Home > 巨木たち(樹種別)

巨木たち(樹種別) Archive

三重県尾鷲市 曽根飛鳥神社社叢の巨樹群 2 三重県第3位のクスノキ


LEICA Q

さて先日紹介した

「三重県尾鷲市 曽根飛鳥神社社叢の巨樹群 1 拝殿前の大楠」の続き。同じく飛鳥神社の社叢にそびえる三重県第3位の巨大さを誇るクスノキについて書き進めたいと思います。ちなみにこの「県下第3位のクスノキ」という締まらない呼称も何とかならないかと考えてみたのですが、拝殿前や鳥居奥にも立派なクスが控える中で「飛鳥神社のクスノキ」と呼ぶのも違和感があるし、まあ分かりやすいし別にいいか…ということで現地案内板どおりの名称で進めていきましょう。 全文を読む

三重県尾鷲市 曽根飛鳥神社社叢の巨樹群 1 拝殿前の大楠


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art
LEICA M10 / Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM

熊野尾鷲道路、某二階サンの地元和歌山へのショートカットということで開通した所謂二階バイパスの賀田ICを下りて海岸線まで一直線。そこからほんの少し南下したところに位置する曽根集落に、ひときわ目立つ社叢が存在します。それがこの飛鳥神社の巨樹群。紹介するべき巨樹があまりに多いため記事を2つに分割してダイジェスト的に紹介させていただきます。

全文を読む

和歌山県新宮市 佐野のホルトノキ


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

昨年の2月に訪問した巨樹。訪問して随分と時が経過した最近になって巨樹ログを書き始めていますが、正直申し上げると当時筆が進まなかった一番の理由がこの巨樹にあったりします。何度この巨樹を無視して一気に書き進めてしまおうかと悩んだことか。しかしせっかく訪問してその姿を見たのに、何も見なかったことにしてスルーを決め込むのもいかがなものかと。ああ、書きたくねえなあ 笑

それではまず他人様の記事で恐縮ですが、こちらをご覧ください。
【巨樹と花のページ 佐野のホルトノキ】

ええ、立派なホルトノキですよね。そもそも京都の民にとってホルトノキの大木という時点で珍しい。なので今回の訪問を楽しみにしていたんですよ。まあ他人様のサイトの記事まで引っ張ってきちゃったら他に書くことなくない?ということからも既にお察しのことと思いますが…それでは「佐野のホルトノキ」について書き進めてまいりましょう。

全文を読む

和歌山県新宮市 熊野速玉大社のナギ


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art
LEICA Q

熊野三山の一つ、熊野速玉大社。こちらに日本一の梛(ナギ)の木があるということは知っていましたが、こう言っては何ですけど巨樹的に見たら所詮ナギだしな、とあまり期待していなかったのです。元々そんなに大きくなる樹種ではありませんからね。しかしせっかく熊野三山を巡るのだからナギの木も見ておくべきだろう…って、何だこれは!これがナギなの?

ええ、期待値を遥かに上回る興奮を与えてくれたダークホース的存在。
驚きと興奮の度合いで言えば間違いなくこの日ナンバーワンの巨樹でした。

全文を読む

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町 那智の樟


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art
LEICA Q

熊野を詣でるなら三山の中でも特に外せないのがこちら熊野那智大社。「大門坂の夫婦杉」から始まる大門坂の素晴らしさについて書き連ねてきましたが、肝心のこちらの巨樹について書かずじまいとなっておりました。麓から徒歩で大門坂を登ってきた諸氏には説明不要と思いますが、この鳥居の前に立った時点でその感動は筆舌に尽くしがたいものがあります。ついにここまで来てしまったか。意識だけが身体を離れてふわふわ浮いているかのような非日常感。ええ、とにかく一息ついて拝殿を目指すことにします。

※なお初回訪問は2020年2月。その後2021年3月、4月と複数回訪れており、クスの状態に大きな変化が見られなかったことから写真はそれらの訪問時のものをごちゃ混ぜに掲載しています。

全文を読む

ホーム > 巨木たち(樹種別)

CATEGORIES

Return to page top