ホーム > タグ > LEICA M10

LEICA M10

Diary


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM

天気悪し。朝の散歩を終え、あとは終日引きこもって仕事の予定。
この週末の間にノルマをこなして来週は車に自転車を積んで海でも眺めに行こう。

輪行しすぎなのかDAHONさんの折り畳み可動部がガタガタになってきたので、そろそろ買い換えようか悩んでおります。
次回もまた同じHORIZEで全く問題無しなんですが、ディスクブレーキ化して値上げしてるんですよねえ。
個人的にはディスク化の恩恵があまりないので、それならリムブレーキのもう少し上位モデルでもいいのでは?という気もしたり。
まあ一番の問題は先立つモノが無くて今すぐにはどうしようもないということなんですけど。さあ頑張って働こう。

武奈ヶ岳登山(御殿山経由ルート)


LEICA M10 / Carl Zeiss C Biogon T* 35mm F2.8 ZM

無事登頂。写真を撮りながらのんびり登山。獲得標高1191m、20211歩、消費カロリー2503kcal。7時に登り初めて下山したのが12時過ぎでした。とりあえずスタート直後のえげつない急坂が心を折りにくるのと御殿山頂上(1097m)までの景色が退屈すぎるのがネックですが、武奈ヶ岳頂上付近はかなり楽しめました。ガスってたのは残念でしたけどめちゃくちゃ気持ちよかったです。最高のストレス発散だ。また登りたい。


本日の残念ポイント。

・山頂付近が成人男性でも踏ん張れないレベルの強風だったので、山頂にタッチして即下山せざるを得なかった。パン?コーヒー?いやいやバーナー一式出した瞬間、強風に一瞬で持って行かれます。結局御殿山山頂(眺望悪し)まで移動してパンだけ食べた。

・下山を始めた瞬間澄み渡る青空。

・動物や野鳥など撮れたらと終始右手に抱えていたα7IIIとシグマ100-400mmのセット。で、5時間の登山中に会った動物といえばアオダイショウ一匹のみ。というか望遠ズームを買ってから全く動物、野鳥の類と出会わなくなった。呪いのアイテムかこれは。

帰路ラストのえげつない急坂で残りの足HPを全て使い果たしましたが、流石平日午前中だけあって数人程度としかすれ違わなかったので、最後まで自分のペースで気持ちよく登山できました。愛宕山と違って隊列組んでペチャクチャうるさいおばはんグループがいなかったのはGOOD。夜叉ヶ池が山開きするまでにもう一度行きたいなあ。100-400mmは不要だけど100mmで狙う風景写真はなかなか面白かったので、次回はK-1と100mmマクロを持って行くといいかも。

以前は風景撮影といったら真っ先に広角レンズを用意していたけど、目の前の景色を全部持って帰るよりも一部を切り取って持って帰る方が写真行為的には面白いかもしれないなと。広角域は35mmで充分だった。

Diary


LEICA M10 / Leitz Summicron 50mm F2 1st

ようやくムスメの春休みが終わったかと思えば間髪入れずに土日とか。いやいやいや。
阪急オアシスにて、2年前に徳島県で車中泊した際に食した「つくしのフィッシュカツ」を発見し購入。
基本的に土日は出かけたくない人なので、今日は昼間から日本酒を開けてだらだらしようと思います。

野間の大けやき 2021


LEICA M10 / LEICA Elmar-M 50mm F2.8 E39

午前中だけ時間が空いたので能勢の「野間の大けやき」に会いに行ってきました。
過去何度も訪れていますが、いやー飽きませんねえ。素晴らしい巨樹です。
時間の都合であまりのんびりできませんでしたが、それでも1時間パシャパシャやってきたので適当に写真など。

全文を読む

Diary


LEICA M10 / LIGHT LENS LAB V2LC 35mm F2 周八枚

今シーズンの桜は終わりか。なんて言っておきながら舌の根も乾かぬうちに、遅咲きの桜たちを眺めに京北まで行ってまいりました。常照皇寺の「九重桜」は既に散り初めて終了気味、京都最遅の桜「黒田百年桜」はまだ咲き始めということでイマイチな結果に。もちろん各サイトで事前に開花状況を調べることもできましたが、まあそんなことしてもおもんないですよね。だからこれでいいのです。こちらは苦し紛れに撮ってきた常照皇寺山門の前に立っている別の桜。黒田百年桜が満開を迎えるのは来週半ば頃でしょうか。別に追いかけてもいいんですが、流石に今度こそ今年の桜はもうええかな…な気分になっています。そろそろ桜よりもケヤキやトチなんかの新芽を眺めに行きたい。


気持ちを切り替えて花より団子、です。よもぎもちを購入して河原で野立てコーヒーと一緒にだらだらと。こうして柔らかな日差しを楽しんでいる分にはコロナもくそも関係ありません。最高ですな。

Home > タグ > LEICA M10

CATEGORIES

Return to page top