ホーム > タグ > LEICA M10

LEICA M10

ヤマビル・パニック


LEICA M10 / LIGHT LENS LAB V2LC 35mm F2 周八枚

滝又の滝を目指して雨の日の山道散歩。
過去一度もヤマビルを見かけることのなかった散策路ですが、昨年とうとう出会ってしまったので以降意識的に避けておりました。
しかしここ、やっぱり気持ちいいんですよねえ。

今回レインパンツの裾を靴下に入れ、その靴下をゴムバンドできつく縛った上に養生テープで隙間を完全シャットアウトする形で臨みました。
さて滝まで到達できるものだろうか。


OM SYSTEM OM-1 /OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

結論から申し上げましょう。「これはムリだ。」
20~30m進むごとにスニーカーを確認する超ビビリ歩法で歩みを進めるワタクシ。
ええ、序盤は調子がよかったんです。なんだよヤマビルなんかいないじゃないかと。
今年はろくに雨も降らず灼熱の暑さが続いていましたから、ヒルさんはまだ出てきてないのでは?なんて都合のいい解釈をしてしまったほど。

滝まで残り半分、くらいの場所ですかね。スニーカーの上をヒョッコヒョッコとよじ登る奴を発見してしまったのは。
ここは冷静に…いえ、叫び声を上げながら何とかSATSUGAIしたワタクシですが、そこから間髪入れずに連続ヒョコヒョコですよ。
足元を見回してみるとシャクトリムシのように私を目指すヤマビルが何匹もいるわいるわ。
3匹目を石ころで処理しようとしたところ、その石を伝って手のひらにヤマビルが。
半ばパニックになりながらデコピンでふっ飛ばしてやりましたが、ここで撤退を決意しました。

山慣れした人には笑われると思いますが街生まれ街育ち、生粋のシティボーイなto-fuさんからすると本当に悪夢でしかないわけです。
大体あのグロい外観から振動や体温、二酸化炭素を察知して音もなく攻撃を仕掛けるってプレデタークラスの侵略者ですよ。
完全に舐めてました。もう今後ヒルの出ない寒い時期以外、滝又の滝に近付くことはないと思います。

Diary


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 MC

恵みの雨。連日の40℃近い地獄の釜のような暑さと比べたらジメジメした雨の日の方がずっとましだなこれ。
というかコロナ流行以降、散歩中に野菜の無人販売所で季節の採れたて野菜を買うことだけが楽しみになっている私としては喜びしかない。


OM SYSTEM OM-1 / Panasonic LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH.

今週は天候がいまいちな予報なので近くの滝でも眺めに行こうかと画策中。
待望の雨で最高に盛り上がっているであろうヤマビルさんだけが不安なんだなあ。

Diary


LEICA M10 / Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 MC

次女を連れて3年ぶりに開催された七夕夜市に。
地元商店街のまともな料理屋さんがまともな金額で美味しい食べ物を提供しており、地元民の楽しみは祇園祭より圧倒的にこちらなのです。
祇園祭の出店は高い上に美味しくないんだもの。(あれは私にとって記念の手ぬぐいを買うためだけのお祭りです。)


私はこの後ヨメ様の送迎係となることが決定していたので冷やしきゅうり、唐揚げ、もつ煮、焼きとうもろこしでノンアルコールビールをキメる。
暴飲暴食のかぎりを尽くすムスメを眺め、手土産にクリームブリュレドーナツを買って帰路へ。

私も小さな頃は夏の夜市(那須与一ではない)を毎年楽しみにしていたのを思い出します。
じいちゃん、ばあちゃんが連れてきてくれましたっけ。
我が子も記憶の片隅にで構わないので、ああ、馬鹿親父と冷やしきゅうりかじったなあなんて思い出してくれると嬉しいなと。

Diary


LEICA M10 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM

明日は深夜出発で友人と丸亀を目指す予定なので緊急度の高い仕事を片付けるだけの一日。
荷物といっても一泊して帰ってくるだけだから着替えさえあれば何とかなるのだけど、どのカメラを持って行こうか苦慮している。
GFX50S IIに45mm単焦点と今回新たに加わったOM-1のズームキットかなあ。
焦点距離的にGFXと被るGR IIIxも持っていきたいところだけど何の出番もなく持ち帰ることになりそう。
こうして悩んでいる時間が一番楽しい。


丸亀に宿を取って、その昔やたらと深い銭湯があった辺りをぶらぶら歩く以外は完全ノープラン。プランについては一任されている。
沙弥の浜で早朝コーヒーを淹れて志々島に渡って島歩き、午後は金刀比羅宮にでも登って参道入口の酒蔵「金陵の郷」で締めようかと。
梅雨入りしたばかりの四国だけど幸い明日、明後日だけは天候にも恵まれるようで全く幸運が過ぎる。

Diary


LEICA M10 / Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM

昨日は3時起床。早朝の伊根町、舟屋群を散策してきました。
例のごとく勢いだけで出発してしまったので天候に恵まれなかったこと、水曜定休のお店が多いことを失念していたのが悔やまれる。
道の駅から目的地の一つだった天橋立ワイナリーまでことごとく定休日ラッシュで泣きたくなりましたとも。
古代米を醸したお酒「伊根満開」で有名な向井酒造さんで日本酒を買って帰路へ。
伊根満開はこちら京都市内でもそれなりに売られているため、市内では入手困難な「京の春」を購入。
宮津の干物を色々買ってきたので京の春と合わせるのが楽しみだ。


(タイミング、合わず…)
人出の多い土日は論外として、また近々水曜日以外にリベンジする予定。
とりあえず広角系レンズは不要でどちらかと言えば中望遠~望遠系のレンズがあればより楽しめたのではないかなと。
まあリベンジは写真云々よりも天橋立ワイナリーで買い物したいという点に尽きるのですが。

Home > タグ > LEICA M10

CATEGORIES

Return to page top