Home > 巨木たち(樹種別) > エノキ

エノキ Archive

京都府京都市中京区 京都御苑・枇杷殿跡のエノキ


LEICA Q

近場の巨樹シリーズ。先日仕事ついでに京都御苑を散歩した際、せっかくなのでと撮影してきました。個人的には好きなエノキで京都御苑を散歩する際は必ず眺めるのですが、不思議と巨樹サイトにはほとんど取り上げられていません。京都御苑の西側、出水口から入ってすぐ左手の梅園が広がっている辺りが「枇杷殿跡」。そこに巨樹に興味のない方でも思わず足を止めてしまうような立派なエノキがそびえているのです。うーん、結構目立つと思うんですけど。

ちなみに枇杷殿(びわどの)は平成時代中期の公卿、藤原仲平の屋敷跡で邸内に枇杷が植えられていたことが名前の由来とされています。現在は一帯に梅園が広がり、かつての枇杷は跡も形も見られません。

全文を読む

京都府京都市中京区 武信稲荷神社のエノキ


LEICA Q

JR二条駅から徒歩圏内。三条会商店街を東に進み、西友の手前でやや南に逸れると武信(たけのぶ)稲荷神社が見えてきます。以前近くに住んでいたことがあって、その頃は毎日のようにベビーカーを押しながらこのアーケード街の周辺を散歩していたことを思い出します。随分と様変わりしましたねえ。ちょうど今朝方近くに所用があったものですから、そういえば武信稲荷にエノキの巨樹が生えていたなということで訪問してみたのでした。

全文を読む

徳島県美馬郡つるぎ町 赤羽根大師のエノキ


SONY α7RIII / SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G

やって来ました、つるぎ町。いきなり到着ということで道中をショートカットしていますが、これがまた物凄い立地でした。山道からの脇道へ。そこから離合困難な狭路をつづら折りにグングン登っていくという…もうこの手の道はアレですね。対向車が来たらどうしようとかバックする技術が云々ではなく、もう単純に対向車が来ないことを祈りながら進むしかないという、そんな道程。しかしその先に待つのが日本一のエノキだとされる「赤羽根大師のエノキ」ですから、我々としては避けて進むわけにもいきません。

つづら折りの狭路をドン突きまで進むと、ちゃんと駐車スペースがありますのでご安心を。とはいえ、駐車できるのは2台が限界でしょう。3台停めてしまうともう転回スペースが残らないような気がします。今回は狛さんの車に相乗りさせていただく形で私とRYO-JIさんの車を置いてきたのが幸いしました。3台縦列で走っていたら、まずつるぎ町の入口とも言えるここでリタイアすることが決定していたかも。(まあそれ以前に道中で対向車と離合できず大迷惑だったと思いますが…)

全文を読む

ホーム > 巨木たち(樹種別) > エノキ

CATEGORIES

Return to page top