ホーム > タグ > FUJIFILM X-H2

FUJIFILM X-H2

Diary


Nikon Z f / Nikon NIKKOR Z 28mm F2.8

たまたま近くに立ち寄った友人から連絡をもらって近所の町中華へ。
コロナ前はまずまずの頻度でお世話になっていたけど最近は外食の習慣がなくなってすっかり足が遠のいていたお店。
いつの間にか息子さんに代替わりしており、明らかに味が落ちた上に接客応対まで何だかイマイチな感じになっていた。
たぶんもう行くことはないなあ。諸行無常を感じる。


FUJIFILM X-H2 / FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR

ニコン「Z6III」のダイナミックレンジと高感度ノイズの計測データ

そもそも2016年発売のPENTAX K-1や2017年発売のLEICA M10と現行機種を比較しても画質面では特に進化を感じないわけでね…
重箱の隅をつつけば差が見られる程度で、フルサイズセンサーの画質自体とっくに頭打ちなんじゃないかと思ってる。

Diary


FUJIFILM X-H2 / FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR

天気が悪い。まあ、だって梅雨だからと言われればそれまでなのですが。
昨晩はムスメたちを連れて恒例の夜ドライブ。よう分からん化粧品を買わされてスッカラカンですよ。
ヒゲさえ剃ればTシャツ短パンでそのまま外に出られるおっさんと違って女性は色々大変ですよね…


FUJIFILM X-T5 / FUJIFILM XF 35mm F1.4 R

カラースコパー21mmッ!!これは小さい。いや、単に隣のウルトロン21mmがデカすぎるだけかも。
やっぱり旅レンズはこうでないと。コシナさん小型軽量な135mmレンズも何卒。

そろそろ旅の計画をとGoogleMapを眺めつつ、絶望的な週間予報を横目に見ては「まだだ。今はまだそのときではない。」とつぶやいたり。

香川県丸亀市 王子神社のセンダン


FUJIFILM X-H2 / FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR

近くを何度も通っていながら昨年末までその存在を知らなかったセンダンの巨樹。
存在を知って以降何度も立ち寄る機会がありましたが、どうせ見に行くならセンダンの花の時期に!と我慢していたのです。
これは…うん、我慢した甲斐があったぞ。 全文を読む

旅の断片


PENTAX 645Z / PENTAX smc PENTAX-D FA645 55mm F2.8 AL [IF] SDM AW

朝散歩→仕事→食後の散歩→仕事。以上。
特記事項皆無、まさに虚無のような一日であった。


FUJIFILM X-H2 / FUJIFILM XF 16-55mm F2.8 R LM WR

そろそろ旅欲が高まってきた。海へ逃げたい。
今のところ高知、岡山、和歌山あたりが候補。
久々の松山、久万高原なんかも悪くないか…など。

Diary


FUJIFILM X-H2 / FUJIFILM XF 56mm F1.2 R

久々のまとまった雨。昨日存分に歩き回ってきたため特に引きこもりも苦にならず。
今月は先の富山遠征で一ヶ月分楽しみ尽くした感があるので、今はただ来月の旅に向けて無心で頑張ろう。


Nikon Z6IIIが発表されました。何か凄いですね。私は動画関係全く興味ないので物欲がピクリともしませんでしたが。
辛うじてメカシャッターが搭載されていて救いを感じた反面、いよいよ近い将来メカシャッター機は駆逐されるのだろうなと予感したり。
通貨がゴミと化した国内価格を見ると大幅値上げでビックリ。しかしドルベースで見るとお値段ほどんど据え置きで逆の意味でもビックリという。
これはまあ海外では大ウケするのではないかなあ。

そしてPENTAX 17も発表されたわけですが。
正直正面画像を見て「うわっ…ゲテモノ…」と軽く引いてしまいましたけど、全体を見るとペンタックスらしくて意外と悪くないかも?

ただ身も蓋もない話をすると、これに8万円出すくらいなら1万円でPEN Sでも買って7万円分のフィルムで撮りまくる方が写真趣味的に充実するんじゃない?って気がしなくもない。フィルム文化の継続とやらの要は間違いなくカメラよりもフィルムや現像環境の方にありますしね。環境負荷とか考えても時代に即してないし、今後復権するとは考えにくいからなあ。ドライウェルとか、もろ界面活性剤っスからね…

Home > タグ > FUJIFILM X-H2

CATEGORIES

Return to page top