Home > カメラの話

カメラの話 Archive

三度目のX70


Panasonic LUMIX GX7 Mark3 / Panasonic LEICA DG SUMMILUX 1.7/15 ASPH.

三度目の正直?それとも仏の顔も三度まで、なのか。過去二度も手放してきたX70ですが、まさかの三度購入してしまいました。いやいやいや。
今までに手放したコンデジを結局買い戻したということなら何度か経験があります。SONY RX100、FUJIFILM X70、X100S、X100F。くらいでしょうか。銀塩だとそれこそLOMO LC-AやGR1vなんかはそれぞれ4、5台くらいは買いましたが、それはまあ不要になって処分したものを買い戻したわけではなくて故障して修理不能から止む無くの購入だったわけで、デジタルのそれとは意味合いが違います。X70の発売日が2016/2/18。4年前のコンデジなんですね。もっと前の機種のような印象がありますが。

ぶっちゃけデジタルのレガシーなんて今現在においては無価値であると言い切ってしまっても過言ではないと思うんですよ。どれだけ名機と言われた過去のモノよりも最新のモノが勝るのがデジタルの世界ですから。ハッキリ言ってこのX70が私も所有するGR IIIに買っている点など何一つありません。画質およびスペック、携帯性、カスタマイズ性と操作性の良さ、そしてレスポンス速度。強いて言うなら価格が安いこととチルト液晶が付いているくらい?

でも、X70には言葉にはできない良さがあるんですよねえ。撮影した写真をLightroomで見返していると、ああこれ良い感じだなあと思う写真の多くがこれで撮られたりしていて。明日の敦賀にはGR IIIを持って行く予定だし、色々と手持ちのカメラが充実している中でこのX70とどう付き合っていくか未だ決めかねている状況ですが、そこはまあゆるーく付き合っていけたらいいなあと適当に考えています。XF10とかX-Pro3とか私の価値観からするとMIW(MマジでI意味Wわからん)な製品ばかり発表しているフジですが頑張ってほしいものですね。

再テスト 02 STANDARD ZOOM


PENTAX Q7 / PENTAX “02 STANDARD ZOON” 5-15mm F2.8-4.5 ED AL [IF]

Qマウントレンズ”02 STANDARD ZOOM”を持って公園で遊んできました。ああ何だ、やっぱりクリアに写るではありませんか。あんな眠い写りをするレンズをかのPENTAXのハカセたちが許すわけがないと思ってましたよ。実を申し上げるとなんてイマイチなレンズなんだ!と密かにガッカリしていたのでワタクシ安心致しました。ビバPENTAX!これからもよろしくPENTAX! 全文を読む

02 STANDARD ZOOM


PENTAX Q7 / PENTAX “02 STANDARD ZOON” 5-15mm F2.8-4.5 ED AL [IF]

購入当初から付属していた標準ズームレンズですが、39mm単焦点が1本あったらこれは使わないだろうと昨年末に僅か2,000円で手放してしまったんですよね。しかしQを触っているうちにもう少し広角で撮れたら便利なのにと思うことが少なからずありまして、それならと標準ズームレンズを買い戻すことに。ええ、3,000円で買い戻しました。一体何をやっているのか。見てのとおり39mm単焦点で撮ったものと比べると明らかに画像がネムくてぼやっとしてますが、それでも超軽量の23-69mmズームというのは相当に便利です。


とりあえず暗くなるとAFが完全にタコになることが判明。これはどうやっても雲、遠くの建物と空の境界に合焦しなかったもので、仕方なくMFに切り替えて撮影しました。街灯の光条も何だかもやもやしてますね。撮影条件も違うので一概には比較できませんが、こうやって見比べてしまうと所詮はズームレンズだなという感が否めず。とはいえこのレンズには利便性という最強の武器があるので何も問題ありません。まあズームを買い戻した今改めて感じるのは、ズーム持ってくればよかったなあなんてブツブツ言いながら単焦点でチマチマやるのが一番楽しいカメラではあるような気がします。買い戻したこと自体に後悔はありませんけどね。

– 追記 –
それにしてもいくら何でも写りが眠すぎなません?だってこれ”04 TOY LENS WIDE”の方がまだ写りがクリアですよ?ということでレンズを今一度チェックしてみたところ、レンズの後玉が超絶汚れていました。っていうか後玉が汚れることなんてありますかね。無水エタノールでしこしこ拭いたら随分キレイになったので、このレンズの名誉のためにも近々作例を追加しようと思います。

※PENTAXの名誉のため再撮影してきました。イイ感じです。あ、でもAFはやっぱりタコでしたけどね。

PENTAX Q7が予想以上にいい感じ


PENTAX Q7 / PENTAX “01 STANDARD PRIME” SMC 8.5mm F1.9 AL [IF]

ペンタQ7を購入して以降こればかり持ち歩いてしまう。そうだ、この小気味いい感じはあれだ。LOMO LC-Aだ。


どうもこのところクソ真面目なカメラばかり購入してきたような気がします。α7RIIIにα7III、G1X markIII、GRIII、そしてTG-5。まあSIGMA fpはちょっと毛色が違うようにも思いますが、それでも奴は腐ってもフルフレームセンサー機ですからね。どのカメラも実に良く写るんですよ。でも、もう少し緩くてもよくない?だってあんた、近所を散歩するだけでしょ?なんて、いざ持ち出そうと防湿庫を見回すとそのどれもが心理的に重く感じることがあったんですね。まあ見回すほど大きな防湿庫ではありませんから、実際にはちらっと見てうーん、と唸ってしまうだけなんですけども。そんな心のスキマをこのQ7がピッタリ埋めてくれたわけです。そう、LC-AもQ7もこの「あくまでも撮影機材として真面目に作られた上で残った緩さ」が素晴らしい。決してHOLGAとかそこらのトイデジみたいに「作りも写りもええかげんですわ。まあこれも味やと思いません?むしろそれがオシャレ?」みたいなユーザーを下に見て舐め腐ったカメラとは根本から違うのですよ。

とまあここまで持ち上げてきて何ですがこのQシリーズ。内臓電池のヘタリの早さには定評があるようでして、新品購入後1年も経つと内臓電池が死んでしまうというのが定説だったのだとか。当然私の個体も内臓電池がとっくにお亡くなりになっていて、バッテリー交換の度に「お?随分久しぶりやな。あー、よう寝たわ。今西暦何年やったっけ?」なんて毎度毎度痴呆が始まった老人が如く聞いてくるものですから、これにはちょっと辟易しているのも事実。それこそLC-Aでネガ1本撮り終えたらあのレバーをくるくる回して人力でフィルムを巻き上げることを楽しんでいたように、おおらかな気持ちで付き合うことが大切かと思われます。実に良いカメラなんですが、世に受け入れられず消えていった理由も分からなくもないかなと。最新の技術でこれとかパナのGM5的なものを作ったら結構売れると思うんですけどねー。GM5なんていまだ馬鹿みたいなプレミア価格で取引されてますから。ということでPENTAXさん頑張ってください。

PENTAX Q7 を購入しました


SONY α7III / TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD

例のごとく今年も色々な機材を購入しました。ぶっちゃけ今何か欲しいカメラ(orレンズ)ある?と聞かれても実用的な機材に関しては全く何も欲しいと思わない状態なんですが、暇なときにWeb徘徊なんてするものではありませんねえ。時代の流れに翻弄され今や亡き者となった哀しきマウントたちに興味が湧くという訳の分からない事態を招いてしまいまして。とりあえず購入する候補をリコーのGXR、ニコワン(Nikon 1)、そしてこのペンタックスQという死せる3大マウントに絞ることとなった次第。しかしこの中では”コンデジ並みの豆粒センサーを積んだ超小型ミラーレスカメラ”という、この「ペンタQ」が一番尖ってると思うわけです。ええ、買ってしまいましたとも。使うの?ってそんな野暮なこと言わないでくださいよ。 全文を読む

ホーム > カメラの話

CATEGORIES

Return to page top