Home > Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S

Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S Archive

Diary


Nikon Z f / Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S

中判デジタルのアスペクト比4:3にすっかり慣れてしまってフルサイズの3:2が非常に窮屈に感じる今日この頃。
咲き誇る梅の花を見てはどこかに梅でも眺めに行こうかと思うのだけど、連休の混雑を考えると外出する気になれず。
暖冬すぎて雪景色成分が不足していることもあって、どこかで雪降る街並みを撮り歩けないかと考えたり。
しかし南無三。今週は4月並みの陽気がやって来るらしいのだった。


この数年内の最高傑作だぜ!というくらい気に入っているZ fだけど実はNikonってAdobeとあまり相性よろしくないのだろうか。
ピクチャーコントロールのパッチを当てるとスタンダードやニュートラルを選択してもヘンテコな色味に転がりがち。
ホワイトバランスを修正すれば済むとはいえ、弄ってるうちに「空、こんな色だったか?」なんて迷子になることも多々で。
結局同時保存しているJPGデータを見返して「ふむふむ。そうだ、これだよ。」って二度手間なんだ。

OM-1もAdobeとの相性がイマイチで結局Adobeスタンダードから現像してましたっけ。
OM-1のパッチを当てるとナチュラルでもビビッドみたいに彩度が爆上がりするのは何故だ。

Camera RAWにZマウントのレンズプロファイルが皆無なのもAdobe七不思議の一つ。
読み込み時点でカメラ内補正されたデータが表示されるとの噂だけど、自動補正でどれだけ周辺がクロップされてるんだろうとか考えると色々モヤる。

そして新しい世界へ


Nikon Z f / Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S

深夜のネット徘徊を経てOLYMPUS 100-400mmに代わる超望遠ズームレンズの新メンバーを決定。
これだ、これしかない!ということで即座にポチってしまいました。

ところでワタクシ結構根に持つ性格です。
悪意や嫌がらせに対して反射的に手が出る輩属性ではありませんが、心の中で呪詛を唱え続ける根暗の権化のような人間。
え?呪詛を本人に直接、ですか?吐くわけないじゃないですか。あくまで外面はニコニコ、です。余計な角を立てたくありませんから。

その昔e-Taxのために手間暇かけて作成した住基カードを勝手に廃止されて腹を立てた私は、未だにマイナンバーカードを作成しておりませぬ。
いくら不便を強いられようとも筋の通らない奴らには何の手助けもしたくないのですよ。アホみたいなポイントのばら撒きも要らん。俺は乞食か。
そんな私ですから今後OM SYSTEMのカメラを気持ちよく使えるとも思えず。一度見切りを付けたら何の迷いもございません。


とりあえずOM-1とレンズ数本売却したら超望遠レンズと来たるべきX100VIを買えるくらいの額にはなりそうで一安心。
しかし初値のご祝儀価格で買ったOM-1の査定が泣けることになっておる…これはまあ仕方ないか。

でも冷静に考えるとμ4/3を全て手放すのもどうなんでしょう。気に入ってるんですよμ4/3のサイズ感と、これでいいんだよ的な画質自体は。
一応買ったばかりの12-40mm PROとムスメたちの発表会撮影用の75-300mmだけ残してパナソニックのG100でも買ってみようかなと。
(12-40mmは一度も持ち歩かずに売るのも馬鹿みたいだし、75-300mmも下のムスメが中学校に入学するまでは一応。ねえ。)
スチルカメラとしては酷い出来だという噂ですが、ちょっとしたコンデジ的に持ち歩くにはベストなカメラでは?甘いか?

コンデジ運用するだけなら値段もこなれてきたGF10でよくない?と言われると、それもそうねって気もする。

京都府京都市左京区 満足稲荷神社のクロガネモチ


Nikon Z f / Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S

人混みが嫌いなため京都市民のくせにろくに市内を散策しない私ですが、この日は珍しく市内を自転車で駆け回っておりました。
その日の目的地がこちらの「満足稲荷神社のクロガネモチ」。奇怪な樹形が印象的なモチノキで、ずっと気になっていたのです。

全文を読む

旅の断片


Nikon Z f / Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S

定期船を見送る。今回の旅の中でもお気に入りのカット。
なお夕暮れ感すごいけど早朝である。


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 110mm F2 R LM WR

佐柳島長崎港に上陸後、早速ネコさんがお出迎え。
本当は島の中心部と思われる本浦(もとうら)港を拠点にしたかったのだけど多度津6:55発便は長崎港にしか停まらないそうで。
まあ別に急いでいるわけでもなし。海岸線をふらふら歩いて本浦まで向かってみることにした。

話は変わって篠山紀信氏が亡くなったらしい。
芸能人のグラビアやヌードの印象が強いせいか写真趣味な人には軽視されがちな人だが、昔のスナップ写真なんか見ると本当に素晴らしい。
決闘写真論を読むかぎりだと「小難しい理論を頭の中でこねくり回す暇があったら今すぐ外に出てフィルム10本撮ってこい。」そんな写真家。
写真家なら頭の中にあるモノを言語化するより一枚の写真という結果で示せというのは、まあそのとおりだと思う。

旅の断片


FUJIFILM GFX50S II / FUJIFILM GF 110mm F2 R LM WR

流石に甲板の上でじっとしていると体が冷えてきたため船室にこもる。
経由地の高見島に到着し、どれどれ景色はどんなものだろうとまた甲板に戻ると今度は朝日の美しさに息を呑んだ。
ゆらゆら揺れる船上では水平をとることが難しく、適当に何枚かシャッターを押した中で「なんとなく水平?」と思えるものだけをセレクト。
ええ。なんとなく水平、です。厳格に見るとあれかもしれませんが。


Nikon Z f / Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S

カメラをがちゃがちゃ弄っているうちに佐柳島到着。あっという間の55分だった。
これ以上乗船時間が長くても私の性格上飽きるだけなので、これくらいの船旅がちょうどいい…

さて本日は市内の某イオンモールさんへとヨメムスメを送迎し、静寂を取り戻した自宅で仕事を少々。
とりあえず今月は邪念を捨て去って直近のノルマと雑務を片付けてしまおうと思う。
そして仕事の合間の気分転換にMマウントレンズを1本購入。(邪念の芽生えが早すぎる…)

ホーム > Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S

CATEGORIES

Return to page top