ホーム > タグ > FUJIFILM XF 35mm F1.4 R

FUJIFILM XF 35mm F1.4 R

Diary


FUJIFILM X-Pro3 / FUJIFILM XF 35mm F1.4 R / Film Simulation “ASTIA”

今週バッチリ晴天なのは今日明日しかない模様。出遅れた感が否めない。
どうしても立ち寄りたい巨樹があるのだけど、数少ない先人のログを拝読するに対向車が来たら号泣不可避な狭路が続くのだとか。
いつもの特攻精神で乗り切ろうかとも思ったが気候に恵まれた時期だけに自転車でちんたらヒルクライムを楽しんでみようか

唯一問題なのは周辺一帯に駐車場が皆無なんだなあ…
まさか車を麓の集落に放置するわけにもいかず、一体どうすべきか思い悩んでいる。

Diary


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 45mm F2.8 R WR

日中暑すぎるのでお散歩時間帯が日中から夜間へと移行しつつある。
現代技術の粋たる高機能化繊ウェアのおかげで今や冬の寒さ恐るるに足らずだけれど、夏の暑さだけは如何ともしがたい。
ヤブ蚊は飛び交うわ、山道を歩けばメマトイが執拗に顔面ダイブを決め込んでくるわ、これが約半年続くのかと思うと絶望しかないのだった。
京都とかいう年間の半分を夏が占めるくそ盆地よ…


FUJIFILM X-Pro3 / FUJIFILM XF 35mm F1.4 R / Film Simulation “Classic Nega”

昨晩は自転車でちんたら京都駅を経由して新熊野神社まで南下、そこから北上して高台寺、ねねの道を抜けて知恩院から蹴上、哲学の道からの北大路通まで北上して賀茂川土手でHCを摂取して帰路についた。夜風が心地よすぎる。

Diary


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 45mm F2.8 R WR

混雑好きな人たちが大挙してやって来る桜シーズン真っ只中の土曜日、わざわざ混雑に耐えながら京都市内で過ごす必要もないだろうということで早起きして敦賀まで逃げておりました。スカッと抜ける青空と、その青空を反射する静かな海。ぼけーっと眺めているだけで何時間でも過ごせてしまいますが、落ち着きのないムスメたちがいるのでそうもいかず。のんびり海を眺めるなら誰かと一緒ではなく一人きりにかぎりますな。


FUJIFILM X-Pro3 / FUJIFILM XF 35mm F1.4 R / Film Simulation “ASTIA”

知る人ぞ知る?開店時間15分前にはとっくに営業中になっている敦賀駅前店へ常連タイム入店し、客が入り始める前にサクッとソースカツ丼をたいらげてお会計。それにしてもいつ食べても美味である。最後にそれぞれ自分へのお土産を買って帰路へ。行楽シーズンだからなのか、なかなかトンチキな運転をするイカレポンチが多くて非常に疲れました。明日は自宅でのんびり過ごします。

Diary


FUJIFILM X-Pro3 / FUJIFILM XF 35mm F1.4 R / Film Simulation “Classic Nega”

上賀茂でいつもの馬と戯れる。
といっても眺めたり軽く撫でたり、くらいのものですが。


頭を縦にぶんぶん振るのは遊んでくれ、ご飯をくれの感情表現。
恐らく後者ではないかと思われる。何もないんだ。すまない。
たまに近所の爺さんからスティック人参をもらっているのを見かける。


APS-Cもいいぞ。
というかフジの35mm F1.4はとても良い。
35mm F2は何かこうもっと無機質なんだなあ。

香川の記憶 粟島


FUJIFILM X-Pro3 / FUJIFILM XF 35mm F1.4 R / Film Simulation “PRO Neg. Hi”

20代の頃撮り歩いた景色が何一つ変わることなく存在していた。
初めて訪れた当時はまだ東京で忙しないサラリーマン生活を送っていたため、ここで過ごした時間が本当に衝撃的だったのを思い出す。
こんな暮らしもありだったんだなと。

当時思い描いた理想的な自分の未来像ではないような気がするけれど、それでも決して悪くはない選択をしてきたのではないかなあ。


巨樹撮影のために訪れた島の小さな寺院。
早咲きの河津桜がとても美しかった。

Home > タグ > FUJIFILM XF 35mm F1.4 R

CATEGORIES

Return to page top