そういえば、そろそろ紫陽花の季節ですね。今年は三室戸寺にでも紫陽花を見に行こうかな。
あ、北野天満宮の花手水は6月いっぱい楽しめます。お近くの方はぜひ。

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

筋肉痛は無事回避できたものの膝の関節が痛みます。膝の痛みに関しては昨年イスを変えてから慢性的な持病のようになっているので、ひょっとすると今のイスが致命的なくらい私に合っていないのかもしれません。って書きながら今さら気付いたんですが。ははは。

早朝から今季の役目を終えた冬用寝袋を洗濯して、このところ乗る機会が無くて最低限のメンテナンスしかしていなかった自転車を綺麗に洗車しました。朝っぱらから汗だく状態。今日も暑くなりそうです。夕方まで仕事を進めて、その後は登山の写真をまとめてのんびりしよう。ひとやすみ、ひとやすみ。

Diary


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

前夜22:00現着して日本酒タイムからの車中泊。4:00起床、のんびり身支度し、もちろんきちんと登山届を提出して6:00登山開始。いえ、本当は早起きして深夜出発早朝着の方が楽だし高速料金も安くなるしいいことづくめなんです。でもどうしても車の中で一人だらだらとお酒を飲みたかったので。はい。登山道の入口にカツラの巨樹、途中にトチノキの巨樹があるわけですが、どうせ行くなら頂上を目指したいじゃないですか。ということで登ってきました。メチャクチャしんどかったです。しかし…最高だった。現時点で今年一番の旅は…うーん、今日の登山か熊野詣からの和歌山三重巨樹めぐりか。甲乙付けがたい。


午前中だけの消費カロリーとしては過去最高の数値を記録。
スタート地点の高度が高いので獲得標高はそこまででもないんですけど。昨年末の愛宕山登山の倍近くカロリーを消費していました。何が違うんだろうとよくよく考えてみたら荷物か。愛宕山は三脚なし、fpとGRだけで行きましたからね。今回は三脚ありのフルサイズ一眼+F2.8レンズを2セット、水分も2リットル…ああ、そりゃ膝も痛くなりますわ。

今回は直行直帰前提のスケジュールだったので仕方ありませんが流石に次回は宿を取って来たいですね。しんどい。(というかこんな時期なので往復高速を使いましたが、実はうちから福井県南部までだと下道と高速で10~20分程度しか変わらないという…高速は琵琶湖大回りなので殆どメリット無いんです。下道で来れたら浮いた分で余裕で宿に泊まれるんですよねえ。)

巨樹も登山道も素晴らしく良かったので、気持ちが色褪せてしまわないうちにさっさと記事にしてしまわないとなあ。

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

今朝の早朝散歩。カスタムイメージ「銀残し」で。カメラ内RAW現像が楽しい。明日予定している軽登山(現地観光協会によると往復約4時間半くらい)の準備運動がてら、K-1+2.8/24-70とα7III+2.8/70-180、おまけのX100Vという無駄な重装備を背負って軽く山道を歩いてみました。

実際にはここに水分2リットルと軽食、そして忘れちゃいけない三脚が加わるわけで、ああこれは結構厳しいなという感じになりそうです。もちろん実際にはX100Vをお留守番させるとして、K-1はα7RIII+2.8/24-70とトレードでしょうか。若干軽量化が期待できるのに加えて、やはり最低でも山奥を攻めるときくらいは予備機が無いと不安ですよねえ。カメラの故障って大抵が突然に、そして何もこんなときに…というタイミングで発生しますから。しかしK-1の予備機になりそうなものはK-1かK-1 markIIしかないという。いやいやいや。一体何を考えてるんだ。仕事に集中しよう。

猫ベンチ


SONY α7III / TAMRON 70-180mm F2.8 Di III VXD

先週の光景。この後1匹が地上へ落下してしまったそうで恐らくそのまま衰弱死、残る2匹もここ数日は元気がなく、屋根裏に隠れたままあまり顔を見せなくなってしまいました。ここの猫たちはボランティアの方が管理する所謂地域猫というやつで、近くの動物病院の方が善意でお風呂に入れてくれていたりと野良猫としては破格の待遇を受けているわけですが、この子育てしている場所が実は空き家なものですから、ここに留まっている以上は土地の所有者でも何でもない第三者が勝手に手を出せない状態。残った2匹だけでも何とか無事育ってくれるといいんですが。自然の世界とは厳しいものです。

さて。今日明日中には抱えている案件が一旦落ち着きそうなので、これが片付いたら気分転換にどこかへ足を伸ばしてみようと思っています。京都府からちょっと出てしまうけれど、高速で最寄りICまでショートカットして福井県の某トチノキを目指そうか、というのが現時点のプラン。今月から徐々に調子を上げていかないとな。

ホーム > Life Log

CATEGORIES

Return to page top