Home > カメラの話

カメラの話 Archive

SIGMA 85mm F1.4 DG DN Artを購入しました


FUJIFILM X100V

本日発売のSIGMA 85mm F1.4 DG DN Artを購入。先日70mmマクロを購入したばかりなのに、ちっとも寄れない85mmなんか使う?と悩んだりもしましたが、山木サンのあの素晴らしいプレゼンを見てしまうとフルサイズミラーレスユーザーとしては買わざるを得ないでしょう。実はプレゼン動画を見終わった瞬間に速攻で予約していました 笑 一眼レフ用レンズでは実現不可能だったコンパクトネスと最高の描写性能の両立。私を含むフルサイズミラーレスユーザーの思い描いたミラーレスだからこその優位性は、まさにここに尽きると思うんですよね。

持ってみた感想としては(シグマにしては)本当に軽い!で、今回はメイン使いのEマウント版ではなくサブ機のLマウント版を購入しました。これだけコンパクトなレンズですからポケッタブル・フルサイズを謳うシグマ fpには最適というものでしょう。


ええとワタクシ、嘘をつきました。白状しましょう。
本当はEマウント版を買ったつもりがヨド○シ・ドット・コムでうっかりLマウント版をカートに放り込んでいたという事実を 笑

開封してα7IIIに「あれ?これ付かねえぞ…」なんてガチャガチャやって初めて気付いたわけです。これはもしやと外箱を見るとそこには無情にもFOR L-MOUNTの文字が。いやー血の気が引きましたね。マウントガチャガチャやってしまったから流石にヨ○バシに交換してもらうこともできないし、マップに下取りにでも出してEマウントモデルを買い直すしかないのかなと。損差はきっと3~4万円くらいになるんですかねえ…

でもまあよくよく考えてみたらEマウントのレンズはもう充実しているし、前述のとおりこのコンパクトさならfpのパートナーとして最適。これと先日購入したLUMIX 20-60mmがあれば家族旅行用機材として完璧なんじゃないか?ということで結局このまま使うことに決めました。20-60mmは描写性能的にはやはり一桁万円クラスのズームレンズなので、旅行にこれ一本だとここぞというとき少し物足りないかなというのを感じていましたので。かなり動揺したのは事実ですが、とりあえずは結果オーライということで。こうして手元にやって来たのも何かの縁でしょう。ご近所散歩や山道散歩にも大いに活躍していただくつもりです。

FUJIFILM X100V / Kodachrome 64風


FUJIFILM X100V / Film Simlation “Kodachrome 64風”

海外の方が公開しているフィルムシミュレーションのレシピ集。こちらはX100VデフォルトのClassic ChromeをベースにしてKodachrome 64を模した設定。色かぶりなどやや誇張しすぎな感はありますが、これはこれでなかなか面白いと思います。


こちらもKodachrome 64。カスタム登録しておくとフィルムシミュレーションの選択肢が増えたみたいで面白い。昔大好きだったKodak 400UCバージョンも作ってくれないかなあ、という他力本願。

SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Artを購入しました


FUJIFILM X100V

つい先日別のレンズを購入したばかりですが、おまけに別のレンズも行ってしまいました。というのもですね。我が家も例に漏れず今年の夏は帰省を諦めることを梅雨の時期から早々に決定しておりまして。車でブーンとかっ飛べる私の実家ならいざしらず、ヨメの実家(僻地オブ僻地)への往復費用は半端じゃあないわけです。冗談抜きに往復の飛行機代だけでもちょっとした海外旅行より高くつく始末。今年はそのために取っておいたお金が丸々浮いてしまったものですから、ある程度は貯蓄と夏の娯楽費(子供たちと花火だったり川遊びだったり)に回して上で、残りは家族それぞれ好きなものでも買って使えばいいのでは?ということに。何かとストレスの溜まる生活ですからねえ。

新コロ流行以降は私の楽しみといったらとにかく「好きな撮影機材をその日の気分で持ち替えながらのご近所散歩」以外にないものですから、今後しばらくこの生活が続くだろうという覚悟も込めて山歩き用のウェアとシューズを新調、そして以前から気になっていたこのマクロレンズを購入することにしたのでした。

全文を読む

Panasonic LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6の試し撮り


SIGMA fp / Panasonic LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

Newレンズということで試し撮り。たかがガラスの塊を買っただけなのに何故こんなに楽しいのか。かつては標準ズームといったら28mmスタートでしたが現代では24mmスタートのものが多数を占めています。しかしやはりスマホカメラの台頭が影響しているのでしょうか。標準画角の広角化も進み、とうとうここまで来たかと。20mmスタートの標準ズームですってよ。超広角ズームも所有しているのでアレですが、持ち歩いてみた感じ「20mmって広っ、ええやんこれ。」でございました。適当に何枚か載せていきます。

全文を読む

LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6 S-R2060を購入しました


FUJIFILM X100V

7月の頭にこの「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」を予約したものの発売日に届かず、納期を問い合わせると納期未定との返答。もう面倒くさくなって「だいたい1ヶ月後には、6カ月以内にはといったアバウトな感じでいいから返事が欲しい。それも読めないということなら申し訳ないけどキャンセルしたい。」と伝えたところ、ほな来週には送りますわと最終回答をいただきました。納期未定とは一体。

そんなこんなで受け取ったわけですがとても良いです。外装はウルトラチープ。以前持っていたFE 24-105mm F4 G OSSと似た梨地仕上げですが、触れた瞬間に樹脂だと分かる中身詰まってない感が半端ではありません。が、軽い。fpのために作られたのでは?としか思えないくらいfpにマッチする。フルフレームのボディ+レンズで772gですよ奥さん。もう旅行なんてこれ1台で充分でしょう。ちょっと試し撮りした限りだと写りも良いし何よりめちゃくちゃ寄れる。文句ありません。


なお現時点ではfpの周辺光量補正をAUTOにした状態でワイド端の20mmで撮影するとRAWデータの四隅が真っ白に飛んで消失するといった致命的な不具合が確認されております。シグマさんがファームウェアにて対応すると公式にアナウンスしているので、しばし待ちましょう。

余談ですがこのfp、本当に売る気はあるのでしょうか。挑戦的なシグマさんを応援したいという気持ちありきで購入したのですが、そろそろ発売から1年が経とうというのにfp向けの小型単焦点は一向に発表されず。先日の発表会で3本の小型単焦点を発表すると聞いたときにはテンションが上がったものですが、それらが全てAPS-C専用レンズだと分かったときにはこのfp一式をマッ○カメラに送ろうかと思ったほどです。この手の便利ズームも本当ならパナではなくシグマに出してもらいたかった、シグマから買いたかったというのが素直な気持ち。まあニッチなLマウント連合なんぞよりEマウント向けレンズのロードマップを優先した方が何倍も儲かるのだと思いますが、それならフルサイズ機市場に参入なんてしないでほしかったナーと。やる気がないならさっさとやめてもらった方がこちらも被害が少なく済むんですけどね。

ホーム > カメラの話

CATEGORIES

Return to page top