Home > カメラの話

カメラの話 Archive

TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDが到着しました


Panasonic LUMIX GX7 Mark3 / Panasonic LEICA DG SUMMILUX 1.7/15 ASPH.

予約していたタムロンの17-28mm F2.8…(以下略)が到着しました。わりと遅めの予約だったと思うのですが、しっかり発売日午前中に到着。流石マップカメラ。(あれ?もしかしてあまり売れてない?) 全文を読む

超広角


FUJIFILM X-Pro2 / XF 35mm F1.4 R / Film Simulation “PROVIA”

前々から巨樹撮影用にEマウントの超広角ズームレンズが欲しいと思ってたんですが、今月も楽天様がウン万円以上の大量のポイントを恵んで下さいまして。ただまあその殆どが来月末までの期間限定ポイントなので、早急に消化する必要があるわけです。そんなタイミングでタムロンさん、シグマさんがそこそこの金額(いや、to-fu的にはめちゃくちゃ高いですけど)で超広角ズームを発表してくれたので、どちらかを購入することにしました。

あ、そういえばフジの10-24mmを所有してるんです。軽いし良く写るし実に素晴らしいレンズ。でもX-Pro2は日常家族写真のメイン機なので、巨樹撮りの度に撮影データがゴチャゴチャになるのが非常に面倒臭くて。はい。

■ SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

・実売約15万円。タムロンより随分高い。一応金額は許容範囲。
・重い。795gって…
・写りはきっとタムロンより良いのではないかと。だって高いし重いし。
・画角が微妙。パースが付きすぎるワイド側は使わないので実質20-24mmくらいの印象。先日買った1.4/24との差別化を考えるともう少し望遠側が欲しい。
・デザインはタムロンより好み。あっちは根本の銀リングが蛇足。

総評としては「高くてクソ重いけど写りは文句無し」的な?どちらも触ったことすらないので情報源は胡散臭い提灯記事のみですけど。今の巨樹撮影メインレンズが663gなので重さはそこまで気になりませんが、画角の微妙さだけがネック。だって自分の用途を考えるとこれ、クソ重い20mm単焦点を15万円で買うようなものなんですよね。

■ TAMRON 17-28mm F2.8 DiIII RXD

・実売10.5万円。今回長く使うつもりなので金額はあまり気にしていないとはいえ、4.5万円浮くとそりゃあ嬉しいですよ。
・軽い。420gってどうなってんの?
・写りは当然シグマさんに劣るんじゃないですかね。
・画角は問題なし。28mmまで使えると表現の幅が全然違う。欲を言えば一眼レフ時代の超広角みたいに35mmまで使えたらベストでした。
・デザインはまあ普通ですよね。シグマの高級路線を上手くパクってるなあという感じ。垢抜けないTAMRONロゴが良い。

最近非常に評判の良いタムロンレンズ。去年出たF2.8/28-75mmも飛ぶように売れていた印象です。(28-75でなく24-70mmだったら、私も確実にソニー純正でなくこちらを買ってました。)こうして箇条書きにしてみると欠点がありませんね。逆に面白みもないかもしれませんが。

結論を言うとタムロンをポチりました。よりワイド側を重視したシグマは巨樹撮り用途にはあまり向かないかな…と。とにかく全景入れたら良いってものでもありませんしねえ。オーダーが初回入荷分に間に合うか分かりませんが、まあ気長に待ちます。レンズ交換が面倒臭い人なので、次は予備ボディ(α7IIIが最有力)を購入するために仕事を頑張ろうと思います。

RICOH GR3収納用にColumbia Niobe VIを購入


Panasonic LUMIX GX7 Mark3 / Panasonic LEICA DG SUMMILUX 1.7/15 ASPH.

早朝から遠出する計画を立てたものの終日雨の予報だったので諦め、仕方なく近所を自転車で徘徊して憂さ晴らししてみた結果、何だよ雨なんか降らないじゃないかと軽く腹を立てている今日この頃。ええ、別にいいんです。おかげさまでこれが買えましたから。RICOH GR3の持ち歩き用に購入したColumbia Niobe VIです。 全文を読む

RICOH GR3さん センサーダスト(ゴミ)清掃からの帰還


FUJIFILM X-Pro2 / XF 23mm F1.4 R / Film Simulation “PROVIA”

7月2日修理依頼・発送→7月3日リコーサービスセンター(東京)着→7月5日修理完了・返送→7月6日受取。という流れでした。作業自体は非常に早いですね。発売後数ヶ月…ということで当然ながらまだ保証期間内の無償修理扱いです。コンデジのセンサー清掃なんていつ以来だよ…と思い返してみたんですが、考えてみたらリコーのGRシリーズ以外のコンデジでセンサーゴミなんて写り込んだ記憶がありませんでした。気持ち悪いオフィシャルサイトを作る暇があったらものづくりの基本的な姿勢から見直していただきたいですね…GRistとか失笑(誤用)モノなんですけど…まあ堅牢性にはあまり期待せず、今後は極力丁寧に扱おうと思います。


清掃前の状態がこれ。センサーゴミチェックするときはF8~11まで絞って露出補正を+3くらいまでブチ上げ、部屋の白壁を撮影すると発見しやすいですぞ。

RICOH GR3さん、ゴミの写り込みにより早速の緊急入院


Canon PowerShot G1X Mark III

購入後1週間ですかね。持ち歩いたのは2回?
帰宅して画像をPCに取り込んでみて初めて気付きました。

「あれ?これF8まで絞り込むとゴミ写ってね?」


はい。センサーにゴミが付着していた模様。たぶん製造時からだと思われ。GR3にはゴミ取り機能があるじゃないか!と思われたアナタ、リコーのゴミ取り機能なんてはったりに決まってるじゃないですか。マジで。5回ほど手動でクリーニングしましたが余裕の反応無し。当然保証期間内なので(当たり前だ)無償修理にはなるみたいですが、ちょっとこれは怒ってもいいですよねえ…センサーのゴミ問題って初代GRデジからずっと叩かれてる問題だろうに何やってんのホント。というわけで早速の緊急入院。現時点でこのカメラに対する愛着が5/100ptくらいしか残ってないんですが。何でこのカメラが世間で持て囃されてるのかよく分かりません。

→追記 修理完了しました

ホーム > カメラの話

CATEGORIES

Return to page top