ホーム > タグ > LEICA M10

LEICA M10

晩秋の四国旅 2022


FUJIFILM X-Pro3 / FUJIFILM XF 35mm F1.4 R

ホテルのチェックインを済ませて地魚、骨付鳥をアテにハイボールと地酒をちびちびと。
疲れが溜まっていたのか21:30就寝の3:30起床。酔い潰れただけかもしれない。
起床後すぐにシャワーを浴びてさっぱりし、空が明るみ始めるまで丸亀の街並みをぶらぶら徘徊していた。
やはり街を歩き回るなら人のいない静かな時間帯が好きだ。


5:30チェックアウト。
近くのうどん屋でかけうどんと鶏天を食していつもの沙弥の砂浜へ。
コーヒー片手に早朝の海をぽけーっと眺めていると、自分の求めているものはこれなんだよなと再確認できる。
特別な幸せや成功は求めない。ただこうして平穏に過ごして歳を重ねていけたらいい。
ワタクシはいつだって草木のように静かに生きていたいのです。


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM

しばしベンチで行き交うタンカーを眺め、遊歩道を一周したら帰路へ。
早朝に始まり早朝に終わる。私の旅はいつもこのパターン。
心にゆとりを抱えたまま家まで帰りたいのです。

さて、2022年も残り一ヶ月。
できることなら「志々島の大楠」をのんびり眺めて一年を締めたいところ。
コロナ様々のおかげで面倒な忘年会ラッシュがなくなったのは有難いけれど、行けるかどうかは諸々の予定次第だなあ。

晩秋の四国旅 2022


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM

そういえば通ったことがなかったので「祖谷渓の小便小僧」に立ち寄る。
まあアレですね…小便小僧が立ってるなと。それ以上何も言うことはない。

かつて地元の子供たちがここから立ち小便することで度胸試ししていたという逸話があるとかないとか。
ええ、私なら根性なしの烙印を甘んじて受け入れますね。当然ですが落ちたら確実に死にます。


流石にここまで来ると日本三大秘境の面目躍如といったところか。
とにかく絶景でございました。

ただし終始離合困難な狭路が続くため、ぼんやり景色を眺めることなど出来るはずもなく。
もちろん路肩に駐車して撮影したわけではなく、用意された展望台からの撮影です。
これ土日、祝日はとてもじゃないけど小便小僧の前に車を停めて写真を撮れるような状況ではないのではないかなあ。
個人的には「一度通ればもういいかな。」が率直な感想でございました。


祖谷を抜けて香川県入り。
個人的には毎度おなじみになっている「環の湯」で、のんびりお風呂に浸かって旅の疲れを癒やすことに。
風呂上がりはビールよりも牛乳派なワタクシ。

ということで本日の予定は終了。
丸亀の宿へと向かったのだった。

晩秋の四国旅 2022


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM

大歩危駅に車を停め、今回もぼけマートでお土産と昼食を購入。
祖谷といえば祖谷そばですが、大量の観光客が殺到していてアホほど待たされる上にあまり美味しくないので個人的にはスルー推奨です。
祖谷そばにお金を落とすくらいなら、ぼけマートで「ぼけあげ」なる分厚い巨大油揚げを買って帰った方が100倍幸せになれると思う。
ぼけあげはとても美味しい。

大歩危橋から景色を眺めたり大歩危駅構内、周辺をぶらぶら歩いてベンチでぼけーっと。大歩危だけに。


ここまで来たので一応かずら橋にも立ち寄る。
え?もちろんワタクシはこの馬鹿げた人混みを見た瞬間、駐車場へと踵を返しましたとも。
まさかこんなところまで混雑してるなんて。日本三大秘境とは一体。

「ふふふ、祖谷は日本三大秘境の中で最弱…」と言いたいところだけど、祖谷以上にその名が失墜した白川郷さんもいるしな…

晩秋の四国旅 2022


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM

前日の日中2時間ほど寝ただけでほとんど徹夜の状態で歩き回っていたため、シャワーを浴びて1時間ほど仮眠。
ブリの子煮をアテに高知の地酒をちびちびやりつつ、夕日が落ちていく様をぼんやり眺めていた。
朝焼け、夕焼けが美しかった一日は、それだけで何だか得したような気分になる。


FUJIFILM X-Pro3 / FUJIFILM XF 35mm F1.4 R

夜はソファに腰掛けて持参したコーヒーやらお茶やら飲んでぽけーっと過ごす。
初日から歩きすぎたので早々に寝てしまおうか悩んだが、宿近くで鍋焼きラーメンを食してシメとした。うまい。
その後もう一度シャワーを浴びて歯磨き、夜景を眺めながらまたしばらくぽけーっとして22:30就寝。よき一日であった。

晩秋の四国旅 2022


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM

正午近くになり、賑わい始めたひろめ市場に別れを告げる。
今も昔もほろ酔い気分でひんやりした風を浴びながら街を撮り歩く時間がたまらなく大好きだ。
もう特に目的もないがホテルのチェックイン時間までには余裕があるため、ふらふらと適当に撮り歩きながら公園で流れる雲を眺めていた。
別に観光名所ばかりめぐらなくても、普段と違う景色を眺めているだけで旅情を感じるには事欠かない。


夜には坂本龍馬生誕祭なるまるで安っぽいキャバクラのようなイベントが催される模様。
まさかのバースデーケーキには坂本龍馬さんもビックリだろう。
出店が立ち並び、よさこいやライブイベントなどで盛り上がるようだ。

え?ワタクシですか?
もちろん人混み嫌いの私が出向かうはずもなく。ホテルでひたすらちびちびやっておりました。
今となってはせっかくの遠方のお祭りなんだから、雰囲気くらい覗きに行ってもよかったのでは?と思わなくもない。
しかしまあ「酔ったら外出するな。太田胃散を飲んでさっさと寝ろ。」が座右の銘なので。はい。

Home > タグ > LEICA M10

CATEGORIES

Return to page top