Home > 野鳥

野鳥 Archive

Diary


SONY α7RIII / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

仕事前の撮影散歩。
撮れば撮るほど400mmの限界を感じるのだけど、これ以上の望遠レンズになると完全に撮影「散歩」からかけ離れてしまうというジレンマ。
機材チェンジしかないのだろうか。散歩にこれ以上お金をかけるのもなあ、という感情もあって悩ましい。


アオサギさんはいいですね。ほとんど動かないし。デカいし。

Diary


LEICA M10 / MS-OPTICS SONNETAR 73mm F1.5

本日も宝ヶ池を散歩コースとした。二日連続は流石に飽きる。
昨日と全く同じ場所から撮影。SONNETARのほうが描写が柔らかい。
それにしてもこの二日間は穏やかな日差しにそこそこ高い気温と、最高の散歩日和であった。


SONY α7RIII / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

本日の鳥さん。帰宅後、野鳥図鑑と見比べるも結局何者か分からず。
もう少し詳しい図鑑が欲しい。

Diary


SONY α7RIII / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

APS-Cクロップ無しの400mmテレ端で初めてまともに鳥さんが撮れたのではなかろうか。カメラに興味津々なルリビタキさんに感謝。で、野鳥を狙ってみて思うのはクロップ無しの400mmでは鳥さんが本当に遠い。

もっと先へ。さらなる望遠ズームはないものか…とチェックしてみたらあるではありませんか。我らがシグマに。えーと、150-600mm?いいぞいいぞ。タムロンにも150-500mmがあるみたいだけど100-400を買った今だと、こちらは画角が中途半端すぎる。お値段は?実売約15万円ね。たっか!でもまあ売れ筋の画角ではないだろうし品質を考えたら仕方ないか。で、重量は………は?2.1kgですと?いやいやいや。100-400mmのほぼ倍、というかポメラニアンくらいありますやん 笑

これ以上の手持ちスナップ用望遠ズームレンズを求めるなら、フルサイズでなくマイクロフォーサーズで探すべきだということが理解できました。パナの「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 ASPH. / POWER O.I.S.」(35mm換算で200-800mm。しかし名前長すぎやろ。)なら、なんと1kgを切る模様。山道を登りながら撮り歩きするなら機材の重量は2kgくらいに抑えるべきでしょうなあ。

ホーム > 野鳥

CATEGORIES

Return to page top