ホーム > タグ > PENTAX K-1

PENTAX K-1

猫ベンチ


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR

ふ、増えておる。


めちゃくちゃ可愛い。ぽけーっと眺めているだけで癒やされるのですが、あまりに猫が増えすぎるとそれはそれで心配です。

伏見稲荷大社、再び


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

つい先日一人で参拝したばかりですが長女が行きたいと申すもので、家族全員引き連れて再度参拝してきました。19時着。微妙に明るい時間から登り始めて夜景ポイントに着く頃にはちょうど真っ暗になるのでは?という算段。タイムスケジュール的には我ながらベストに近かったのではないかと思います。あまり遅くまで小さな子供を連れ回すのはいかがなものかということもありますので。余談ですが、伏見稲荷大社は24時間利用可の無料駐車場完備。車で京都に来られる際、やれやれ変な時間に着いてしまったぞというときには伏見稲荷を参拝することをおすすめします。


しかしまあ予定どおりに事が進まないのが子供というもの。夜景ポイントで休憩していたら次女が突然腹痛に襲われましてね。夜の稲荷山にはトイレがありませんので、まあ伏見ならいつでも来られるし今回は諦めて降りようかいう流れに。ところが長女が不服そうにしているものですから、結局私と長女だけで予定どおり稲荷山をぐるっと一周してきたのでした。疲れたけど気持ちよかった。次回こそは家族全員でこの達成感を味わいたいものです。次は早起きして早朝行ってみるのも良いかもしれません。

【再訪】 京都府綾部市 君尾山のトチノキ (光明寺の「幻の大トチ」)


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

4:30起床。目覚ましをかけていたわけではなく、あまりの寒さに目覚める。うわっ、さむっ…などとブツブツ言いながらお湯を沸かしてコーヒーを淹れ、冷え固まった体をほぐすようにのんびりと朝食。ちょうど朝日が昇ってきました。ああ、やっぱりこれだよなあと未だ巨樹に出会ってもいないのにしみじみしてしまいますね。現在も長い自粛生活が続くさなかではありますが、俺はやっとここに戻ってきたんだなと感慨深くもあります。

この「君尾山のトチノキ(光明寺の幻の大トチ)」については既に前回書き尽くしてしまった感があります。巨樹の詳細はこちらから前回の訪問記をご参照ください。今回は画像をばばーっと並べる感じで行きます。 全文を読む

星に願いを


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

京都市京北と南丹市の境目、日吉ダム手前の橋にて。運転中にふと空を見上げたらあまりに星空がきれいだったもので思わず駐車。街灯一つない真っ暗な橋の上でLEDランタン片手に撮影してみました。そこら中から謎のガサガサ音やピョエー!ピョエー!というおぞましい鳴き声が聞こえてきてなかなかの恐怖。


こちらは綾部市の目的地麓にあった公園から。京北の辺りでも充分空が暗いと思ってたけど、いざ車から降りてみたらこれはちょっと格が違う。この辺の人たちは毎晩こんなの眺めてるの?まさに満天の星、でございました。

そういえば帰宅すると待ちに待ったタムロンの70-180mmが到着していました。おお!と驚いたところで今日は終了。山の斜面を昇り降りしすぎてレンズなんぞ開梱する気力がありません。また明日だな。今晩は久々に撮影した巨樹のデータを眺めつつ、綾部の地酒でも飲んでさっさと寝てしまおう。

もう悩むことにも飽きてきたので


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR

結局タムロンの70-180mm F2.8を予約注文、そしてフジのX100V新品を購入しました。ペンタックスの望遠は最後まで悩みましたが3本のリミテッドレンズとこの100mmマクロが素晴らしいので、もっとそちらを使っていきたいなと。あとどうせペンタの望遠を買うならやはり巨大麦茶砲70-200mm F2.8を使ってみたいという気持ちが捨てきれませんでした。70-210mmを買っても結局70-200mmに買い替える未来しか見えないんですよね。重さが倍以上違うんですけど。

X100シリーズは本当はスペック的に見るとX100Fで充分なんです。中古ならポイント還元を考えたら6万円台で買えてしまいますしね。しかし不具合で2回も手放しているトラウマが頭から離れず、これが最後のお布施ということでフジの防塵防滴機能を信じてみることに。今回のX100Vまで1年以内に不具合が発症したら、もう二度とフジのカメラは購入しません。

あ、今回の散財にあたってソニーの24-105mm F4は下取りに出してしまいました。何といってもワタクシ、お金がありませんからね。去年くらいまでは常に品薄で中古相場も定価近くの高値を維持していた印象でしたが、シグマの24-70mm F2.8が発売されたことで中古相場が暴落していて驚きました。こんなに安かったら手元に置いといても…という買取額だったので一瞬悩んだのも事実。しかし実際私もシグマ24-70を買ってから24-105は全く使ってないんですよねえ。損差を考えると結構悲しいことになってしまいましたけれども、24-105には巨樹めぐりで本当にお世話になったので感謝の気持ちしかありません。どうかまた海辺や山奥にガシガシ持ち出してくれる方の手に渡りますように。

Home > タグ > PENTAX K-1

CATEGORIES

Return to page top