ホーム > タグ > PENTAX K-1

PENTAX K-1

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

慢性的に混雑していた寺社仏閣のような京都の定番観光地では閑古鳥が鳴く一方で、山奥の河原には多くの他府県ナンバー含む駐車の大行列が出来ています。昨日なんて今までこんなところで人が遊んでるの見たことないぞって場所までテーマパークのような人混みでビックリしました。まあ私のポイントは僻地中の僻地なので相変わらずの閑散っぷりでしたが。観光名所で嵐が過ぎ去るのを待ち続ける小売や飲食の方々には気の毒な話ですが、これは一時的なムーブメントではなく一つの時代の節目になるのかもしれない、などと感じてしまいます。

Diary


SONY α7III / SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art

4:20起床。5時山道散歩開始。7時時点で既に体力の8割を消耗している。二度寝したい。


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR

昨日ムスメが捕獲したニホンイシガメの子亀。飼うらしいが我が家には余っている水槽が無い。10時になったらホムセンへ…

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR

本日も4時起き早朝伏見稲荷大社散歩。夜明け直後にもかかわらずノーマスク観光客がわらわらいたので足早に山頂まで一周して帰宅。個人的には観光する行為自体は何も問題ないと思うのです。ただこのタイミングで旅行に出かけられる人の危機管理意識なんてやっぱりこの程度のものですから、そんな奴が集まって他所を徘徊すると考えると恐怖しかありません。そら感染も拡大するわと。古くからの観光地に住む人間はとにかく年寄りが多いので、もう少し気配りしていただきたいものです。


このDFA100mmマクロ。今年買ったレンズの中では一番かも?というくらい気に入ってるんですけど、ピントの抜けが結構酷いんですよねえ。一瞬をビシッと抑えたと思ったらピンが抜けていてがっかりなパターンが今まで何度あったことか。マクロレンズなんて全然使ってこなかったので、そもそもマクロレンズとはこういうもの(クイックシフトフォーカスで微調整前提)なのかもしれませんが。新コロが落ち着いたら一度大阪のイメージングスクエアに持って行こうと思っていたら7月の感染者大爆発…感染者ゼロ続きだった6月に持って行くべきだったと後悔しております。あれが唯一のチャンスになるとはなあ。

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX HD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

本日の朝練は一乗寺の狸谷山不動院へ。
あ、とうとう近畿も本日で梅雨明けですぞ!


最近は新コロ対策で大体どこでも書置きですね。書置きアンチ寄りな自分ですが、このご時世なのでこればかりは仕方ありません。手書きで日付を入れてくれるだけでもありがたい。地元の爺さんが誰も拝観料を払っていないのがアレでした。もちろん私は500円払いましたけど。たかが数百円と言えばそれまでだけど何だかなあ。もう来なくてもいいかなというのが正直な感想。

Diary


PENTAX K-1 / PENTAX smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

一瞬の隙をついて山歩き。そしてお約束のスコールに打たれる。
蕁麻疹の限界突破以来汗をかくことが恐ろしくて運動を避けていたけれど、やっぱり外は文句なしに気持ちいい。雨に打たれるのも問題ない。最高だ。


(「ぼんち揚」にしか見えない…関東で言うところの「歌舞伎揚」です。)

ところでこの43mmリミテッド。とても好きなレンズなのだけど、外出の際どのレンズ持ち出そうかと考えるとどうも選ばれることが少ない。3本のFAリミテッドのうち1本だけ残すならどれ?と問われたら、この43mmを選ぶような気がする。でも3本揃った上で実際に持ち出すのはどれかというと風景から近接撮影までオールマイティに使える31mmか決戦兵器の77mmになるという。まあ何にしても選択肢が大いに越したことはありませんが。その日の気分に合った機材を持ち出してパシャパシャ撮って帰ってくる。それだけで幸せなことなんだなあと思えた今日この頃。とにかく外は最高だ。

Home > タグ > PENTAX K-1

CATEGORIES

Return to page top