Home > カメラの話

カメラの話 Archive

LEICA M Monochrom (Typ246)を購入


Panasonic LUMIX DC-GF9 / Panasonic LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH.

2021年最初で最後の大物?ライカMモノクローム(Typ246)を購入しました。私的にモノクロ写真には何だかんだと思い入れがあって、銀塩時代末期は撮影という行為よりもむしろ自家現像→暗室プリントのプロセスを楽しんでいたものですから、機材をデジタルに移行したときに「モノクロはもうええわ。やめよ。」と卒業したつもりでおりました。何しろ銀塩では理想のプリントをするためにはネガの時点で粒子の完成したネガでなくてはならない(パキッと粒子の立ったネガを作ることの難しさよ…)、その偶然生まれたネガに必ずしも「これは焼きたい!」と思える素晴らしいカットが含まれるとは限らないわけで、この一連の一発勝負が上手く決まったときの快感は絶対にデジタルでは味わえないと諦めていたんですね。正直言うと今でもその想いは全く変わりませんが。

しかしまあ、そこまで気合いを入れなくてもいいのではないか。たまにはモノクロ目線で世界を眺めたいし、仕上がりなんて二の次で撮りたければ撮ればいいじゃない、と。最近はこう考えるようになってきました。昔は昔、今は今。昔あれだけ楽しんだんだ。今できる範囲で楽しめれば充分ではありませんか。

ということでライカのモノクロ専用機。ぶっちゃけワタクシ、カラーフィルターを廃して一般的なベイヤー機には実現不可能な超高解像度が云々とか…ええ、そういうウンチクは全くもってどうでもいいんです。モノクロ写真を撮るならM10のモノクロモードでもいい。しかし撮り歩いているとスケベ心が生まれるのですよ。「これカラーで撮ったらええ感じちゃうか?」とか。そんな煩悩を断ち切るための覚悟、それがライカMモノクローム。私の購入動機は本当にそれだけです。

さて、以下購入にあたってのあれこれなど。

全文を読む

Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZMを購入


Panasonic LUMIX DC-GF9 / Panasonic LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH.

コシナツァイスの35mmレンズは既にC Biogon 2.8/35を所有していますが、たまたま見かけたどこかの個人サイトで「C Biogonはくそレンズだ!買うべきではない!絶対に2/35を買え!」などと書かれていたので(ウソです、200%くらい誇張してます。それでもまあ大体そんなようなことが書かれていましたが)、ほーん、そんなに違うものなのか?と試しに購入してみました。幸運なことにレンズフードは手元にあるPlanar 2/50と共通のもの。レンズフード単品でも結構高いので、こうやって使い回せるのは何気に嬉しい。


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

この灼熱地獄の中、暑さによるスリップダメージを受けながら近所で試し撮りを。え?何時間?何枚?いやいや。10分程度で数枚撮ってリタイアしたに決まっているではありませんか 笑 良くも悪くも、そこまで描写は変わらないな…というのが率直な印象。強いて言うなら2/35の方が開放からシャープで現代的な写りをするかもしれません。2.8/35の開放はもう少し周辺光量が落ちてノスタルジックな写りをするような。ただどちらももF4くらいまで絞ると全く気にならないくらいパキパキにシャープな描写をしてくれるわけで、どうなんだろう。まあコシナツァイスの50mmに例えるならプラナーのようにドライな写りが好きな人は2/35を、ゾナー的なウェットな写りが好きな人は2.8/35を。といった感じでしょうか。私みたいに周辺減光を補正するどころかわざわざ現代の便利機能、自動補正をOFFにして光量落ちを楽しみたい人種だって存在しますからねえ。

私は常用レンズとしてより小さなモノをと2.8/35を購入しましたが、このサイズと重さに関しては実際撮り歩いて比較すると思ったほど…いえ、全く気にならないレベルでした。まあお好みでどちらを選んでも後悔のない2本だと思いますし、迷うのが面倒くさかったら2本とも買ってしまってもいいのではないかと(適当)。それなりに使い分けできそうですよ。私はとりあえず2本とも手元に置いておくつもりです。何だかんだ、プラナーとゾナーも気分で使い分けできてますからね。

Diary


PENTAX K-01 / PENTAX smc PENTAX-DA 40mm F2.8 XS

昨日は工務店の作業に付き合って自宅に半日軟禁されていたので運動不足解消のため、またも深夜の伏見稲荷大社を徘徊。
最近は毎週恒例のイベントになりつつあるなあ。どうしても睡眠時間が不規則になるので健康なのか不健康なのかよく分からんです。
しかし人がわらわら歩いてる日中はどうしても行く気にならないわけで、いかんともしがたい。


やるなあK-01。こうなってくると例のpentax memoの兄貴はどう評価しているのだろうと気になるのが必然。調べてみると実に的確な評価をされていて笑ってしまった。完全に同意、脱帽です。個人的にもK-01の解像度は同じセンサー搭載機のK-5を軽く上回っているように感じる。K-5の画質だって充分現代に通用するレベルだと感じていたのに、K-01で撮影した画像と見比べてしまうと何だか薄もやのレイヤーが1枚2枚被さっているように感じてしまうほど。手振れ補正の効きも素晴らしくて、DA40mm装着で微風状態の1/5秒までならほぼ百発百中、1/2秒も数枚撮れば1枚はビシッと決まってるくらい安定していた。この辺はK-5同等のスペックながらミラーショックの存在しないミラーレス機のメリットが現れていると思う。K-5だと1/8秒で何とか、といった感じなので。

当時のミラーレス機の基準で見ると確かにこれは豊満なふくよかボディだったかもしれないけれど、ミラーレス機のサイズも重量も一眼レフ機と大差なくなった現代の基準で見てみるとあら不思議。兄貴が仰るようにコンパクトなKマウントボディとはここまで快適なものだったのかと目からウロコでございました。機械をいじくる喜びに欠ける反面、まるでKマウントレンズをコンデジで楽しんでいるかのような気分に浸れるのは贅沢な体験だ。やっぱり携帯性って重要な要素なんだなと。後継機出ないかなあ。絶対出ないだろうなあ。

伝説の迷機? PENTAX K-01の試し撮り


PENTAX K-01 / PENTAX smc PENTAX-DA 40mm F2.8 XS

一体何をトチ狂ったか、予想の斜め上カメラには耐性のあるペンタックスマニアたちをも震撼させた伝説のKマウントミラーレス機、K-01を購入してしまいました。ミラーレス一眼黎明期にペンタックスが満を持して発表したK-01。何と一眼レフ機のミラーを取っ払っただけのブツを「はい、ミラーレスおまち!」と真顔で持って来られた当時の衝撃といったらそれはもう、ねえ。かの高名なマーク・ニューソンさんがデザインしたと言われるそのキ〇ガイじみた…いえ、斬新すぎるデザインはこの令和の時代に見てもやはり異彩を放っております。約10年前に発売されたカメラに今さらレビューもくそもありませんが、まあ適当に写真をペタペタ貼り付けながら感想など綴っていこうかと思います。

全文を読む

コンデジのセンサーダストの話


SONY RX1

昨晩ちょろっと仕事に手を付けたら想像以上に気分が乗ってしまい、そのまま切り上げるタイミングを見失って明け方まで。軽く仮眠を取ったものの、とにかく眠い。がっつり昼寝するか今日はこのまま適当に流すか未だ決めかねている。頭が働かん。

さて。中古で購入したRX1、やはりというか当然絞り込むとセンサーダストの付着(カメラ店では保証対象外)が見られましてね。その辺わりと神経質なワタクシとしてはソニー送りにしてセンサークリーニングを依頼しようか悩んでおります。ちなみに23,100円だそうで。RICOH GR IIIの場合18,000円らしいのでセンサーサイズの差を考慮したらまあこんなものかなと。しかしレビューを漁っているとRX1にせよGR IIIにせよ「半年から一年に一度はゴミが付着するのが定説」という論調なもので、これはもう見て見ぬ振りして限界まではLightroomで何とかすべきかと躊躇しております。

しかしこうなってくると所謂高級コンデジ(うわー恥ずかしい単語)を買うのも考えモノですよねえ。α7IIIやK-1のような一眼機やライカMデジタルの場合、基本的にブロアーでフッとすればゴミなんて取れちゃいますし、それでダメなら数年に一度3,000円で買い換えるだけで何度でも使えるペンタ棒がある、それもダメならメーカー送りすれば一回3,000円ほどでセンサーをピカピカにしてもらえるわけで、ゴミ取りの度に数万円見ないといけないコンデジって酷く金食い虫になるなあと。毎年クリーニングに出した場合、下手なバイクの維持費より高いんじゃないか?

そんなことを考えているとコンデジ熱も一気に醒めてしまうわけで。今持っているコンデジは大切に使うことにして、将来的なコンデジ枠はフジのX-E4みたいな小型ミラーレスに移行かな。

ホーム > カメラの話

CATEGORIES

Return to page top