Home > 巨木たち(樹種別) > トチノキ

トチノキ Archive

兵庫県豊岡市 天神社のトチノキ


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art
PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW

トチノキからトチノキへ。またも兵庫県最大級のトチの巨樹「天神社のトチノキ」を目指して豊岡市、神鍋高原へと向かいます。豊岡市といえば全国的に名の知られる出石そばが有名ですが、この辺りまで離れてしまうと蕎麦処の片鱗すら感じられません。この新型コロナ流行下とあって現時点では遠征はしても外食は控えることに決めているため端から蕎麦にありつくつもりはありませんでしたが、せめて家族の土産に蕎麦でもと思っていたので予定が狂ってしまいました。結局土産として地の野菜を大量に購入。まあとにかく周辺には高原、スキー場、畑、以上。そんな立地です。

全文を読む

兵庫県美方郡香美町 小長辿の大トチノキ(こながたわの大トチノキ)


SONY α7RIII / SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art
PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AW

久しぶりの巨樹遠征ということでややギクシャクしながら兵庫県奥地までやってまいりましたが、今回は小ぶりないわゆる渋い名木系ではなく出来るだけ健康でダイナミックな巨樹を回ろうというテーマがありました。暗い話題の続く世の中ですから、せっかく出かけるのなら巨樹の放つパワーにただただ圧倒されてスッキリ帰りたいもの。多くの大物が山奥に存在し、これからの季節は落葉してしまうトチノキ…今行くならここしかない!ということでこの「小長辿の大トチノキ」を目指したのでした。

余談ですがここへ至るまでの但馬アルペンルート、決して悪い道ではないんです。しっかりとアスファルトが敷かれているし道中の大部分が離合困難なほど狭路ではない。見通しだって最悪というほど悪くはない。しかしこれがまた非常に疲れる道のりでした。全く手入れされていないと言いますか、そこら中に丸太のような枝や落石…いや、岩石?が転がってましてね。何度も何度も車を停め、えいやっ!と枝や岩石をぶん投げながらようやく到着。駐車スペースというほどのスペースはありませんが幸いにも交通量はゼロに等しいため、近くのやや広めの路肩スペースに駐車させていただきました。前情報によるとここからそう遠くないようなので徒歩で向かうことにします。

全文を読む

【再訪】 京都府綾部市 君尾山のトチノキ (光明寺の「幻の大トチ」)


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

4:30起床。目覚ましをかけていたわけではなく、あまりの寒さに目覚める。うわっ、さむっ…などとブツブツ言いながらお湯を沸かしてコーヒーを淹れ、冷え固まった体をほぐすようにのんびりと朝食。ちょうど朝日が昇ってきました。ああ、やっぱりこれだよなあと未だ巨樹に出会ってもいないのにしみじみしてしまいますね。現在も長い自粛生活が続くさなかではありますが、俺はやっとここに戻ってきたんだなと感慨深くもあります。

この「君尾山のトチノキ(光明寺の幻の大トチ)」については既に前回書き尽くしてしまった感があります。

巨樹の詳細はこちらから前回の訪問記をご参照ください。今回は画像をばばーっと並べる感じで行きます。 全文を読む

徳島県美馬郡つるぎ町 桑平のトチノキ


SONY α7RIII / SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G

「葛籠のヒノキ」を離れてさらに剣山方面へと南下する我々。とはいえ目的地はもうすぐそこです。話は変わりますが、今回の四国巨樹巡りにはメインとなる二大目的地がありました。まだ紹介できていませんが、一つは徳島県の「加茂の大クス」、もう一つが高知県の「杉の大杉」。どちらも天然記念物の最高位である国の特別天然記念物に指定された、まさに国の宝とでも言うべき巨樹です。

それらへ至るまでの道のりに別の巨樹を肉付けするような形でルートを策定し、この日もここつるぎ町へと至っているわけですが、結論から申し上げてしまうとこのトチノキが思わぬダークホースだったのです。歴史的遺物のような特天巨樹とはまた違ったベクトルで非常に見応え…そして我々写真を嗜む人間からすると撮り応えのある素晴らしい巨樹なのでした。

全文を読む

石川県白山市 太田の大トチノキ


SONY α7RIII / SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G

日本一のトチノキの巨樹「太田の大トチノキ」。トチの巨樹あるあると言ってもいいかもしれませんが、ここへ来るまでの道のりもなかなかハードなものです。勝山方面から国道157号線を北上、堂の森神社向かいにある未舗装の林道を突き進んだ先に待つこのトチが視界に入った瞬間はちょっと感動してしまいました。一応巨樹の目の前まで車で乗り入れることが出来ますが現地は紛争地帯の国境越えかと思うような凸凹の悪路の連続。ええ、私も路面の凹凸で車の底を擦りましたとも。車を傷付けたくない、汚したくないという方は素直に林道入口に駐車して徒歩で向かうことをオススメします。

全文を読む

ホーム > 巨木たち(樹種別) > トチノキ

CATEGORIES

Return to page top