ホーム > タグ > FUJIFILM GFX50S II

FUJIFILM GFX50S II

またも四国巨樹めぐり 1日目


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 35-70mm F4.5-5.6 WR

遅めのゴールデンウィークでも取りますか。ということで早朝から四国上陸。
徳島市を起点にいつもの吉野川ルートではなく山方面を目指し、佐那河内村を経由して神山町へ。
最後は加茂の大クスで締めるというもはや恒例のアレ。


どうしても再訪したかった「峯長瀬の大ケヤキ」に今回は車で挑みました。控えめに言って最高ですね…
正直前回はあまり良い印象の残らなかったケヤキですが、もうワタクシ本当に地べたに額をこすりつけて土下座せねばなりません。
幹周りの太さだけでなく立ち姿の美しさまで加味したら総合的に日本一のケヤキなのではなかろうか。
巨樹と眼下に広がるの大パノラマを眺めながら神山町の道の駅で買った昼食をいただきましたが、あの美味さは生涯忘れることがないでしょう。

さて現在香川県に移動し、「環の湯」で湯船に浸かってのんびり休憩しております。
ここからいつものポイントに移って地酒とお刺身を楽しみ、明日に備えて早々に眠りにつこうと思います。
それにしても徳島県のガソリンスタンドは金額非表示だったり金額がまさかの税抜表示だったりボッタくる気満々で恐ろしいぜ…

徳島県名西郡神山町 峯長瀬の大ケヤキ


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 35-70mm F4.5-5.6 WR
LEICA M10 / Voigtlander ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VM

徳島市の西端「春日の大楠」から神山町の山中を目指します。今回の旅でどうしても立ち寄りたかったのが、ケヤキの巨樹としては四国ナンバーワンの「峯長瀬の大ケヤキ」。数少ない情報によるととにかくとんでもない狭路らしい。せっかく気候のいい時期なので今回は麓から自転車で登ってみることにしました。

全文を読む

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW

本日も晴天。Tシャツ一枚で暑くもなく寒くもない快適な一日。
連休もようやく終盤ということで京都市内の浮かれムードも少しずつ落ち着きつつあるように感じる。よきかな。
近くのスーパーで母の日調理用の食材を買い込み、K-1のカメラ内現像をぽちぽち弄っているだけで一日を終えてしまいそうな勢い。


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 45mm F2.8 R WR

連休が明けて人出が落ち着いた頃にどこか近場へ出かけたい。
近所へ出るにも人、人、人でウンザリさせられたので鬱憤を晴らしてリスタートしたいところ。
第一候補はやっぱり去年断念せざるを得なかった石徹白巡礼か。
先月行った徳島にも心残りがあるので、そちらも気になるといえば気になるんだなあ。

Diary


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 45mm F2.8 R WR

少しだけ早起きして京北奥地の片波川源流域 伏条台杉群生地を散策。
相変わらずのスギの迫力もさることながら、若葉萌える新緑の美しさは筆舌に尽くしがたいものがありますな。


3時間ほど歩き回りましたが結局ニンゲンは私一人だけ。
連休とも混雑とも一切無縁な空間、やっぱりこういう時間の過ごし方が好きだなあ。


駐車スペースでコーヒーを淹れてのんびり空を眺め、花脊峠ルートから帰路へ。

しかしあの鬱陶しいメマトイだけは何とかならんものか。
昨年まで使用していた虫除けスプレー(主要成分イカリジン?だったか非ディートのもの)がメマトイやアブに対して完全無力だったので調べてみたところ、どうも登山用途なら蚊取り線香の強化タイプ「パワー森林香」一択らしい。もちろん帰宅後即購入。近いうちにもう一度散策してパワー森林香の破壊力を検証してみたい。

藤坂の大カツラ ※2022/5/2 大枝折損してました


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 35-70mm F4.5-5.6 WR
LEICA M10 / Voigtlander ULTRON 21mm F1.8 Aspherical VM

憎きゴールデンウィークですが流石にここまで気候が良いと一日くらいどこかへ出かけないともったいない。ということで能勢の「野間の大ケヤキ」か丹波篠山の「藤坂の大カツラ」を眺めに行こうと思っておりました。

しかし考えてみれば連休中の野間の大ケヤキなんて、喧しいバイク野郎とチンドン屋みたいな格好をしたロード乗りに占拠されているに決まってます。せっかく喧騒を離れて自然豊かなところでのんびり過ごそうというのに、一体何が悲しくて奴らを視界に入れなければならないのか。そうなったら目的地は丹波篠山一択なのでございました。信号すらほとんど無い京北→日吉→京丹波経由ルートで快適極まりない。

で、いつもの急斜面を登って到着。何かがおかしい。

全文を読む

Home > タグ > FUJIFILM GFX50S II

CATEGORIES

Return to page top